1. サイトTOP>
  2. 【西村Pインタビュー】新しい遊びを提供し続けた『ケリ姫スイーツ』の2年(その2)

【西村Pインタビュー】新しい遊びを提供し続けた『ケリ姫スイーツ』の2年(その2)

2014-11-20 12:30 投稿

keri-001

配信2周年を迎えた、ガンホーのアクションパズルRPG『ケリ姫スイーツ』。西村大介プロデューサーと、齋藤和寛ディレクターに、これまでのこと、これからのことを聞くインタビューの第2回。まずは新規に実装予定の”覚醒”から。

[関連記事]
【西村Pインタビュー】新しい遊びを提供し続けた『ケリ姫スイーツ』の2年(未発表イラストも公開)

“覚醒”とはなにか

——2周年記念イベントのあとで実装されるという”覚醒”を教えてください。最初に覚醒が実装される職業は剣士とエスパーですね。これは先ほども話があったように”昔のメンバーを活用したい”という意図があるんですね。

西村 そうです。こちらも演奏家のパワーアップと同じ頃、1年くらい前から”覚醒したい”って構想がありました。

——メンバーが増えてきた時に、昔のメンバーが埋もれてしまうと思ったわけですね。

西村 そこが大前提にありました。せっかく皆さんが持ってくれたメンバーなので、それぞれに使いどころを用意してあげたかった。これは属性と同じ理由です。ただし、それとは別の気持ちとして、メンバーの変化を通じてゲームをさらに進化をさせたいという気持ちが強くなりました。そこで最初に剣士を選びました。

齋藤 覚醒はバランス調整の手段でもあります。演奏家みたいに、それ自体を強化していくというやりかたもある。同時に覚醒というアイデアもあったんです。

西村 エスパーはどうして選んだっけ。弓とかじゃなくて。

齋藤 ゲームの進化を考えたときに、エスパーも覚醒することで使い方が変わる。そういう遊び方を提供したいと思いました。

——エスパーは使われにくいメンバーだったんですか。メロン砂漠のヒトジゴクなど、地面の中の敵をやっつけるには良いメンバーです。

西村 そうですね。でも、その後、地を這う攻撃をするパフォーマーやニンジャー、地形を問わないサイボーグなどが出てきたら、目立たなくなってしまった。それだと、せっかくスロットで引き当ててくれたユーザーさんに活用してもらえないですから。演奏家のようなパワーアップも考えました。でも、どう手を入れても違った感じになってしまう。それなら早めに覚醒させてあげたほうがユーザーさんが喜ぶだろうなと。

——剣士はユーザーの誰もが思い入れが強いですよね。主人公の最初の職業だし。新しいメンバーが増えてきて、デッキを入れ替えるんですけど、剣士を外すときだけはちょっとさびしい気持ちになるんです(笑)だからみなさん嬉しいと思います。もう一度剣士を使えるという。

西村 剣士は攻撃力があるので人気があるんですよね。

——覚醒で剣士はどうなるんですか。

齋藤 馬に乗っちゃいます。

knight-01knight-02

——ナイト! 剣士からナイト! カッコイイですね。黒くて。

西村 ここはお笑い要素ないですね(笑)。かっこよさで。

——姫さま、馬も蹴っちゃうのか……。

西村 (笑)。

齋藤 でも御社の4コマとかでいじられていくんだろうなあと(笑)。新しい戦い方として、敵との距離がある場合、いままでより敵に近寄っていくんです。いまはクルッて回って1ステップ移動したのですが、それが2ステップになる感じで。

——蹴ったあとの、2回目からの自動攻撃のときですね。

齋藤 馬に乗っているので、敵との間を詰められる。距離が足りなかったときに、かなり距離があったとしても詰め寄って攻撃してくれる。強さについてはいまも調整中なんです。バランスが難しい。剣士は単体攻撃で効果力の出せるメンバーなので、どうやってプラスアルファしていこうかと。

——エスパーさんは悪者っぽい顔つきに(笑)。

齋藤 覚醒して”超人”になるんです。

西村 これはアメコミのヒーローのイメージなんです。絵が出てきたときに別のパターンもあったんです。そっちだと魔術の路線になってた。魔術のほうは魔法使いや陰陽師のほうがあったので、超能力をキーワードにして、海外物のアメコミの超人ヒーローのイメージにしたんです。

esp-01esp-02

——4つ弾を持っていると言うことは、4発投げちゃうわけですね?

齋藤 はぁ……。

——はぁ……って(笑)。

齋藤 そういう意見もあったんですけど、開発ミーティングの中で、”もう一声!”と。

——お! お?

齋藤 という方向でパワーアップさせるつもりです。

——相当な広範囲攻撃になりますね。

齋藤 最新の多様化しているメンバーにも、引け目を取らないメンバーに成長します。

——覚醒するためには武器を持ち替えるわけですね。覚醒武器を持つとパワーアップするけど、いままでの武器を選べば、覚醒前に戻れる。つまり、どちらかを選べる。

西村 そうです。『ケリ姫スイーツ』の特徴として、武器を鍛えると主人公の経験値が上がっていくんです。そこにはめ込んだ感じです。メンバー自体を覚醒してしまうと、どこかの時点で「やっぱり元のメンバーの方が良かった」となってしまうかもしれないし。使い分けられるように、武器に紐付けたんです。

——特撮ヒーローっぽいかも。アイテムによって違う性能になれる。

西村 というわけで、初期がこのふたりなんですけど、つぎに検討しているのが、弓使いとドラキュラです。

yumi

——デザインがだんだん直線的に……。シャープになっているような。研ぎ澄まされたというか。

西村 そうですね。この辺はまだイラストが上がっただけなので、スキルの詳細はこれから。このようにして、メンバーは順次、覚醒していきます。楽しみに待っていてください。

西村 (笑)。あ、そうそう、弓使いは飛ぶんですよ。デザイナーがこのイラストを持ってきて、「ここ見てくださいよ、飛ぶんですよ」って(笑)。

——おっ、これはもしかして、空中に留まるタイプに?

西村 そうなりますね。

——ホバリングしつつ矢を放つと、かなり遠くまで飛ばせますね。

西村 デザイナーの意見は尊重しなくちゃ(笑)。

——今後のスキルの調整がたのしみですね。まず飛ぶとして……。

西村 この辺も『ケリ姫スイーツ』の作り方の特徴で、プランナーが”飛ばそうよ”と指示するのではなくて、デザイナーが提案してくれるんです。それが良ければそのまま採用、と。だから弓使いは飛ぶ方向だろうなと。

——採用したあとで皆さん考えるわけですね。

西村 飛んじゃうのか……強すぎかなあ、どうしようか……みたいな(笑)。

——こっちはドラキュラですね。

西村 これはまだイラストだけですね。よく見てください。棺桶に乗ってます。

——棺桶でサーフボードのように(笑)。楽しみです。予定としては、このふたり、時期的にはいつごろですか。

西村 来年早々ですね。

——なんだ、来年の話か……って、いや、もう2ヵ月ないですよね。

西村 そうですね。やっぱりメンバーが30近くいるので、毎月1体ずつ出していっても30ヵ月かかります。2年以上ですね。それはちょっと長いから、早く出したいなと思っています。

——いまのメンバーのほとんどに覚醒が入ってきて、でも、覚醒しなくても良さそうなメンバーもいそうですね。

西村 そうですね。

——悪魔使いはかなり強力です。これが覚醒したらどうなっちゃうんだろうって思います。

西村 どうしましょう。悪魔をふたり出しちゃう?(笑)

——悪魔使いと言えば、ときどき出てくる白い天使が出てきますけど、あれがイケメン天使だとは知りませんでした。女神だと思っていました。

西村 あれはですね。姫さまのイケメンへの強い思いが具現化するんです。

——すごい設定ですね。

2周年の祭りはまだまだ続きます

——11月は2周年記念のイベントがたくさんあって、逆に12月以降はさびしくなりそうですね。

西村 そんなことないですよ。12月はいままでと一風変わったコラボも行います。

齋藤 その他にも12月は12月でいろいろ考えていますよ。昨年の夏から新しいイベントを走らせてきたんですけど、刷新しようという計画があります。そのために4姉妹を絡めたイベントや、いままで聞いたことのないタイトルのイベントが登場します。これが12月からどんどん始まります。

——なるほど、アラカルテットは2周年記念の中で登場したけれど、お披露目的な意味合いだったと。今後どんどん出て来るよと。

西村 だからプロローグに出したんです。4姉妹をメインに据えると、最後のところでボス登場に絡めていかなくちゃいけない。それだけじゃなくて、今後の広がりを展開するために、あえて2周年そのものではなく、プロローグで登場させました。

——来年のお正月イベントはまた違った形になるんですね。除夜の鐘はまた違った形になる。

西村 年末年始はユーザーさんにとって大きなイベントだと思うので、こちらとしてもいっぱい遊んでもらえるような仕掛けを作っていきたいなと。年明けから2015年前半までは、隔月で大きい企画、もちろん毎月のイベントもある、という形で予定を立てています。2周年がピークではなく、2周年のピークを持続させていくと。

——周年イベントというと、そのときだけ盛り上がって、あとはさびしくなる印象ですけど、『ケリ姫スイーツ』は違うんですね。

西村 ここが始まりだと思っていただきたいなと。

——なるほど、それでイベントの4章が”来る希望”。

西村 そうです。希望です。

新ステージ&新メンバー最新情報

齋藤 先日のユーザーアンケートで、いちばんユーザーが望んでいることが新ステージの実装だったんです。開発の態勢としても、開発のスピードを上げていこうということで、新ステージに着手しています。ステージ名は”浮遊城(仮)”です。

stage-01
stage-02

——スイーツは何になるんだろう。

西村 メレンゲっていう候補があったのだけど、NGにしました。わたあめと被るってことで(笑)。

齋藤 古代都市っぽいイメージです。浮遊城かな。

——○○浮遊城……。うーん。

西村 これはバトルの背景なんですけど、ステージマップができるとだいたい構想が固まってきます。

stage-03
stage-04

——まだ決まってないのですね。

西村 いえ……ほぼ決まっています。

——うーん、洋菓子か和菓子。西洋の雰囲気だから洋菓子ですねきっと。

西村 和菓子、洋館……羊羹浮遊城とか(笑)。

——そういえば、そろそろお菓子メーカーとタイアップがあってもいいですよね。

西村 お菓子メーカーさんとはコラボしたいんです。以前、ミニストップさんとドーナツをやりましたね。またやりたいなあと思ってます。ただし、けっこう時間がかかるんですよ。

——食べ物ですしね。

西村 来年の前半は大きいイベントがボンボンとありますので、その後に、新たにお菓子とのコラボだったりできれば良いなあと。

——新メンバーも考えてますよね?

西村 もちろん考えています。ただプライオリティ的にどっちかというと、新しいメンバーという需要もあるんですけど、やっぱり覚醒したい。持っているけれど使わないメンバーをフィーチャーしてあげたほうが喜ばれるかなと思います。新メンバーを追加しないわけではないけれど、バランスを観ながらという感じですね。

カムバックキャンペーンにも注目

——新メンバーと言えば、必ず新メンバーを獲得できるスロットができましたね。

西村 ゴールドスロットといいます。ゴールドチケット5枚で回せて、まだ持っていないメンバーを必ずゲットできるという。

——すごい。太っ腹(笑)。でもゴールドチケットはどうすれば入手できるんですか。

齋藤 新たに”宝物庫”というイベントステージができたのですが、見かけませんでしたか?

——ありました。巨大金箱と大きな王冠の。

齋藤 あの宝箱の中に、”回帰の宝玉”と”旅の幸運の宝玉”が出てくる場合があります。”回帰の宝玉”は高確率で、”旅の幸運の宝玉”は低確率です。

——レアアイテムですね。

齋藤 それぞれの宝玉を集めると、達成報酬としてゴールドチケットがプレゼントされるんです。

——なるほど。それで5枚集めてスロットへ。

齋藤 ただし、”回帰の宝玉”でチケットをもらえる人には、条件があって、2014年10月8日(水)午前7時までにアカウントを作って、しかも2014年10月8日(水)午前5時〜11月7日(金)午前4時59分までのあいだにログインしていない人です。

——1ヵ月もログインしていないという人は、もっと前からログインしていない人のほうが多いような。

西村 そうです。そういう人に、この機会に帰ってきてもらえたらいいなあという”カムバックキャンペーン”です。

——なるほど。もうひとつ気づいたんですが、ステージに入るときに、パーティ確認の左下に緑色のチケットが表示されています。これは何ですか。

西村 それはナビゲートチケットです。これを持っていると、各バトルで必ずガイドラインが表示されます。

——ガイドラインは、ドーナツ草原に装備された、ケリ方向の目安になるラインですね。

西村 はい。それがすべてのステージで有効になります。

——カムバックプレイヤーと初心者プレイヤーの配慮も2周年イベントの隠し玉と言えそうですね。

ずっと続いていると嬉しい

——そういえば、2013年6月のインタビューの”運営重視宣言”のとき、いままでのゲームアプリは3ヵ月走らせたら成功だった。でも『ケリ姫スイーツ』は3年間やるよというお話でした。3年間経ったときに、つぎの展開を決めるというお話でした。そして2年経ちましたね。

西村 早いですね。

——決断まであと1年です。どうなりそうですか。

西村 これまでいろんなイベントやコラボをやって、新しいライバルの設定や覚醒だったりとか新メンバーとか、新しい要素があるんです。それでかなり広がりができたと思うんです。この広がりが1年で収まるかなと。あのときは”とりあえず3年”というつもりでした。

でも、2年経ってみたら、新しい広がりや、器が大きくなった。そこに入れられる要素が増えています。3周年を終わった時に、さらなる『ケリ姫スイーツ』の世界を楽しんでいただけるように準備しこうと考えています。

——もっと長く続いて、「息子よ、『ケリ姫スイーツ』を始めたか、お父さんもずっとやってるぞ」というような、息の長いタイトルになりそうですね。それこそラグナロクオンラインのような……。

西村 そうですね。親子で遊んでいただける方もいらっしゃるので、そんなゲームになりたいです。ゴールがないゲームが継続する理由は何って問われると、答えようがなかったんですね。でも「好きなマンガがずっと終わらないって状態は楽しいでしょ」と。その雰囲気にずっと浸れるので。ディズニーランドは何年経っても行きたい。ディズニーランドって、今日と半年後で中身が違って、いつ行っても新しい発見があって楽しい。そんなコンテンツを作りたいという気持ちはあります。

——長く続いていくことは嬉しいんですけど、そこでまた新しい問題があって、姫さまはずっと振られ続けちゃうのかと(笑)。

西村 ライバルの4姉妹が出てきてしまいましたから、少なくとも1年間は恋愛成就しないんじゃないかと(笑)。

——寅さんもけっきょく片思いのままでしたし(笑)。そういうお約束的なおもしろさもありですね。

西村 姫さまの幸せも考えないとだめかあ……。新しい4姉妹を出したことで、例えばですけど、4姉妹にお兄さんがいて、そこに姫が恋をしたりとか。新しいことも出していけるかなと。

——新しいメンバーの登場で、ファミ通でマンガを書いている作家さんたちが大喜びかもですね。攻略記事を書いていると、どうも最近の姫さまはイケメン探しより戦いそのものが好きになっている印象ですけれども(笑)。

snap-02

——メンバーも増えて、そろそろ王国の中でも1個師団相当の戦力として認知されているのではないか、とか。

西村 自由な姫さまなんですよね。テーマは”自由奔放な姫さま”なんです。ファンブックのインタビューでもお話ししましたけど、最近、姫さまがひとり歩きしているような感じがあるんです。4姉妹というライバルができて、新ステージができて、また自由な姫さまが観られるかなと思うと、私たちも楽しみなんですよ。

——今回のキーワードは、2周年は区切りではあり、始まりであると。

西村 スマホで、ここまでの世界観を出しているタイトルは少ないと思うので、これからもこの世界観を大事にしていきたいと思います。

齋藤 私たちは、継続コンテンツとして、飽きの来ない要素を投入して喜んでいただくのが宿命だと思っています。お客様も運営も開発もゲームといっしょ。プレイすることで進化する。お客様の成長に合わせて運営も開発も成長していくという流れでやっていきたいと思っています。

西村 みなさまに遊んでいただいて2周年を迎えられて、スタッフ一同喜んでいます。さらなる新しい遊びやストーリーの前段階として、2周年を新たな皮切りとして、新たな『ケリ姫スイーツ』を続けていきます。あ、そうだ。2周年の記念品として、LINEのスタンプを作りました。無料です。

keri-002

——自分の気持ちを姫の表情に託せるスタンプですね。無料とは嬉しい。今日はありがとうございました。

[関連記事]
『ケリ姫スイーツ』のLINEスタンプ本日よりプレゼント開始! 最新プロモビデオも公開

ケリ姫スイーツ公式ビジュアルファンブック発売中

イケメン好きで、スイーツが好きで、ちょっぴり”S”の姫さまが、お供の兵士たちと大活躍する『ケリ姫スイーツ』の公式ビジュアルファンブックが発売されました。絶賛発売中です!

03

※Amazonでの購入はこちら

※ebtenでの購入はこちら

ケリ姫4コマのバックナンバーはこちら

『ケリ姫スイーツ』のまとめサイトができました。

ケリ姫スイーツ

ジャンル
アクション、パズル
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み、Android 2.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧