1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. モダンコンバット5>
  4. 攻略>
  5. 【モダコン攻略】FPSのハイエンド『モダンコンバット5』はこうして遊べ

【モダコン攻略】FPSのハイエンド『モダンコンバット5』はこうして遊べ

2014-07-25 15:57 投稿

『モダンコンバット5』の攻略まとめサイトはこちら

『モダコン5』でアクション映画さながらの銃撃戦

「本当に公開されるのだろうか?」

そんな疑問を抱いていた『モダンコンバット5』がついに、ついに、ついにリリースされた! 筆者が最初にデモをプレイしたのは2013年の6月。足掛け1年以上も焦らされてきたことになる。このときを待っていた! 喜び勇んで早速プレイしたわけだが……これは待った甲斐があったと言わざるを得ない。

試遊で触れた際にも実感したことではあるが、『モダンコンバット4』で高みに到達したかに見えたリアルなグラフィックは、さらなる進化を遂げたように見える。スペック的なことは正直ちんぷんかんぷんなのだが、演出の妙とでも表現すればいいだろうか。ビル内など硬質な戦場がメインだった前作に対して、今作では水の揺らめくベニス、雷雨に煙る東京の住宅街など、より描写が難しそうな環境が舞台となっている。

▲ヴェネツィアンゴンドラが似合う穏やかな水路が戦場に変貌。
▲東京は封鎖され、一級の危険地帯へと変わり果てていた。

シーンごとのアクション演出も、ハリウッド映画顔負けのクオリティだ。例えば、フリック操作で難局を乗り切る場面。

▲銃を手放し肉弾戦で対応することも。フリック操作が要求されるので、画面から目を離すな。
▲画面が逆さになった!? どんな状況なのかはキミの目で確かめて欲しい。

一人称視点のため、息つく間もなく降り掛かる危機また危機を、主人公になった感覚で楽しむことができる。また、今作ではサブキャラクターの造型が前作よりも丁寧になった印象。主人公といっしょに戦ってくれる仲間たちのプロフィールがロード画面に表示されるので、過去シリーズよりも愛着が持てるってわけ。

▲主人公フェニックスよりもキャラが立っている仲間たち。

テロとの戦いを軸にしたストーリーには、前作に登場したある人物なども関わって段々と盛り上がりを増していく。今回は何人くらい生き残るかなぁ(笑)。興奮のままにいろいろと書き連ねてしまったが、次項ではゲーム性について触れていこう。

『モダコン』はスマホ向けFPSの最高峰

まずは『モダコン』シリーズについて軽く解説しておこう。『モダンコンバット』はスマホで遊べるFPS(一人称視点シューティング)の大人気シリーズ。シングルプレイではテロリストとの攻防が、マルチプレイでは世界中のプレイヤーとの迫力の銃撃戦が楽しめる。『モダンコンバット5』はシリーズ最新作として多くのFPSプレイヤーが期待を寄せていたビッグタイトルなのだ。

▲主観的な映像表現がFPSの最大の魅力。

ご覧の通り一人称視点なので、主人公の姿は手しか見えない。慣れないうちは戸惑うかもしれないが、自分が実際にそこにいて戦っているかのような臨場感と緊張感はFPSならでは。とくに『モダコン』はグラフィックがリアルなので、やられるとすごく悔しい(笑)。

操作はバーチャルパッドと、画面上のアイコンを使用して行う。

▲画面左下、四方に三角のついたバーチャルパッドをスライドさせて移動する。画面右半分をスワイプすると照準操作。

射撃、しゃがむなどのアクションは各種アイコンで行う。アイコンの見た目だけで何が起こるのかわかると思うが、序盤のミッションが操作のチュートリアルも兼ねているので、しっかりと学ぶことができるぞ。ちなみに、画面右上の武器アイコンをタップすると弾切れ前にリロードできる。チュートリアルでは教えてくれないので覚えておこう。

前作からの大きな変更点は、スプリントアイコンの廃止だろうか。今作からはバーチャルパッドをスライドするだけで走ってくれるようになった。

なお、インターフェースはオプションから変更できる。需要があるかは不明だが、オートスプリントをOFFにすれば、おなじみのスプリントアイコンを復活させることも可能!

こちらもオプションから設定できるのだが、おもしろいのはジャイロ機能を使った視点操作。これを使うと端末を傾けることで視点を操作できるので、より直感的な銃撃戦を楽しめる。まぁ、難易度は劇的に跳ね上がるけれど(笑)。

初心者向けに照準のアシスト機能なども用意されているので、慣れないうちは一通りのアシストをONにするのも手だ。

▲アシスト機能はマルチプレイでは無効なので注意。

慣れるまではメインミッションやサブミッションのシングルプレイで腕を磨きながら経験値を稼ぎ、武装の強化を図るのがオススメ。

成長要素あり! 4つのクラスで戦場を支配せよ

今作には4つのソルジャークラスが用意されていて、プレイヤーのレベルに応じてアンロックされていく。それぞれ得意分野が異なるため、ミッションに合わせて使い分けるのが初心者脱却の第一歩となるだろう。

RECON

▲近~中距離戦が得意。素早さと索敵能力はピカイチ。メインは“サブマシンガン”、サブは“ハンドガン”。

ASSAULT

▲ASSAULT:中距離戦が得意。攻撃力と弾薬携行量に優れる。メインは“アサルトライフル”、サブは“ハンドガン”。

HEAVY

▲近距離戦が得意。多人数相手の殲滅力と耐久力に優れる。メインは“ショットガン”、サブは“グレネードランチャー”or“RPG”。

SNIPER

▲中~遠距離戦が得意。隠密性と射撃の精密さに優れる。メインは“スナイパーライフル”、サブは“ハンドガン”。

ミッションで経験値を貯めてプレイヤーのレベルが上がると、SPが入手できる。これはクラスごとのスキルを取得するのに必要なポイントで、各クラス間で共有となっている。そのため、“ヘビー”でポイントを貯めて“スナイパー”に注ぐなんて育て方も可能だ。

武器は“アサルトライフル”、“ハンドガン”などの種別ごとに経験値が入る仕組みで、使い込むと同ジャンルの武器やアタッチメントを入手できる。育てる順番は自由なので、気に入った武器を一点強化してもいいし、満遍なく強化することもできるぞ。

クレバーな育て方もある。例えば、“ハンドガン”は“リーコン”、“アサルト”、“スナイパー”の共通サブウェポン。そのため、“ハンドガン”を鍛える=3クラスを同時に強化したも同然! まぁ、所詮は“ハンドガン”なので、各クラスのメインウェポンと比べてしまうと性能はお察しだが……。

戦闘スタイルはもちろん、この辺りの成長要素にもプレイヤーの個性が発揮できるというのは注目したいポイントだ。

▲アタッチメントの組み合わせで性能は変わる。能力が下がるものもあるので、自分のプレイスタイルに合わせて選択しよう。

『モダンコンバット5』にはメインミッション、サブミッション、マルチプレイなどさまざまな要素が盛り込まれているが、育てたソルジャーや武器は各モード共通で使用できる。10レベルまで上げれば4クラスとも解放されるので、まずは一通りのクラスをいじってみて、自分なりの成長戦略を立ててみるといいだろう。メインで使うクラスが決まったら、マルチプレイにも挑んでみては?

次回はマルチプレイを紹介予定。もし戦場で遭ったらお手柔らかに!

『モダンコンバット5』の攻略まとめサイトはこちら

モダンコンバット5:Blackout

ジャンル
FPS
メーカー
ゲームロフト
配信日
配信中
価格
700円
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み。Android 4.0 以上。

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧