1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 2015年の抱負(グレンジ・川辺兼嗣)

2015年の抱負(グレンジ・川辺兼嗣)

2014-12-01 00:00 投稿

kawabe-01

グレンジ
エンジニア
川辺 兼嗣 氏

代表作

『ポコロンダンジョンズ』

poko

2014年で印象に残っているスマホのゲームタイトル

『白猫プロジェクト』

「コロプラから王道3Dアクションゲーム!」と、非常に衝撃的なタイトルでした。スマホゲームの育成(強化・合成)要素をしっかり下地にもちつつ、操作はスマホライクに楽しめるバランスのいいスマホゲームでした。

マルチプレイもハマりました! 『モンスターストライク』に続く、マルチプレイ可能のヒットタイトルですね。今後もどんどんそういうゲームが出てきそうです。

 shironeko

『Deemo』

2013年の末に出たタイトルです。音ゲーとしては非常にシンプルで、採点評価も、Good、Great、Excellent、のような、タイミング次第で変わるほどシビアではないものでした。

しかし、音ゲーでありながらまるでRPGをプレイしているようなゲームへの引き込み方に圧倒されました。

とはいえ、コンシューマー大作タイトルのような美麗ムービーを使っているわけではなく、少ないイラスト数枚と最初プレイする音楽でグッと心をつかまれ、スマホゲームをプレイしているとは思えない感覚でした。「ハマる」ゲームはたくさん有りますが、「引き込まれる」ゲームも今後作りたいと感じました。

 deemo

2015年の抱負

2014年は、これまで売れていたブラウザのソーシャルゲームを踏襲したカードバトルから、うってかわってライトカジュアルなゲームが多かった印象です。『パズドラ』の作った「育成(強化・合成)+パズル」の文化から少しずつ変遷していることを感じた1年でした。

『モンスト』、『白猫』、『ドラクエスーパーライト』など、アクションや王道RPGバトルがランキングを上っていっています。作り手の新しい試みが成功しているのと同時に、「スマホでゲーム」という文化が少しずつ一般的になってきて、プレイヤーの求めるゲームの枠が広がっているのだと思いました。

これからがスマホゲーム戦争の本番! ということ、抱負はGrengeのスローガンにもかけて、「想像を超えるゲームをつくる」

本年もよろしくお願いします!

pocodan_banar_600
★部位破壊のシステムも大解剖!
『ポコダン』まとめはこちら

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧