1. サイトTOP>
  2. 【新作】「もうムリ!」と担当ライターも逃げだすトラウマレベルのホラーゲーム『Forgotten Memories: Alternate Realities 』

【新作】「もうムリ!」と担当ライターも逃げだすトラウマレベルのホラーゲーム『Forgotten Memories: Alternate Realities 』

2015-06-04 16:30 投稿

91IIwELQbrL19タイトルのアイテム付き!
『ファミ通App NO.023 Android』
5月28日発売

★Amazonでの予約はこちら!

⇒パズドラ、黒ウィズ、モンギアなど人気タイトルのアイテムが盛りだくさん!

編集部の人間を恨むほどの怖さ

今回編集部から執筆を依頼されたのは『Forgotten Memories: Alternate Realities』。なにやらめちゃくちゃ怖いゲームらしい。正直ホラーゲームは苦手なので憂鬱で仕方ないが、これも仕事だ、しっかりプレイしてレビューしてみよう。

ph001

本作は、2009年から開発が進められてきたという大作。舞台は廃墟となった精神病院。そこで行方不明となった少女Edenを探す物語となっている。なお、本作は全編英語。あらゆるものに字幕は付いているものの、流れる速度が“英語話者が字幕を読むスピード”に合わせられているため、ネイティブに近い英語力がないとストーリーや各所に設けられた細かな設定資料などをスラスラ読み解くのは難しいと思われる。

ただ、おそらくこのゲームの恐怖、面白さは言葉がわからなくても伝わるだろう。

ph002

操作は画面左サイドをタップ&ドラッグすることでデジタルスティックが起動、画面右サイドをタップすることでアクションが起こせるようになっている。武器などを装備した際には、画面右端中央のアイアンサイトのマークをタップしたのちアクションを起こすことで攻撃が出来るようになっている。

ph003

しかしまぁ、怖いのなんの! 武器を装備してたところで、まったくもって安心できない!! なにこのマネキンだらけの精神病院。誰が用意したとも分からない謎のテープレコーダーから不気味なセリフが流れてるし。

もうやだーーーー!

ph004
ph005

舞台となっている精神病院はかなり広いが、ある謎解きを済ませないと先に進めなくなっているので、マップ探索が億劫に感じられるということはない。ただ、暗闇の中ライトだけを頼りに病院内を進むのは本当に気が滅入る。ホントにもうやだ。

ph006

本作に登場する敵の多くは、病院内に点在しているマネキンや子供の姿をした人形。それが、あるタイミングで急に動き出したりするもんだから、たまったもんじゃない。

とくに、人形がヤバイ!

まず小さいので、懐中電灯で照らした範囲、視界に入りづらい。気がついたら攻撃されてるなんてこともある。そしてなにより、見た目が怖すぎる。本作はプレイ前に「暗い環境でヘッドホンを付けて遊んでね♪」なんてアナウンスがされるが、そんなん律儀に守っていたら夜トイレにいけなくなるレベルで怖い。

ph007
ph008

謎解きも、病院内をしっかり探索していればさほど難しくはない。ただ、その探索がめちゃくちゃ怖いのだが……。なにより懐中電灯で照らしたところしか見えないので、ふつうに難易度は高めと考えてもらっていい。

ph009
ph010

難易度ノーマル以上では、セーブ時にフロッピーディスクが必要になるのも、難易度に拍車をかけているひとつの要因だろう。このフロッピーディスクは、初代『バイオハザード』のインクリボンのようなもの。ないとセーブができない。

ph011

とにかく怖い。ただ、このクオリティのゲームが700円ほどで遊べるというのはスゴイと思うが、もう本当に怖い。ゲームとしてもよく出来ていて、面白いと感じる部分もある。ただ、めちゃくちゃ怖い。ホラーゲームが好きだと言うならプレイすればいいと思うが、私は一切を保証しない。できれば金輪際関わりたくないレベルで、もう怖すぎる。

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?

毎日更新午後3時に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


※YouTubeチャンネル登録はこちら

※Twitterフォローはこちら

Forgotten Memories: Alternate Realities

ジャンル
アクション
メーカー
Psychose Interactive Inc.
価格
720円[税込]

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧