1. サイトTOP>
  2. ハロプロメンバーが『忍ツク!』に挑戦! 罰ゲームではまさかの忍者ポーズも披露!?

ハロプロメンバーが『忍ツク!』に挑戦! 罰ゲームではまさかの忍者ポーズも披露!?

2015-03-29 01:24 投稿

大盛り上がりを見せた『忍ツク!』ステージ

[関連記事]

※【新作】作って遊べる新感覚アクション『忍ツク!』配信開始

TN4_6099

2015年3月28日(土)、パシフィコ横浜で催中のハロー!プロジェクトによるライブイベント“Hello! Project ひなフェス 2015 ~ 満開!The Girls’ Festival ~”の会場にて、gumiから配信中のアクションゲーム『忍ツク!』とハロー!プロジェクトによるコラボイベントが開催された。

同イベントには、ハロー!プロジェクトから℃-uteカントリー・ガールズアンジュルムモーニング娘。’15Juice=Juiceの代表メンバーが出演。

さらに一部のメンバーは『忍ツク!』キャラクターのコスプレ衣装に身を包んで登場し、会場のファンからは割れんばかりの声援が送られた。

『忍ツク!』はモバイルゲームコンテストで採用された作品だった!

まずはじめに『忍ツク!』のプロデューサー・福島道宣氏が登壇し、本作の紹介を行った。

福島氏は最初に『忍ツク!』誕生までの経緯を説明。なんと同作は、2014年5月にgumiが開催した“モバイルゲームコンテスト2014”で採用された作品なのだという。

[関連記事]

※「すべてのリスクはgumiが負います」gumi主催のモバイルゲームコンテストが開催

TN4_5742
▲福島道宣氏。

『忍ツク!』の開発を行ったのは、鳥取市にあるベンチャー企業“株式会社SQ”。福島氏は「数ある応募作品の中で、もっともコンセプトが光る作品だった」と、当時の様子を振り返った。

スクリーンショット 2015-03-28 23.16.19
スクリーンショット 2015-03-28 23.17.10
スクリーンショット 2015-03-28 23.29.05
▲開発時のラフ画も公開された。

『忍ツク!』は本格的な2Dアクションゲームでありつつも、プレイヤー自らが“ステージを作れる”点が最大の魅力。

作ったステージをゲーム内で公開することによって、他のユーザーにプレイしてもらうことができるほか、LINEなどと連携すれば、自分の作ったステージをリアルの友だちに直接オススメすることもできるのだ

0367
0462

素材が揃っていれば自由にステージエディットが行えるとなれば、クリアーすることさえも難しい高難度ステージを作りたくなってしまうもの。

しかし本作では、ステージを作ったプレイヤー本人がそのステージをクリアーできないと他ユーザーに公開することができないため、ゲームバランスの面でも細かな気配りが施されている。

ハロプロメンバーがコスプレ衣装で登場!

福島氏がゲーム紹介を終えると、会場のファンお待ちかねのハロー!プロジェクトメンバーが登場。

ステージ上には、森戸知沙希さん(カントリー・ガールズ)尾形春水さん(モーニング娘。’15)勝田里奈さん(アンジュルム)宮本佳林さん(Juice=Juice)が応援メンバーとして登場したほか、小関舞さん(カントリー・ガールズ)萩原舞さん(℃-ute)飯窪春菜さん(モーニング娘。’15)福田花音さん(アンジュルム)植村あかりさん(Juice=Juice)矢島舞美さん(℃-ute)らは『忍ツク!』のコスプレ姿で登壇した。

TN4_5786
TN4_5785
▲森戸知沙希さん(カントリー・ガールズ)。
TN4_5766
▲尾形春水さん(モーニング娘。’15)。
TN4_5775
▲勝田里奈さん(アンジュルム)。
TN4_5777
▲宮本佳林さん(Juice=Juice)
TN4_5823
TN4_5805
▲小関舞さん(カントリー・ガールズ)。
TN4_5794
▲萩原舞さん(℃-ute)。
TN4_5860
▲飯窪春菜さん(モーニング娘。’15)。
TN4_5799
▲福田花音さん(アンジュルム)。
TN4_5816
▲植村あかりさん(Juice=Juice)。
TN4_5817
▲矢島舞美さん(℃-ute)。

メンバーの大半が女主人公・ナズナの衣装に身を包んでいる中、矢島舞美さんはひとりだけ男主人公・ニンドーのコスプレ衣装を着用。

それに対して矢島さんは「私だけ男性の忍者なんですよ……。でも、かつらとかはふだん被らないのでなんだか新鮮です。新しい自分に出会えた気分」と、日ごろしないコスプレを楽しんでいるようだった。

TN4_5826

そんなハロプロメンバーと2015年3月28日〜3月29日の二日間にわたってコラボを開催中の『忍ツク!』。

コラボ期間中は各ハロプロユニットごとの個性あふれるステージが用意され、ステージをクリアーすると対応したユニットのロゴブロックを入手することができる

 スクリーンショット 2015-03-29 0.07.32
 スクリーンショット 2015-03-29 0.07.46
 スクリーンショット 2015-03-29 0.08.15

また、イベントに参加したユーザー全体の獲得ロゴブロック数も集計され、獲得ポイント数がもっとも高いユニットが決定

いわば“ユーザー参加型の人気ユニット決定戦”のような側面も併せ持った企画になっているのだ。

スクリーンショット 2015-03-29 0.09.05

イベント開催にあたり、実際に『忍ツク!』を遊んだ感想を聞かれると「キャラクターがかわいくてハマっちゃいました」(飯窪)「操作は簡単なんですが、ステージによってはクリアーできない場所もいくつかあって……。結構ムズかしいです!」(矢島)とそれぞれコメント。

矢島さんからの「難しい!」というコメントに対して、プローデューサーの福島氏も「ちょっと考えます……」とたじたじだった。

ユニット対抗『忍ツク!』タイムアタック!

ハロプロメンバーとともに『忍ツク!』の魅力をより多くの人に伝えるため、『忍ツク!』内に登場中のコラボステージに、ユニット対抗で挑戦する企画が催された。

この対決では、それぞれ自らのユニットの名を冠したステージに挑戦し、どれだけ早くクリアーできるかを競い合っていく。

もっとも時間が遅かったチームには“自分が忍者っぽいと思うポーズをステージのセンターで披露し、来場者からたくさん写真を撮ってもらう”という罰ゲームも用意され、メンバーもやる気十分に。

さらに忍者ポーズの代名詞でもある“印を結ぶ姿”や”手裏剣を投げる姿”は原則NGという、なかなかハードルの高い罰ゲームとなっていた。

準備が整ったところで、さっそく対決がスタート。1番手となる小関舞さんは「ももち先輩(嗣永桃子さん)もいる私たちカントリー・ガールズは、他のユニットよりも気が強いんです。だから今回も負けたくないです!」とコメント。

ゲームがはじまるやいなや、わずか6秒ほどの最速タイムでステージをクリアーしてみせた小関さん。その圧巻のプレイに、会場からは大きな歓声が上がった。

TN4_5889
  TN4_5892
TN4_5883

続いて℃-uteの萩原舞さんが挑戦。「ゲームはあまり得意ではないので……」(萩原)と話していたように、ステージ序盤でまさかのゲームオーバー。

2度目の挑戦でも、ステージ中盤ほどで再び撃沈。想定外の展開に「このステージ難しくないですか!? カントリー(・ガールズ)のより難しい気がします!(笑)」とステージの難易度にクレームを入れるシーンも見受けられた。

どうやら楽屋では9秒ほどのタイムでクリアーできていたという萩原さん。残念ながら3度目の挑戦をもってしても、ステージクリアーには至らなかった。

TN4_5916
TN4_5911

日ごろからゲーム好きを公言している飯窪春菜さんが3人目の挑戦者。

不安気な様子も見せていたが、軽快なプレイで見事ステージをクリアーしてみせた。思いのほか簡単にクリアーできたため、「え、簡単じゃないですか?」(飯窪)と、ステージをクリアーできなかった萩原さんを挑発。会場の笑いを誘った。

 TN4_5940

続く福田花音さん、植村あかりさんはともに1度はゲームオーバーになりつつも、無事にステージをクリアー。

その結果、一度もクリアーすることができなかった℃-uteチームが罰ゲームをすることになった。

TN4_5970
TN4_5978
TN4_5976
0000
▲オリジナルの忍者ポーズを披露した萩原舞さんと矢島舞美さん。写真撮影自由といった希有な機会に、多くのファンがシャッターを切り続けていた。

ステージ終了後には、福島氏から『忍ツク!』の“足跡機能”に関する紹介も行われた。この足跡機能とは、自身で作成したステージを他プレイヤーがプレイしたときや、逆に自分が他プレイヤーのステージをプレイした際に、それが履歴として残るシステムのこと。

コラボしているハロプロメンバーが、今後一般ユーザーが作成したステージに、メンバーが遊びに来る可能性もあるのだとか。

最後には「ステージも作れて楽しいのでぜひ『忍ツク!』を遊んでみてください」(小関)「今後は私たちも皆さんのステージに遊びにいくと思うので、簡単なステージを作って待っていてください」(福田)といったメンバーからのコメントとともに、今回のイベントは幕を閉じた。

TN4_6059

忍ツク!

ジャンル
アクション
メーカー
gumi
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降、 Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧