1. サイトTOP>
  2. 任天堂のスマートデバイスビジネスは2017年3月末までに5タイトルを展開予定

任天堂のスマートデバイスビジネスは2017年3月末までに5タイトルを展開予定

2015-05-08 13:15 投稿

年内に1タイトルがサービス開始予定

任天堂が2015年5月7日に行った決算説明会における資料を同社HP上に公開した。このなかで、2015年3月17日に発表したDeNAとの協業について言及。

年内には第1弾のアプリのサービスを開始する見込みで、2017年3月末までに5タイトル程度が順次展開されていくという。

28l

また、もうひとつの取り組みである任天堂のゲーム専用機とスマートデバイスアプリの一体型メンバーズサービスについては、以下の3点が挙げられた。

・任天堂のゲーム専用機とスマートデバイスアプリで、共通のIDを利用可能
・共通IDを使用するユーザーにメリットが生じる
・プラットフォームを越えて任天堂のゲームを遊び仲間と共に遊ぶことがより楽しくなるようなサービスを展開

既存のサービスであるクラブニンテンドーは、個別の会員IDでサービスを利用できていたが、今後は任天堂ホームページにこの共通IDでログインすることで、ユーザー一人 ひとりに対してこれまでの購買履歴やプレイ履歴などを反映させた各種サービスをはじめ、ロイヤリティプログラムを進化させた各種サービスが利用できるようになるという。

31l

なお、任天堂はテーマパーク”Universal Studios”を展開する米国のUniversal Parks & Resortsと基本合意。このことから、任天堂ゲームのキャラクターや世界を元にしたテーマパーク展開を実施していくとのこと。詳細は後日発表される。

※任天堂岩田聡社長による公式サイトの決算説明会ページを読む

33l

 

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧