1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 2015年の抱負(Rayark・Tony)

2015年の抱負(Rayark・Tony)

2014-12-01 00:00 投稿

tony-01

Rayark Inc.
ゲームディレクター
Tony(LI, YUNG-TING)氏

代表作

『Cytus』
『Mandora』
『Implosion』
『Deemo(2.0 & PSVita)』

deemo

2014年で印象に残っているスマホのゲームタイトル

『シャドウ・オブ・モルドール(PS4)』

ハイスピードバトル、やりがいのあるアップグレードシステム、独自的なネメシスシステム。他のゲームの最高の部分を最適のバランスで合体させ、とても強烈な印象のゲームでした。

『タイタンフォール(PC)』

世間では賛否両論ですが、マルチプレイヤーは本当に男のロマンすべてを一ヵ所に集めた物のようなゲームです。銃器、パルクール、空から落ちる巨大ロボ。Respawn社がシングルプレイヤーモードも近い未来に具現化させてくれることを期待しています。

『モニュメントバレー』

芸術性とゲーム性を兼ね備えたゲームはなかなかありませんが、兼ね備えたゲームはそれだけ目立ちます。それが私がGDCで『モニュメントバレー』を初めて見たときの感想でした。プレイする価値がとても高いゲームだと思います。

Valley-02

2015年の抱負

2014年はRayarkにとって素晴らしい1年でした。アプリ市場で3つの大きなヒット作をリリースできましたし、世界中のエキシビション、イベント、カンファレンスへの参加はもちろん、グッズ、アニメーション業界でも協業を始めました。

Rayarkは来年さらにいくつかのタイトルをリリースする予定です。

その中にはすでに発表した3Dアクションゲーム『Implosion(スマホ)』、『Deemo The Last Recital(PSVita)』もありますが、それら以外にもいくつかプロジェクトがあります。

『Project I』と呼ばれているプロジェクトは、Rayark初のFree-to-Playタイトルです。また、『Project V』はRayarkの新しいゲームシステム、収益モデルを基にした音楽ゲームで、プレイヤーに楽しんでもらえる雰囲気とクオリティ向上に力を注いでいます。『Project Mandora Lab』はRayarkが誇る1000万ダウンロードキャラ、マンドラーを基にしたゲームで、マンドラーの世界をもっと深く表現できるゲームです。

ただ、2015年は新しいゲームリリースするだけの年ではありません。

Rayarkは世界的なゲーム開発会社になる準備をしていて、世界中から優秀な人材を歓迎する準備ができている、というメッセージも送りたいと思います。その一歩として台湾のインディーゲームコミュニティーと協力し、海外と彼らをつなげる掛け橋になりたいと思っています。また、究極的には巨大なGame Jamを開き、一般学生とゲーム業界の人々の力を融合させたいと思います。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧