1. サイトTOP>
  2. 【TGS2014】人気パフォーマー じゅん☆じゅんがモノマネしながら脳トレバトル

【TGS2014】人気パフォーマー じゅん☆じゅんがモノマネしながら脳トレバトル

2014-09-21 16:39 投稿

レッツ脳トレバトル!

千葉県幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2014。一般デー2日目のCyberZブースで行われた、脳トレアプリ『BrainWars』を使ったイベントの模様をお届けしていく。

『BrainWars』とは、世界中のプレイヤーとリアルタイムでマッチングを行い、老若男女問わず楽しめる脳トレミニゲームで対戦できるアプリ。配信から3ヵ月で世界200万ダウンロードを突破し、着実に人気を得ている。


[関連記事]

※【新作】コンパでも使えるリアルタイムバトルの脳トレアプリでつい熱くなる

ところが、日本ではまだそこまでなじみがないのが正直なところ……。それもそのはず、本作は海外で人気を博していて、ユーザーの国籍比率にすると日本は約5%だというのだから驚きだ。

生みの親VSモノマネパフォーマー

今回のイベントはそんな本作で対決しちゃおう、というもの。今回対戦をするのは『BrainWars』の生みの親であり、配信を行うトランスリミット 代表取締役 高場大樹氏と、ニコニコ動画で人気の声まねパフォーマー、じゅん☆じゅんだ。

▲ニコニコ動画で人気の声まねパフォーマー、じゅん☆じゅん。
 
▲トランスリミット 代表取締役 高場大樹氏。

ステージに登場したじゅん☆じゅんは、さっそく自慢のモノマネを披露。『ちびまるこちゃん』シリーズ(永沢、藤木、山田、丸尾、ハマジ、まるこちゃん、ナレーション)と『ドラえもん』シリーズ(しずか、のびた、ジャイアン、ジャイアンのお母さん)合計で12名の声を演じ分けて、会場から拍手喝采。司会者からは「喉にボイスチェンジャーがついてるんじゃないですか!?」とお褒めの言葉をもらっていた。

一方、高場氏は司会者の「どうしていま脳トレアプリを作ろうと思ったのか?」という問いに対し、「ゲームを通じて、老若男女が遊べて、全年齢に通じたものを作りたかった。あと、子どもがずっとプレイしていても、親に怒られないもの」とその想いを語った。

どっちのほうが脳が強い?

対決は、3つのミニゲームを1セットとして勝敗を決める、通常のプレイで行うオーソドックスなルール。しかし、この日初プレイだというじゅん☆じゅんは、得意のモノマネを披露しながらのプレイを求められ……。これじゃあ初めから勝負はついたもの……。

▲1戦目は『ちびまるこちゃん』の丸尾くん、2戦目は山田くん、3戦目はハマジのモノマネを披露。会場を笑いに誘った。
▲1戦目のミニゲームはパネル足し算、2戦目はダウトカラー、3戦目はハイorロー。
▲じゅん☆じゅんは3連敗を喫したが、会場は終始笑い声に包まれていた。

結果は案の定、じゅん☆じゅんの負け(笑)。「プレイも初めてだし、モノマネやらなきゃいけないわで、どっちも中途半端になっちゃいましたね……」と反省した面持ちで試合内容を振り返った。それに対して、高場氏は「(3戦目の“ハイorロー”は)ハマジの声で困惑して普段のプレイができませんでした(笑)」と話した。

このあと今回の対戦の模様を、スマホゲーム録画共有アプリ『OPENREC(オープンレック)』の操作方法をレクチャーしながら、実際に編集を行い投稿。今回のステージイベントは終了となった。

[関連記事]

※スマホだけで高画質プレイ動画が撮影できる『OPENREC』を触ってみた

最後に、じゅん☆じゅんは「ゲーム実況もあげようかなとずっと思っていたんですけど、機材がいろいろ必要でたいへんじゃないですか。スマホひとつであげられるなんてすごい便利ですね」と言い、高場氏は「『BrainWars』もYouTubeやニコニコ動画から話題になって海外で流行り出した。なので、『OPENREC』にも非常に期待しています」と語った。

[関連記事]

※【新作】コンパでも使えるリアルタイムバトルの脳トレアプリでつい熱くなる

BrainWars(ブレインウォーズ)

メーカー
トランスリミット
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 5.1.1 以降

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧