1. サイトTOP>
  2. 【注目】リリース3週間で1500万DL達成!『SimCity BuildIt』が大規模アプデでトーキョータウンを実装

【注目】リリース3週間で1500万DL達成!『SimCity BuildIt』が大規模アプデでトーキョータウンを実装

2015-03-07 10:00 投稿

sim001

リリース3週間で世界1550万DL突破、総プレイ時間8300年以上というちょっと異次元レベルで人気の『SimCity Buildit』。ご存知、人気街づくりゲームのスマホ版。圧倒的なグラフィックと360度街をグルングルン回したり拡大縮小できる操作感、ライトユーザーでも楽しめるスマホならではの建築システムなど、従来の作品とは一味違った楽しみがある。

スキマ時間を利用しつつこまめに“街育成”をしてきた人も多いだろうが、そんな中で2015年3月4日にアップデートが実施。アジアのユーザーを意識した新コンテンツ“トーキョータウン”が追加された。

日本庭園や新宿にありそうな高層ネオンビルディング、さらには新しいランドマークとして姫路城といった城郭まで建設が可能に! これまでとはまたひと味もふた味も違った、オリエンタルな街並みがつくれるようになるのだ。

[関連記事]
※【注目】都市育成の名作『SimCity』がスマホで登場! 街を手に取る操作感が新しい
※ファミ通AppがBestゲームに選んだ『SimCity』3週間で世界総プレイ時間8300年以上ってwww
※和風家屋や姫路城が建てられる!『SimCity BuildIt』に”トーキョータウン”が登場

建物をアップグレード
→人口増加で街を発展させよう

sim002

住宅付近に警察や消防を置かないと犯罪、火災が増加するとか、工場や下水道を住宅付近に置くとシムたちから苦情が入り信頼が低下→人口、収入減少、といった“シム第一”的な考え方や街のつくりかたは従来のそれを踏襲。

そんな中で従来のシステムから大きく変わったのが、既存の建物に、木材やネジなど必要資材を投入し“建物をアップグレード”することで人口・収入を増やし街を発展させていくというシステム。

建物を進化させるごとに人口は格段に増え、規定人数に達すると街がレベルアップ、それに応じて建設できる建物(商業、ライフライン、行政…)がアンロックされていく。

ゲームの詳しい紹介はこちらの記事をご覧いただくとして、そういったアンロック要素の中に前述の“トーキョータウン”が追加されたというわけなのだ! そんなわけで、まずはその荘厳で壮麗でオリエンタルな、トーキョータウンの街並みをまずは堪能してほしい。

日本庭園とネオンビルが見事に混在
これが“トーキョータウン”だ!

sim003
sim004

従来の“シムシティ”の中につくってみたトーキョータウン。無機質なコンクリートジャングルの中に、突如として純和風の庭園が。足を踏み入れるとそこは別世界で、池では鯉が身をひるがえし、庭では丁寧に育てられた盆栽が枝葉を伸ばし……といった情景が脳裏に浮かぶようだ。

また、後述するが、建物は日本庭園→ネオンビルへと進化する。なので、すべて日本庭園で埋め尽くして城下町風にするもよし、ネオンビルを並べて秋葉原や新宿風に彩るもよし、あるいは両方を混在させて……と、考えるだけでワクワクしてしまう。

sim005
sim006

また、こちらはランドマークとして設置可能な城郭“姫路城”。拡大しても縮小しても、その存在感は別格。パリと言えば凱旋門、ニューヨークと言えば自由の女神、そして“トーキョータウン”と言えば姫路城と前々から相場が決まっている、的な荘厳さだ。

“東京は、近代的な建物の中にこういう歴史的な建造物が突然出てくるところが、おもしろいし素晴らしいね:)”と、外国人のような感想が出てしまう。

いろいろいじってみたら
より“トーキョー”っぽくなってドキドキ

トーキョータウンのアンロックの方法は、以下の通り。

sim007
sim008
sim009

・国際空港を建設する(空港は人口26万人で開放)
・そこで資材売買をしアイテム“招き猫”をゲットする

上記の条件を満たせば、画面右側の住宅のアイコンから、これまでの“住宅地区”に並んで、“トーキョー・タウン地区”という新住宅がアンロックされる。

通常の住宅は、平屋→アパート→ビル型の住宅へとアップグレードさせていくことができた。で、“トーキョー”はというと、小さな日本庭園→大きな日本庭園→ビルボードのついた中ビル→大ビルといった具合に、どの建物も“オンリーインジャパン”的な様子で進化していく。

sim010
sim011

個人的に感じたことは、道路に面した建物はアップグレードしネオンビル化させ、その陰に隠れるかたちで日本庭園を設置すると、より実際の東京っぽく仕上がりテンションが上がるということだ。ぜひ自分のイメージする“東京”を浮かべつつ、それを再現するように街づくりをしてみてほしい。

眺めてみてそれっぽく仕上がったときの“ビビッとくる(死語)”感は、なかなかのものだ。

sim012
sim013

また、新ランドマーク“姫路城”のアンロックは、“文化局の建設”、“人口30万人以上”が条件となっているので、アンロックを目指して是非人口を増やしてほしい。

そんな感じで、いまはまだ“リトルトーキョー”的な小さな集合体をつくったばかりだが、今後、いろいろと土地なり建物なりの整理をしつつ、徐々に街並みをジャパナイズさせていくことが今後の野望というか目標だ。

……というか、もっと早くからアナウンスがあれば、それに向けて段取りしていたのに(涙)

(斎藤えいこう)

[関連記事]
※【注目】都市育成の名作『SimCity』がスマホで登場! 街を手に取る操作感が新しい
※ファミ通AppがBestゲームに選んだ『SimCity』3週間で世界総プレイ時間8300年以上ってwww
※和風家屋や姫路城が建てられる!『SimCity BuildIt』に”トーキョータウン”が登場

SimCity BuildIt

メーカー
Electronic Arts
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5、iPhone 6 および iPhone 6 Plus に最適化されています。Android 2.3.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧