1. サイトTOP>
  2. 【注目】英国発の“MYST”ライクな脱出ゲー『レイブンロックの秘密』に絶賛ハマリ中

【注目】英国発の“MYST”ライクな脱出ゲー『レイブンロックの秘密』に絶賛ハマリ中

2014-09-30 12:47 投稿

raven001

脱出ゲームはスマホで数多くリリースされている人気のジャンル。肩の凝らない暇つぶし的なものから、メモとペンを片手に頭をひねりまくるものまで多種多様。が、状況や場面設定は多様でも、一枚絵のステージを行き来したり、分かりにくい微妙な角度・隙間からアイテムをゲットしつつ、密室なり空間なりから脱出をはかるというイメージを持つ人も少なくないのではないだろうか。

そんなイメージと一線を画す脱出ゲームが、コーラス・ワールドワイドから2014年9月25日にリリースされた。『レイブンロックの秘密』は、主人公が長旅から帰った故郷“レイブンロック”を舞台に、忽然と姿を消した住民の行方や街に隠された秘密を追求、そしてその街から”脱出”をはかるという内容になっている。“無人の街”といえばコンシューマーゲームで有名な『サイレントヒル』が思い浮かぶが、本作のビジュアルはPCゲーム『MYST』のようにミステリアスかつ優美。500円の落としきりだが、はたして、その中身はどんなものだろうか?

[関連記事]
【新作】美麗な世界を探索し謎を解くアドベンチャーゲーム『レイブンロックの秘密』

探索ポイントは50超!
広大なフィールドを自由に歩き回り街の秘密をさぐる

raven002

都会を知るべく街を離れていた主人公。長旅から戻ると、そこには愛する恋人も、なつかしい家族もおらず、異様なまでに静寂が包囲している。

raven003
raven004

虫の鳴き声や水の流れがひびく街を、プレーヤーは自由に探索することになる。
画面右下の岩場に、いかにもタップしてくれという壁画。見てみると、意味ありげだがこの時点では用途不明。後々、謎解き時に必要なのだろう、メモっとこ……と通常なるが、本作では、メモが必要な情報はすべて記録され、画面右下のアイコンから確認可能だ。

raven005
raven006

メモと見比べつつ謎解きを完了すると、アイテムをゲット。アイテムを念頭に置き、周囲をじっくりと見渡してみよう。ツタがからまり、素手ではどうすることもできない扉がある。さっきのナイフで……と、思ったところで、画面左下の、アイテムボックスが点滅。ご丁寧に、アイテムの使用タイミングを教えてくれるのだ。

raven007

といった感じで、眼前に広がるフィールドとも言うべき広大な街を自由に歩き、気になったところをタップし、謎を解き、アイテムを駆使し、徐々に街の秘密を探っていく。歩を進めるたびに、画面右上のマップの記載も広がっていくので、迷ったときは、その都度チェックしよう。

指導者の行方に、占い師の目的は?
謎の多い重厚なストーリーがプレイヤーを惹きつける

raven008
raven009

イカダを漕いで、街の中心地へ。ここでもタップ操作で自由に街を動き回り、ページの一部分が破られた本、雑貨屋で服やお面などをゲットしつつ、街のシンボルとも言える寺院へ。

raven010
raven011

ここで、第一章が終了。第二章の始まり。章開始時には、主人公自身やその家族、街やその指導者に対する思いが、主人公の主観で語られる。どうやら街の指導者・メイハマールは、自身がきずき上げた巨万の富を独り占めしたかったようだ。

また、旅先に届いた母の手紙によると、ちかごろ、村には占い師が出入りするようになり、彼が起こす数々の奇跡に、メイハマールは信頼を寄せていたとのこと。この寺院の中に、メイハマールやその富、さらに占い師等に関する秘密が隠されているのだろうか?

raven012
raven013

二章、三章と、章を重ねるごとに、霧がかった景色が少しずつ鮮明になるようなストーリー展開に、筆者もついつい時間を忘れて没入してしまう。あまりくわしく紹介しすぎるとネタバレになるので控えるが、”謎解き”のみならず、プレーヤーを飽きさせないその重厚なストーリーも、本作の大きな魅力のひとつだ。

プレイヤーのやる気をそがない
工夫されたシステム面も注目

raven014
raven015

上品で洗練された謎解き要素の数々ももちろん本作の大きな魅力だが、一度詰まると、そればかりに気をとられるのが脱出ゲームの常。

raven016

しかし本作の場合は、ひとつの謎解きに一定時間頭を悩ませると、画面左下の”?”のアイコンが点滅、ヒントを提供してくれる。ゲームを中断、攻略サイトを開きと、意識がそれることもなく、ドップリと本作の世界にひたれるこのシステムに、ユーザーへの細かな寄り添いが感じられる。

また、基本的な操作面としては、いわゆる“脱出ゲーム”同様、移動もアイテム獲得も、タップが基本となるが、タップによる移動時も滑らかなアニメーションなので、さながら映像を観ているよう。効果音や自然音まで、音声もとにかくリアルなので、イヤフォン使用でのプレイをおすすめしたいというか必携だ。

童話のような世界観のパズルRPG『グリフクエスト』と打って代わって、美麗なグラフィック・世界観の中、脱出を楽しめる本作。代表のマーク・フォスター氏は、これまで20年以上に渡り、さまざまなスタジオでのアーティスト経験を有し、パズルの熱狂的なファン・作り手であるという。そんな同氏だからこそ作り得たゲームが本作と言える。

謎解きの難易度としては、初~中の下といった印象なので、脱出ゲーム初心者もとっつきやすいだろう。グラフィック、サウンド、システム、どれをとっても神経の行き渡った本作は、ゲームというよりひとつのアート作品とすら表現したくなる。500円の価値は大いにありだ。

レイブンロックの秘密

メーカー
コーラス・ワールドワイド
配信日
配信中
価格
500円[税込]
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5 に最適化されています。

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧