1. サイトTOP>
  2. News TL>
  3. 岩野Pに『乖離性ミリオンアーサー』製作秘話を聞いてみた!(その2)

岩野Pに『乖離性ミリオンアーサー』製作秘話を聞いてみた!(その2)

2014-11-20 10:00 投稿

世界観は同じだが、キャラクターは一新

――続いてストーリー、キャラクター部分のお話をお伺いできればと思います。『乖離性』のストーリーは、『ミリオンアーサー』シリーズにおいてどのような立ち位置なのでしょうか?

岩野 『乖離性』は世界観、時系列ともに『拡散性』と同じですが、前作とは異なる土地で4人の新たなアーサーが主人公となります。拠点となる都市もキャメロットではなく、ブリテンの北方にある”訓練城ヘヴリディーズ”に変わっています。

――同じ世界での物語なのですね。今回主人公となる傭兵アーサー、富豪アーサー、盗賊アーサー、歌姫アーサーたち4人はどのような境遇を経て、戦いに加わることになったのでしょうか?

岩野 今回の4人も『拡散性』で行われた外敵との戦いに参戦していたのですが、正直弱すぎて役に立たず”生き残れない”と判断されたアーサーたちです(笑)。そこで彼らを鍛えるために、アーサーの訓練場である”訓練城ヘヴリディーズ”に連れて行かれたわけです。

――”アーサー=強い”というイメージとは真逆の4人なんですね(笑)

岩野 今作に登場する”スカアハ”という教官が彼らを鍛える……その修業物語が『乖離性』の物語の主軸となります。

――何か強大な敵と戦っているのではなく、自分たちを鍛えるために頑張っていると。

岩野 もちろん、ただ鍛えているだけではストーリーが展開しないので、いろいろなトラブルに彼らは巻き込まれていきます。現状で物語の結末は用意されていますが、それは”第一章・完”のようにひとつの物語が完結するだけで、その後もストーリーは続く予定です。

新アーサーたちの設定、デザインに迫る

アーサー
▲(左から)傭兵アーサー、富豪アーサー、盗賊アーサー、歌姫アーサー。

――なるほど。彼ら4人が中心になって物語が展開していくんですね。ところでこのアーサーたちの中で岩野さんのお気に入りは誰ですか?

岩野 盗賊アーサーです。僕はショートカットで金髪の女の子が好きで、「しっぽのアクセサリ付けてください!」とか、ビジュアルに関していろいろ注文を付けました(笑)。

――各キャラクターのデザイン原案は岩野さんが考えられたのでしょうか?

岩野 基礎となるデザインはシナリオの鎌池和馬さんがお考えになっていて、そのコンセプトを元に、各キャラクターを担当するイラストレーターさんに上手くデザインしてもらってます。デティールに関しては、ちょっとだけ僕の希望も入っていますね(笑)。

――ちょっとだけ(笑)。せっかくなので、主人公となるアーサーたち4人をデザインする上で、こだわったポイントを教えていただけますでしょうか?

岩野 富豪アーサーは“富豪”ですので、いかに”金持ち感”を出すかにこだわりました。衣装をスーツにしてみたのですが、どうしてもスラっとした細身のシルエットに違和感を感じてしまって。そこでボリューム感を出すために、金色のアーマーを装着させています。モノクル(※2)の有無も悩んだんですが、ある程度貴族感を出したかったので、結局装着しました。

(※2)モノクル:片方の眼だけに装着する眼鏡のこと。

富豪アーサー(アドベンチャーパート表情差分)130919d

――岩野さん一番のお気に入りである、盗賊アーサーいかがでしょうか?

岩野 盗賊アーサーの場合、まずパッと見の印象を”身軽”にしたかったというのがあります。あと”盗賊”ってワードはどこか”ダーク”な感じがあるじゃないですか。その「ダークさと女の子のポップ感を両立させてください」と、イラストレーターさんにはオーダーしました。その結果、黒を貴重としたデザインの衣装にフードをつけたり、肌色面積を多くしたりと、ご覧のデザインになりました。ちなみに頭の3本の触覚はイラストレーターさんのアイデアになります。

牛木義隆_盗賊アーサー立ち絵_130724c

――つぎに傭兵アーサーはどのようなコンセプトのもと生まれたのでしょうか?

岩野 傭兵アーサーに関してはまず“戦う男”をコンセプトに、”王様的かつ武骨なイメージ”をミックスしたかったんです。なので、金色を基調とした豪勢なイメージではなく、シックなブラックとシルバーのカラーリングに仕上がっています。ちなみにアーサーは“龍の王”とも呼ばれているので、左肩に装着した鎧のデザインはドラゴンをかたどっています。それと首元のファーは『拡散性』のアーサー-剣術の城-を意識して付けました。

柴乃櫂人様_傭兵アーサー(アドベンチャーパート立ち絵)_130927c

――世界観とのリンクが見えてきましたね。最後に一際目立つ、歌姫アーサーについて教えて下さい。

岩野 歌姫アーサーはですね……完全にアイドルです! “『ミリオンアーサー』の世界におけるアイドルって何だろう?”と妄想しながら作りました。ポップさを維持しつつ王様感を出したくて、フワっとしたドレスを装着させています。そんな中、やはりちょっとしたエロさも必要かなと思い、衣装を前開きにしています(笑)。倫理チェックに通したら、「ハイレグを鈍角にしてくれ」と言われちゃいましたが……。

refeia_歌姫アーサー(ADV用立ち絵)_140217d

――おのずと視線がレオタードにいってしまいますね(笑)

岩野 あと歌姫感を際立たせているギターですが、じつはこれが鞘になっていて、中にエクスカリバーが納められています。ゲーム中だと剣をふりまわしていますよ。

――アイドル+ギターと聞くと、演奏しているシーンを想像してしまいますが、歌姫アーサーは作中で歌を歌うことはあるのでしょうか?

岩野 歌っていません! ギターも弾いて……ないですね(笑)。ストーリー内でも語られていますが、歌姫アーサーはもともとアイドル志望だったんです。ところがオーディション会場を間違えてしまい、その場にあったエクスカリバーを抜くミッションを成功させ、気づいたらアーサーになっちゃったという、少しドジな女の子です。

――ちなみにこの4人以外のアーサーを追加する予定はあるのでしょうか?

岩野 もちろんしたいと考えています。ですが、現状ではその前に彼らのクラスチェンジを用意したいと考えています。こちらは早めに実装できるといいですね。

「イトケンさんに戦闘曲を書いてほしい!」

――楽曲についてのお話も聞かせてください。水樹奈々さん&ヒャダインさん&伊藤賢治さんと言えば、アニメ、アイドル、ゲーム業界で活躍する大物ばかりです。これは岩野さんがオファーされたのでしょうか?

岩野 イトケンさん(=伊藤賢治氏)とは、僕がスクウェア・エニックスに入社して最初の仕事でごいっしょさせていただいたのですが、そのときに「いつか僕のプロデュースする作品で戦闘曲を書いてください!」とアピールしたことがありまして(笑)。時も経ち、タイミングを考えても「イトケンさんに戦闘曲を作ってもらうなら、いまだな!」と思い、オファーをさせていただきました。あと『拡散性』にも参加していただいたヒャダインさんが、イトケンさんと仲が良いという噂を耳にしていたので、『拡散性』からのパワーアップ感を出す意味でも、おふたりに楽曲を作っていただけるようお願いをしました。

――ある意味、野望が実ったという形になるんですね。主題歌を水樹奈々さんに依頼するきっかけは、どのような経緯だったのでしょうか?

岩野 ヒャダインさん、イトケンさんというおふたりに本作の楽曲を担当していただくからには、主題歌も作っていただきたいと考えました。そこで”誰に歌ってもらうのか?”という話になったときに、イトケンさんが「水樹奈々さんにしよう」とおっしゃられたのがきっかけですね。イトケンさんはデビュー当時の水樹さんとお仕事をされていたようなのですが、どうやらその楽曲はお蔵入りになってしまったようでして。イトケンさんにとってもリベンジの意味があったようです。僕としても水樹さんの起用には大賛成だったので、こちら陣営ではすんなり決定しましたね。

――そのような経緯があったのですね。

岩野 はい。その後、水樹さんにお願いをさせていただいたところ、すぐにオーケーをいただきました。『乖離性』の主題歌となっている『million ways=one destination』は、水樹さんの『SUPERNAL LIBERTY』というアルバムに収録されていますので、ぜひ聞いてください。

▼『乖離性』のPVでも『million ways=one destination』を聴けます!

――ちなみに本作の主題歌『Million Ways = One Destination』はいつ収録されたのですか?

岩野 昨年の12月ですね。2014年1月に開催した”御祭性ミリオンアーサー”で収録現場の映像を放映しましたが、あれもギリギリで用意した物になります(笑)。

目標はリアルイベントの開催!

――そろそろお時間ということで、『乖離性』の醍醐味はズバリ、どこでしょうか?

岩野 リアルタイムでの4人協力プレイですね。スマートフォンに最適化したこのシステムを4人同時にプレイしたらどうなるのか? ユーザーの方々がどう感じてくれるのか? いまから楽しみです。

――ユーザー同士が協力するタイプのTCGと考えるとすごく新鮮ですよね。

岩野 もちろん”対戦モード”の実装も検討していますよ(笑)。それともうひとつ、『乖離性』では”リアルイベント”を盛り上げたいという想いもあります。御祭性ミリオンアーサーほどの規模感でなくてもいいので、あんな風にユーザーが集まって、対戦しながら盛り上がれる空間が作りたいです。

――ありがとうございます。最後に読者へのメッセージをお願いします。

岩野 かなりお待たせしてしまい、『乖離性』を楽しみにしてくださっていた方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。ですが、その分絶対に楽しんでもらえる内容になっているので、ぜひプレイしていただきたいです。また、TCGというキーワードを出すからには、これからいろいろとルールやギミックを追加していきます。ぜひ、今後の展開も期待していてください。

03
<<前のページに戻る

wiki_bana▲『乖離性ミリオンアーサー』攻略wikiはこちらから

乖離性ミリオンアーサー

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス
公式サイト
http://www.kairisei-ma.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android/ブラウザ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧