1. サイトTOP>
  2. 【東京インディーフェス】沖縄から世界を目指すサマータイムスタジオ 16ヵ国で1位を獲得したサーフィンゲームを出展

【東京インディーフェス】沖縄から世界を目指すサマータイムスタジオ 16ヵ国で1位を獲得したサーフィンゲームを出展

2015-05-08 15:23 投稿

世界16ヵ国で1位を獲得

IMG_4509

沖縄から世界へゲームを配信するサマータイムスタジオ。記者は創業当時から沖縄にあるものだと勝手に思っていたのだが、もともとは東京にあった会社だというからびっくり。社長の沖縄好きが講じて、自然に囲まれたゆったりした時間の中でゲームが作りたいということから沖縄に移ったとか。

ブースに出展されているのは、サーフィンゲーム『Ancient Surfer 2』。フル3Dでダイナミックなサーフォンを楽しめる本作。コンシューマのようなハイクオリティなゲームを目標としている同社が、1年の開発期間を費やして作っただけあり、世界16ヵ国のApp Storeスポーツカテゴリで1位を獲得する人気タイトルに。ちなみに、社長もサーフィン好きとのこと。

『Ancient Surfer 2』の記事はこちら
※丘サーファーでもその気になれる 『Ancient Surfer』待望の続編

前作は男性主人公ひとりだったが、ユーザーの要望、特に海外から「女性キャラもいれてほしい!」との声が多数寄せられ、『2』では女性キャラも実装。ゲーム内で集めたコインを使い、最大7人のキャラクターをアンロックできる。

ゲームのルールは、タップ操作で波を乗りこなし、大ジャンプしてトリックを決めていくというもの。操作はシンプルなのだが、ボードを乗りこなすには練習が必要。そのぶん、上達を実感でき、遊ぶほどに深みが増していく。

スコアに応じてコインが獲得でき、前述したキャラやボード、水着、アクセサリーを購入して、キャラクターをカスタマイズし、さらに華麗なトリックを決めて多くのコインを稼いでいくというのがゲームの流れ。コインはステージの開放にも必要となるため、コインをうまくやりくりするのも本作の特徴だ。

サマータイムスタジオは現在40名ほどの体制。3~4の開発ラインを動かしており、インディーゲームメーカーとしてはかなりの規模。「沖縄のゲーム会社といえばサマータイムスタジオと言われるようになりたい」と語る広報さんの言葉通り、沖縄から世界的なヒット作が生まれることを期待したい。

Ancient Surfer 2

ジャンル
アクション
メーカー
サマータイムスタジオ
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧