1. サイトTOP>
  2. 【新作】嘘に隠された真実に光を当てる『Lie 〜嘘と真実〜』がリアル過ぎて怖い

【新作】嘘に隠された真実に光を当てる『Lie 〜嘘と真実〜』がリアル過ぎて怖い

2015-04-06 20:21 投稿

すべての嘘は真実に繋がる

人はみな、多かれ少なかれ“嘘”をつくもの。そして“嘘”の裏には、必ず“真実”が隠されています。本作『Lie 〜嘘と真実〜』は、そんな誰もが何かしら覚えのある、嘘と真実のあいだを繋ぐストーリーに焦点を当てた、連載・体験型謎解きノベルゲームです。

作品を提供してくれるのはミステリー作家にしてマンガ原作者、樹林伸氏をはじめとする、多数の有名作家やクリエイターの方々。意外な有名人とのコラボ作品も登場予定とのことです。

なお本作は、スマホのホーム画面上にアイコンを設置できますが、アプリではなくブラウザゲームです。極力ネットワークに繋がった状態でプレイしましょう。

USO_01

※『Lie 〜嘘と真実〜』のプレイはこちら

ふたつのプレイコンテンツとチケット

本作には2種類のコンテンツが用意されています。

“スマホドラマ”は、いくつかのチャプターで区切られた連作ストーリーです。すべて合わせるとかなりのボリュームになるので、じっくり読みたい方におすすめ。ただしチャプター2以降を読み進めるためにはチケットが必要です。こちらは毎月第二、第四火曜日に新作の配信が予定されています。

USO_02

一方“ひとくち嘘”は、数分で読めるうえにチケットも使わないショートストーリー集です。毎日新作が数本ずつ配信されるので、いつも新鮮な気分で楽しめます。

USO_03

スマホドラマを読むために必要なチケットは、毎日のログインボーナスとして1枚配布されます。ただしこのチケットが有効なのはその日限り。忘れずに使って、少しずつ読んでいきましょう。

ユーザー登録やFacebook連動などで手に入るチケットは、それよりも有効期間が長いので、まとめ読みしたいときに便利です。一気読みしたい! というときは、ウソコインを購入する、という手もあります。自分の読むペースに合った手段を選ぶといいでしょう。

スマホの中に真実への鍵が眠る

ここからは本作のメインコンテンツである、スマホドラマの読み進めかたについて紹介します。

基本的には一般のノベルゲームと同じで、文章を読んだらタップしてページを進めていきます。ただしスマホドラマというだけあって、ストーリーの途中でそのチャプターの主人公が持つスマホ(他人の所有物の場合もあり)を操作する場面がでてきます。

USO_04
USO_05

このスマホ画面では、現実のプレイヤーが手にしているスマホと、ほぼ同じ感覚で操作することができます。主人公の目的に合ったアプリアイコンをタップして、ストーリーを読み解く手がかりを探しましょう。

これらのアプリの中でも“ポスッター”は、手がかりを得るためにとくに有効です。現実のツイッターと同様、タイムラインやリプライ、フォロワーリストなどを確かめることができます。

USO_06
USO_07

ストーリーを読み解く手がかりを発見すると、右下にスマホアイコンが出現します。それをタップするとストーリーがつぎの段階へと進みます。

USO_08

なお、この画面には普通のスマホとは違い、謎解きに役立つアイコンも同時に表示されています。もし行き詰ったら、そうしたアイコンをタップして活用することをおすすめします。”鍵” は、真実に迫る際に必要となるのですが、使用回数に限りがあるので注意してください。消費した“鍵”は時間経過で補充されます。

USO_09

スマホ画面を操作しつつストーリーを読み進めていくと、やがて登場人物がついている何らかの“嘘”が明らかになります。その時がやってくると“扉”が出現するので、準備ができているなら先へ進みましょう。そこで登場人物に“嘘”の内容をつきつけると、隠されていた“真実”が姿を現します。

USO_10

スマホドラマはこうした流れで進んでいきます。チャプターが変わると、以前とは別の登場人物が主人公に代わり、違う視点からストーリーを眺められることがあります。さまざまな角度からストーリーの“真実”に迫りましょう。

USO_11

本作はちょっとした空き時間で読めて、それでいて“嘘”が生み出す一種のスリルと、それを解き明かす謎解きを味わえます。“嘘”の内容も、単に悪事を隠すのではなく、ときには悲しい決意を見せないため、大事な人を守るためのものだったりと、バリエーションが豊富。スマホドラマはもちろん、ひとくち嘘までじっくり読んでみると“嘘”の奥深さが見えてくるでしょう。

時間に余裕のある方は、スマホ画面をじっくり探ってみるのもおすすめです。とくにメール画面やポスッターのリプライ画面では、リアルな会話のやり取りが見受けられて、まるで本当に他人のスマホをのぞいているかのような気分を味わえます。

もちろん、実際にそんなことをするのは重大なマナー違反とわかっていますが、秘密というのはかくも魅力的なものなのです(苦笑)。

(ライター・ぽんせ松本)

※『Lie 〜嘘と真実〜』のプレイはこちら

Lie 〜嘘と真実〜

ジャンル
スマホドラマ
メーカー
ディー・エヌ・エー
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iPhone、Android端末向けモバイルWebサービス。iOS 5.0 以降、Android 4.1 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧