1. サイトTOP>
  2. 【超会議】新情報は飛び出すか!?『LINE タワーライジング』ステージイベント

【超会議】新情報は飛び出すか!?『LINE タワーライジング』ステージイベント

2015-04-26 17:37 投稿

発表されたばかりの新作に関するイベント!

2015年4月26日、幕張メッセで行われたニコニコ超会議2015に共同出展している、ポケラボとWright Flyer Studiosのブースで、先日事前登録の開始が発表された『LINE タワーライジング』のステージイベントが行われた。

w00

[関連記事]
※【事前登録】『消滅都市』の開発スタジオが放つダンジョン探検RPG『LINE タワーライジング』
※【超会議】ポケラボとWright Flyer Studiosが共同ブース 新作発表もあるか!?

【事前登録はこちら】

『LINE タワーライジング』は、LINEから今春配信予定の新作ダンジョンRPG。グリーのアプリ開発スタジオ“Wright Flyer Studios”が手がけ、LINEとグリーの共同出資で設立されたEpic Voyageを通じて提供されるタイトルだ。

実機を使ってプレイ!

『LINE タワーライジング』ステージイベントに出演したのは、ニコニコ動画で活動している“しゃけとりくまごろう”(MC役)と“茸”、そして“みゃこ”に加え、本作のプロデューサーである野澤氏の4名。

w02
▲『LINE タワーライジング』プロデューサーの野澤氏。
w01
▲ゲストのひとり、みゃこ。

発表されたばかりで、まだ事前登録中である本作の情報はまだ少ないが、この日は野澤氏から、

「塔をつんでくダンジョンRPG」

「LINEゲームなのでカジュアルなユーザーでも簡単に楽しめる」

「キャッチフレーズは“塔はつんでも人生つむな”」

というキーワードが提示。その後、端末を使って実際にプレイしながら本作について説明が行われた。

w08
▲塔の中に入ったら、フリック操作でフロアを進んでいき、魔法陣のあるフロアまで行くと上の階に進める。フロアをひとつ進めるごとに、ターンが減っていき、ターンがなくなる前にタワーを攻略しないとゲームオーバーに。
w09
▲フロアで見つけた宝箱から装備アイテムをゲットすることも。装備するとアバターの容姿とステータスも変化。
 w13
w10
w12
▲行く手を阻むモンスターも出現。やられるとゲームオーバーだが、倒せばプレイヤーのレベルが上がり、ポイントを攻撃力や防御力といったステータスに振り分けられる。
w11
▲ちなみに、本作のモンスター“キノピー”も客席後方からステージイベントをチェックしていた。かわいい♪

ここまでが基本的なゲーム概要。そのほか、「ソーシャル要素も用意している」とは野澤氏。プレイヤーのアバターの顔に、自分の顔写真などの画像を入れたり、塔の内装にも画像を入れることができるという。つまり、プレイヤー個々でアバターや塔に個性を出すことができ、ほかのプレイヤーがその塔に挑むことも可能だという。

w14
w15
▲MCのしゃけとりくまごろうの画像を使ったアバター&塔の内装も披露された。

また、最上階にはその塔のプレイヤーのアバターがボスとして登場。そのアバターを倒すと自分の仲間できるそうで、ほかのプレイヤーとのつながりがかなり楽しそうという印象を受けた。

配信が待ち遠しい! イベントを見ている人たちがそう思っていることに気づいたのか、野澤氏が気になる配信時期について、「おそらく5月か6月くらいに」とのこと。これはいまから楽しみだ。

プレゼントを賭けて茸vsみゃこの2番勝負!

『LINE ライジングタワー』のゲーム説明が終わると、ゲストの茸、みゃこによる対決コーナーへ。1本目の対決は、ふたりがお互いの塔に入り、制限時間内でどちらがより上の階まで辿りつけるかで勝敗が決まるというもの。

ちなみに、イベント開始まえの来場者にどちらが勝つかアンケートが実施されており、勝者を選んだ来場者にはオリジナルTシャツがプレゼントされるため、茸、みゃこともに負けられない戦いとなった。

w16
▲対決を前に気合いをいれるみゃこ。……かわいいじゃないか!
w17
w18
▲こちらが対決用に用意された茸、みゃこのアバター&塔。みゃこの塔はファンシーな雰囲気。一方、茸の塔はきのこだらけ。

対決は、順調に上の階へと進むみゃこに対し、ゲーム実況者としての性か、じっくりプレイしながら攻略法を見つけようとしてしまう茸が徐々に離されていく展開に。

しかし、階が上にいくほど、モンスターも強くなってくる。ステータスの割り振りをおまかせにして、かつ装備品をつけずに突き進むみゃこも足踏み状態に。その隙に茸も追いつきつつあったが、フロア内で迷子になるという痛恨のミス!

w19
w20
▲お互い、夢中になってプレイした結果……。

みゃこが12階、茸が9階に到達したところでタイムアップ! 1戦目はみゃこの勝利となった。

w21
▲1戦目に勝利し、勝者予想で自分に票を入れた来場者と喜びを分かち合うみゃこ。……やっぱりかわいいじゃないか♪

1戦目での到達階数をそのままポイントにして、12vs9で迎えた2戦目。「つぎはどんなルールなのか?」と誰もが固唾を飲むなか、野澤氏から告げられた2戦目の対決は、“空き缶タワー何段までつめるか対決”。

『LINE タワーライジング』を使うんじゃないのか! そんなツッコミが聞こえてきそうだが、まぁ“つむ”つながりだから。この対決は単純で、制限時間内に空き缶をつんでいき、タイムアップの瞬間にたくさんつんでいたほうの勝ち。1戦目で3ポイント差を付けられた茸としては、みゃこより4本以上多くつめば逆転勝利となるが……。

w22
w23
▲慎重に空き缶をつんでいく両者。しかし、タイムアップ直前でお互い空き缶タワーが崩れてしまうというまさかの結果に。

なんということでしょう……。どちらも崩して結果は互いに1本。トータルポイント13vs10で、みゃこが勝利をものにした。ということで、オリジナルTシャツは、みゃこに投票した来場者にプレゼントされた。

w24
▲負けた茸は、来場者にお詫びの土下座。

最後は、野澤氏が考えた『LINE タワーライジング』のキメポーズ(野澤氏が「塔はつんでも」と叫び、「人生つむな」と言ったところで腕を上げ、「『LINE タワーライジング』」の掛け声でガッツポーズする)を出演者、来場者といっしょに決め、イベントは終了した。

w26

 

LINE タワーライジング

ジャンル
RPG
メーカー
LINE
配信日
今春
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧