1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第391回『世界でもっとも平和なパズドラーの話』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第391回『世界でもっとも平和なパズドラーの話』

2015-01-09 19:05 投稿

世界でもっとも平和なパズドラーの話

1月8日、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが新作発表会を行い、任天堂の『マリオ』とパズドラがコラボして生まれるニンテンドー3DS用ソフト『PUZZLE & DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION』(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)を電撃発表した。

そこで今回は急遽、この衝撃の発表会の模様を緊迫のニュース口調でお伝え……はせず(オイ)、その会場で展開された“とある会話”を振り返りたい。

発表会場となった有楽町の東京国際フォーラムに到着し、ガンホーのY大課長に案内されるまま記者席に行くと、“あの人”が先に座席に腰をかけていた。「あ」と声を漏らしつつ、俺はその人に声をかける。

長田さん、早いですね。お疲れ様っす!」

そう……!!

そこにいたのは週刊ファミ通の元編集長であり、俺の先輩でもあるカミカゼ長田さんだったではないか!! このブログ的には“お花畑のお友だち”もしくは“世界でもっとも奇妙なモンスターボックスを持つ男”、さらには“長田画伯”の異名のほうがしっくりとくるかもしれない。俺の挨拶に長田さんは「ああ」とも「うう」とも聞こえるメンドくさそうなボイスで反応し、それでもスマホに注いでいた視線を外してチラリとこちらを見上げた。そして、「ああ、大塚か。おつかれさん」とつぶやいたあと、何かを思い出したようにこう言ったのだ。

「そういえば大塚のパズドラブログに、スキルのレベルがどうこう……って話が出てきてるじゃん?」

この人は何気に、非常にマメに俺の書いたもの(ブログとかツイッターとか)を読んでくれていて、ふいにそこでの話題を振ってくることがある。俺が熱血パズドラ部でスキルレベルについて書き始めたのは本当に最近のことなので、更新されるたびにキチンと、目を通してくれているようだ。先輩編集者が熱心に記事を読んでくれている……ってことは思いのほかうれしいので、俺はホクホクとした顔になって長田さんに応じた。

「ああ、書いてます書いてます。最近ようやく、スキルに目覚めまして^^;」

俺の言に長田さんは「へー」と反応したあと、じつにさりげない口調でとんでもないことを言い放ったではないか。

「でもさー、大塚が何を言いたいのかはわかったけど、実際どうなのかねー? スキルってさ、みんなそんなに使ってんの??」

一瞬、(……この人は何を言い始めたんだ?)と思ったが、気を取り直して俺は言った。

「……え?? たぶん、パズドラプレイヤー4000万人のうち、4500万人くらいは使っていると思いますけど」

長田さんはつまらなそうに「ふーん」と応じ、衝撃のセリフを発した。

「そうなんだー。……俺、スキルなんて1回も使ったことないわー

俺、飲んでいたお茶を噴水のように噴き出しながら長田さんに詰め寄った。「まままマジっすか!!!!? パパパ、パズドラ史上最大の問題発言っすよ!!!」

しかし長田さん、俺の言うことなど聞いちゃいない。

「じゃあさ、ステータス画面の右側にあるヤツも、みんなちゃんと意識してるの??」

どうやら“覚醒スキル”のことを言っているらしい。俺は首がもげるほどブンブンと縦に振った。

「意識してますよ!!w 当たり前じゃないっすか!! ……あ!! もしかして長田さん、いまだにたまドラを1匹も使っていないとか!!? そそそ、そんなことないですよね!?」

「ははははは」と長田さんは笑った。

「んなわけねーだろ!!w さすがにもう使ってるよww ……でも、覚醒スキルってオマケみたいなもので、意識する必要ないのかと思ってたわ。みんなスゲエんだな」

(スゲエのはアンタですよ)

……というセリフを飲み込み、逆に俺は長田さんに尋ねた。

「……でも最近のダンジョンは、スキルとか覚醒スキルをしっかり把握していないと、キツくないですか?? よくそれでやっていけますねw」

不思議そうな顔を作って、長田さんが尋ね返してきた。

「もしもダンジョンでやられたら、世の中の人はパーティーを見直したりするらしいじゃん?」

しかめっ面で俺は答えた。

「当たり前じゃないっすか! まずはそこからでしょ!」

シレッと、しかし恐るべきことを長田さんは言う。

「俺、そんなこといっさいしないよ!! そういう手は使わない!!」

イヤな予感を覚えながら、「え……? じゃあどうするんですか……?」と尋ねると、長田さんはこう答えた。

「コンティニューするに決まってんじゃん!!!」

盛大に椅子から転げ落ちながら、俺は先輩を糾弾する。

「ちょっと!!! それをやり出したら成長しないっしょ!!! ……じゃあ、長田さんがパズドラをやる上でのモチベーションはなんなんすか!? ダンジョンでやられても、悔しくないんですか!!?」

すると長田さん、アゴに手を当てて考える仕草をしたのちに、 「俺、パズドラをやってて“ちくしょー!”なんて思ったこと、一度もないわw グルグルとドロップ動かしてるだけで楽しいし^^」と笑ったあと、この日いちばんの“らしい”発言をぶっ放した……。

「何度コンティニューしてもクリアーできないダンジョンにブチ当たったら、こう思うんだわ。“ここ、俺向きのダンジョンじゃないわ!!”ってw」

俺、(・_・;;) ←こんな顔になりながら思った。

(やっぱこの人には、かなわない……)

[カミカゼ長田登場記事]

※第198回『お花畑のお友だち』

※第241回『ペンギンを愛でる人(お花畑再び)』

※第248回『ガンホー的にはNGです!』

※第290回『養鶏場を営む男』

※第304回『ペンギンとたまドラ』

※第383回『“みんなでキングメタドラ”選手権開催!』

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズなど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

[関連記事]
【パズドラ攻略まとめ】TOPページへ

【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧