1. サイトTOP>
  2. スマホのリメイク版では最高! 『ドラゴンクエストV』プレイインプレッション

スマホのリメイク版では最高! 『ドラゴンクエストV』プレイインプレッション

2014-12-27 00:00 投稿

個人的にスマホでのシリーズリメイク最高の満足度!

ついに配信が開始されたiPhone、Android版の『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(以下、『DQV』)を、歴代(スマホ版を含む)の『DQ』シリーズやり込みライター・ゴジラ太田がプレイインプレッション!

DQ5

スマートフォン向けに発売された『ドラゴンクエスト』(以下、『DQ』)シリーズは、『I』、『Ⅷ』、『Ⅳ』『Ⅱ』、『Ⅲ』に続き、今回の『Ⅴ』が6作品目。ロト伝説シリーズはすでに3作品とも登場し、今度は天空シリーズの第2弾となるわけです。

『DQⅤ』と言えば、親子三代に渡る壮大な物語で『DQⅢ』とは違う感動を与えてくれた作品。
とくに“本作の一番の重要イベント”ではゲームの進行が止まり、リアルで丸一日考え込んだ思い出があります。学校でもこの話題が飛び交っていましたね(笑)。

『DQⅤ』はスーパーファミコン版で発売後、プレイステーション2でリメイクされ、その後、さらにニンテンドー3DSでリメイクされています。
リメイク版では、3人パーティーが4人パーティーに変更、すごろく場の登場など、オリジナル版と比べて、さらに楽しく遊び応えがある作品へと昇華しています。さらに一番のポイントは、ニンテンド-3DS版ではビアンカ、フローラに続き、3人目の女性デボラが登場すること。

今回配信された作品は、ニンテンドー3DS版とほぼ同じもの。『DQⅤ』のリメイク作品がスマートフォンで楽しめるときがやってきました!

 01
いよいよ冒険の始まりです!

じつは、俺はニンテンドー3DS版は当時タイミングが合わずプレイできていませんでした。同じように、『DQⅤ』は好きだったけどリメイク作はプレイしていないという人は、わりと多いのではないでしょうか。そのような人は、ぜひプレイすることをオススメします!

02-1
02-2
感動の主人公出産シーンから始まり、物語は、主人公の幼年期からとなります。

オープニング部分では、幼年期のフローラたちと出会うイベントが追加。写真にいる黒髪の強気な性格の女の子は、リメイク作品のみで登場するデボラですね!

『DQⅤ』は、ニンテンドー3DS版をプレイしなかったこともあり、要所要所で「こんなことがあったな~」とわずかに記憶に残ってる感じで、詳細はあまり覚えていませんでした。そのため、「ああ、そうだそうだ、こんなんあったなぁ」と感慨に浸りながらプレイできましたね。

ちなみにゲーム画面は、これまでに配信されたシリーズを踏襲したものになっています。

仮想コントローラーの位置や大きさを変えられるほか、コマンドのタップ位置の変更も可能。どんな遊びかたにも合わせられます。

04-1
▲街なども、全体マップで施設などの場所に加え、各施設ごとの販売リストもすぐに確認可能。お手軽です! 戦闘シーンでは、モンスターがアニメーションします!
04-2

さっそくストーリーを進めていくと、ビアンカとの出会い、お化け退治、ベビーパンサーなど、薄れかかっていた記憶が鮮明に蘇ってきます。『DQⅤ』では、主人公以外は幼年期からAI戦闘で戦うことができるので、戦闘中の操作も少なく快適!

 03-1
03-2
03-3

さらに妖精の国での出来事。

俺はファミ通.comで『DQX』のプレイリポートも連載しているのですが、じつは妖精の国のベラポワン様は、『DQX』でも登場しているんですよね。

05-1
05-2
▲今年大ブレイクした“雪の女王”も登場しますよ!“ベラと雪の女王”ですね(笑)。

そして、幼年期最大の出来事となる、ある洞窟でのイベント。

06-1
06-2
06-3

ここで主人公に衝撃の事実が明かされ、物語は青年期へと移っていきます。

やっぱり『DQV』は面白いですね!
ゲームを進めていても、ダルくなるような部分がなく、続きが気になってどんどんプレイしたくなります。それに加えてインターフェースの良さもあるので、バッテリーが続く限り遊んじゃう(笑)。

俺のように、「昔プレイしたなぁ」という人は、思い出に浸りながら遊べますし、初めてプレイする人も、おそらくシリーズ中でも上位に入るほどの作品と感じてもらえるはず。

07-1
07-2
07-3
07-4
07-5

青年期では、さらに壮大なストーリーが展開されるほか、カジノが青年期開始直後の町に登場! ここでカジノに篭って、いきなり最強の武器を取るというのも楽しみのひとつですよね。

また、『DQⅤ』ではモンスターを仲間にするというシステムが初めて採用された作品でもあります。リメイク版、つまりスマートフォン版では、その部分もさらに進化し、モンスターを仲間にして育てる楽しさも倍増! さらに隠しダンジョンも増えているなど、クリアー後の要素もオリジナル版以上に盛り込まれています。

このほかにも、仲間にしたモンスターやカジノの詳細など、『DQⅤ』の楽しさは筆舌に尽くしがたいものがあります。

ぜひ、青年期からの物語は、ご自身の手でプレイしてみてくださいね!

ちなみに、いまプレイするとモンスターが仲間になりやすくなるという便利な装備品“モンスターブローチ(装飾品枠)が手に入るアイテムコードをプレゼント中です。

アイテムコードを入力するには、青年期まで進めたセーブデータが必要となるので、青年期までゲームを進めてから、以下のコードを入力しましょう。

DQ5T-ENKU-HANA-YOME

入力は、『DQⅤ』のタイトル画面右下にある“通信”を選択。つぎに“プレゼントコード入力”を選び、“冒険の書”を選択して、上記のプレゼントコードを入力。

なお、アイテムコードの入力期間は、2015年1月1日 23:59までとなっているので、「遊ぼうかな~、どうしようかな~」と悩んでいるなら、いまプレイするのが断然オトク!

今年の年末年始は、コタツに潜りながらぬくぬくとスマホで『DQⅤ』。

ありだと思います!

俺はスマホ版ではデボラを選んでみようかな!(あ、言っちゃった)

(ライター:ゴジラ太田)

『DQX』プレイ日記 ~ジーラの放浪録~はこちら

第16回第15回第14回第13回第12回第11回第10回第9回第8回第7回第6回第5回第4回第3回第2回第1回

アイテムコードの注意点
※コードを入力するには、青年時代以降でセーブした“冒険の書”が必要です。
※本アイテムコードは“共通コード”です。ひとつの“冒険の書”につき1回使えます。
※本アイテムコードの入力期間は、2015年1月1日 23:59までです。

ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
1800円[税込] 追加課金は発生しない
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS7.0以上 Android4.0以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧