1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】『純愛ババア学園』ラブレボリューション100万歳

【個人開発ゲームを斬る】『純愛ババア学園』ラブレボリューション100万歳

2015-03-23 13:15 投稿

じつは全員ババアです

3月、4月は“別れと出会い”の季節です。

そんな季節にピッタリかどうかは人それぞれですが、なんとも奇妙な、でもなぜか胸がキュンキュンするゲームが登場したので、ご紹介させていただきます。

image1_1
▲恋した君は100万歳
image1_2
▲好感度をあげて最後に告白!


『純愛ババア学園』は、とある学園を舞台にした、恋愛シミュレーションゲーム。
1年間の学園生活、イベントを通じて、個性と魅力と体力が溢れまくっている4人のババアたちと出会い、交流を深め、恋したひとりに告白して付き合うのが目的です。

まずは、こちらの動画を御覧ください。

▲話題が話題を呼び、視聴回数が30万回を超える魅惑の映像。
image2_1
▲何かが生まれる!?
image2_2
▲ホントに恋愛シミュレーション!?

アプリがリリースされる前に開発者さんが公開したPVの反響は世界中に轟き、コメント欄には何語かよくわからない言葉が並んでおります。

中身もスゴイんです

このアプリ、動画だけの“出オチ”ではなく、中身ももちろんスゴイんです。

image3_1
▲100万年くらい生きてる
image3_2
▲はにかんだ顔がたまらない!?

物語は新生活の4月からスタート。主人公が通う学園に転校生が。

彼女の名は“千代”

「マンモスが……」
「小野妹子が……」

なんてセリフが当たり前に出てくる、お菓子に目がない100万歳。

image4_1
▲千代をデートに誘う!?
image4_2
▲オンナゴコロはムズカシイ……

軽く自己紹介を交わした後、3択登場。
選んだセリフにより、そのキャラクターからの“好感度”がアゲサゲします。

1ヵ月に1イベント

image5_1
▲お誕生日にサプライズ!
image5_2
▲体育祭でアクシデントが!

ゲームは1ヵ月単位で進み、基本、1ヵ月に1イベント=3択が用意されています。千代の“乙女すぎる性格”を読み、ベストなセリフを選び、好感度を上げていきましょう。

季節に応じた様々な背景の前でグリグリと動く千代のことが、なんだか可愛く、そして愛おしくなってきます。

本当の恋を見つけてしまいました。

image6_1
▲終業式の後……
image6_2
▲恋

あっという間に月日は流れ、3月。学園生活につきものの“別れの月”がやってきます。

ここで、千代に告白。

結ばれるかどうかは、ここまで貯めた好感度次第。成功しても、失敗しても、どちらもときめきメモリアル。

メインキャラ以外にも

image7_1
▲後輩で幼馴染“小百合”
image7_2
▲先輩で学園のマドンナ“万里”

メインキャラの“千代”以外にも、あなたをドキドキさせる100万歳が登場します。

後輩で幼馴染だけど100万歳の“ツインテール小百合”は、主人公のことが大好きらしく、“好感度MAX”で登場。

ひとつの上の先輩だけど100万歳の“メガネ万里”は、3択でベストのセリフを選んでもなかなか好感度が上がらない、今時珍しいお堅い女の子です。

image8_1
▲アイドルグループのセンター“ミドリ”
image8_2
▲神出鬼没

国民的アイドルグループのセンターだけど100万歳の“スカウターミドリ”は、神出鬼没。

他の女の子とイベントを行った後に、突然現れ、「ガタタカン」「ムヘネヨーン」など、何言ってるかわからない状態で三択を迫られます。気合いで乗り切るしかありません。

誰と過ごす?

image9_1
▲番傘!?
image9_2
▲たまらん!?

その“月”を誰と過ごすかによって、いろんなイベントが用意されております。
例えば、梅雨の6月。
千代は花柄の折りたたみ傘をさし、小百合は雨に濡れたスケスケ制服でドキドキさせてくれます。

image10_1
▲攻める小百合はビキニ
image10_2
▲お堅い万里はウェットスーツ

たとえば、夏休みの8月。

誰を海に誘うかによって、各キャラクターのセクシーな水着姿が堪能できます。

ゲームを進めていくと

image11_1
▲ガチャを回して
image11_2
▲フィギュアをコンプリート!

ゲームを進めていくと、“ババア石”がゲットできます。
ババア石は、ゲームを遊ぶためのスタミナを回復したり、“月”を進めたり巻き戻すことが可能。
これで、好きな女の子の好感度をうまく調整することも可能ですが、オススメは“ガチャ”。
ババア石を5個使ってガチャを回し、“ババアフィギュア”をコレクションしましょう。
様々な悩殺ポーズで誘惑する各キャラクターのフィギュアが、ぐるっと360度回転して楽しめます。
ぐるっと360度、周りに人がいないことを確認してから、お楽しみください。

まだまだ語り足りないのですが、さすがに長くなってきたので、主にゲーム設計を担当された“hamon”さんと、主にキャラクターモデリングを担当された“yamabus”さんにいろいろ聞いて〆させていただきます。

Q1.『純愛ババア学園』は、yamabusさんが作った大ヒットアプリ『100万歳のババア』とのコラボ作品ですが、どういった経緯でコラボにいたったんですか?

hamon 居酒屋で『アルティメイタム』シリーズの打ち合わせをしていたのですが、「ホンダよりババアのほうが売れてるし、こっちで作ろう」ということでババアでアプリを作ることになりました。
(※)おふたりがコラボでリリースされている、筋肉隆々のキャラ“ホンダ”がさまざまなスポーツにチャレンジするゲームシリーズ。

Q2.hamonさんは専業でアプリ開発をされているのは存じているんですが、yamabusさんは普段何をされてますか? hamonさんとのご関係は?

yamabus 昼間はサラリーマンです。hamonさんとはアプリの勉強会で知り合って、その後居酒屋で意気投合したのが始まりです。

Q3.『アルティメイタム』はスポーツものですが、本作はどうして“恋愛もの”になっちゃったんでしょうか?

hamon 居酒屋で打ち合わせをしていて最初は“脱出ゲーム”や“放置系ゲーム”の案ができていたのですが、「こんなのはシラフのアイデアだ、度数が足りん」ということになり焼酎を浴びるように飲みながらアイデアを出したところ「ユーザーがババアと本当にしたいことは何か? 恋愛でしょ!」という結論にいたりました。

Q4.だいぶ飲んだんですね! ババアは4タイプですが、どういう流れでこの4タイプになったんでしょうか? 何か他にこんな候補もあったみたいなものはありましたか?

hamon 居酒屋でどんなキャラを出すか考えていたところ、“同級生と下級生と上級生は必須”だから、あとは“緑色がいれば完璧だな”という感じですんなり決定しました。

Q5.たくさん飲んだんですね! 開発期間はどれぐらいでしょうか? 苦労した点は?

hamon 去年の11月からなので4ヵ月です。いちばん辛かったのはテキストを成形してたときですね、毎日15時間くらいテキストファイルにタグをコピペする作業をしていたときは心を病みそうになりました。

yamabus 苦労した点はプロモーションムービーが作るのにわりと時間がかかったことと、モーションの量が最初思っていた量よりも遥かに多くて、恋愛ゲームを作るのは簡単かと思ってたんですが予想以上に大変でした。

Q6.いろいろ厳しいAppleさんだと思うんですが、よく審査通りましたね! 何か言われませんでしたか? どうやって切り抜けましたか?

hamon “いかがわしいアプリ”だと疑われて、ひたすら資料を請求されました。「全キャラ見せて」とか「ポーズもチェックさせて」とかですね。交渉時は、ひたすら謝りました。

あとは「すぐに返事もらえてとてもありがたい」とか、「あなたが審査担当者でよかった」とか、ひたすら好意を伝えました。それを2週間くらい続けて何とか通してもらえました。
実際今回の担当者は話せばわかってもらえるタイプだったのでよかったです。

Q7.苦労の末、リリースされた今作。こだわった点、ここは見てほしいといった点は?

hamon “ミドリ”だけ自分でシナリオを書いたのですが、セリフはランダムの文字列じゃなく全部語感がよくなる単語を自作していったので、意味を想像しながら楽しんでもらえる嬉しいです。
yamabus それぞれキャラの個性にあった動きを作成しましたので、見るというよりも“五感”でババアを感じてほしいです。

Q8.ということは、“ミドリ”以外の脚本は外注に出されているんですね?

hamon 脚本は最初「キャラは全員美少女です」と言って書いていただきました。ゲーム内で完全に美少女扱いしたほうが絶対おもしろいと思っていたので。世に出た後、めっちゃ怒られるだろうなと緊張しながら脚本家に

「ごめんなさい、じつは全員ババアです」

って連絡したのですが、全然怒らず喜んでもらえたので安心しました。

Q9.笑いのわかる人でよかった! ババアの動きがストーリーに合っていてどれもイイんですが、ババアの動きが先ですか? それとも脚本に合わせて、動きを作った感じですか?

yamabus 脚本のほうが先で、脚本にそった動きを洗い出して作成しました。

Q10.動きといえば、話題を呼んだPV。制作はyamabusさんですか? 何かおもしろい反応がありましたか?

yamabus 基本的に私がひとりで作成してますが、後半嫁に手伝ってもらいました。嫁感謝!! 私が数年かけて作成して公開していた自主制作アニメ達の視聴数を1日で追い抜いてしまいました。

※yamabusuさんの自主アニメ作品集『yamabusチャンネル』

Q11.泣く泣くボツにしてしまった画像なんかありますか?

yamabus ボツ画像といえば、“ババザイル”ですかね。

image12

Q12.手応えや自信は、めちゃあると思うんですが、ズバリ目標は?

hamon 100万ダウンロードされてババアたちのフィギュアを出すことです。

Q13.グッドスマイルカンパニーさん! バージョンアップや、コラボ続編などの予定は?

hamon すでに居酒屋でつぎのババアについて検討していて、また同じくらいの規模のアプリを作ろうと思っていますが、『ババア学園2』みたいな単純な続編では今回のインパクトを超えられないので何か違うものにすると思います。ババア学園のアップデートもいろいろネタが出ているので、企画がまとまったらリリースしていきます。

Q14.どちらも楽しみです! 最後にひと言お願いします!

hamon 登場する全キャラに愛情を込めて作りました、ババア達との純愛をお楽しみください!
yamabus どの動きでもわりと笑えるように作りましたので、どんどんキャプチャーしてSNSでお友達と共有して楽しい時間を過ごしてほしいです。

ネットの反応を見ているとクオリティが高すぎて、どこかの企業が作った“恋愛ソーシャルゲーム亜種”と勘違いし、おサイフ的に警戒している方も多いようです。

本作にはガチャや課金要素もありますが、使用しなくてもまったく問題なく最後まで遊べますので、お気軽にババアとの恋愛を楽しんでみてください。そして、ときめいた後は、hamonさんとyamabusさんのコラボ『アルティメイタム』シリーズで、スカッと笑ってみてはいかがでしょうか!

⇒『アルティメイタム』シリーズ一覧

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

純愛ババア学園 〜転校生は100万歳〜

メーカー
hamon
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS6.0以上 Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧