1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンポーカー>
  4. スペシャルダンジョン>
  5. 不死の海賊団>
  6. 【ドラポ部】これがガチ勢の本気 “Sレア縛り”竜級プレイ動画

【ドラポ部】これがガチ勢の本気 “Sレア縛り”竜級プレイ動画

2014-06-26 19:13 投稿

『ドラポ』の公式画集&攻略冊子
Art Work of DRAGON POKER
好評発売中
★Amazonでの購入はこちら!

どこまでできるのか

ドラポ部部長のもとに、突如フレンドからメッセージが届いた。

その内容を要約すると、「いまは神級でも攻略しがいがない」、「初期のリノ鬼級のような達成感を味わいたい」というものだった。

一理あるな、と。正直、そう思った。

そこで飛び出したのが、「Sレアだけでどこまで戦えるのか」という提案である。何度かお伝えしている通り、もともとM気質強めの部長。リアルで縛られるのは御免ながら、ゲームで縛られるのはやぶさかではない。

部長のトーチ火草は、静かに熱を帯びる。

やるなら本気で

いまの状況ならば、子分用に育てたカードを使えば、Sレアデッキを組むことはそう難しいことではない。

しかし、ガチ勢は違った。しっかりと育成をして、ソレ用のデッキを組んで挑戦したいと言うのだ。

ならば、部長も本気で臨まなければなるまい。決行までに2週間の育成期間を設けてメンバーを召集。満を持しての挑戦と相成った。

▲仕上げたデッキはこんな感じ。メンバー全員、総戦闘力は5万前後に落ち着く。

最近のイベント限定Sレアは、多段スキル持ちやパラメータが高いカードが多い。ただし、子分としては需要が低いため、今回はほかの何よりも優先してイチから育て上げた。

▲断腸の思いでSSフェアリーをぶち込む。なぜか涙がこみ上げる。

育ててみて驚いたのが、以下の2体の攻撃パラメータが1000を超えること。

ファラオコブラ
MAXパラメータ
HP:647
攻撃:1079
防御:431
コスト:17
種族:なし
スキル:鋭い牙
敵に咬属性のダメージを与え、確率で毒状態にする
子分スキル:エジプトガード
親分がファラオ、バステトのとき、被ダメージ3%軽減
シーマンモンキー
MAXパラメータ
HP:539
攻撃:1035
防御:582
コスト:17
種族:なし
スキル:ダブルスラッシュ
敵に斬属性のダメージを2回与える
子分スキル:下っ端の意地
親分がアンデッドのとき、与ダメージ10%UP

一方で、3段多段の咬スキルに期待していたメタルクラブは完全なHP特化型だったw

メタルクラブ
MAXパラメータ
HP:1089
攻撃:485
防御:582
コスト:17
種族:なし
スキル:ビッグシザー
敵に咬属性のダメージを3回与える
子分スキル:ガードUPDATE
親分がロボットのとき、被ダメージ3%軽減

今回挑戦する“不死の海賊団”の特効となる咬スキル持ちのファラオが、どれくらいのダメージを出せるのかは予想も付かない。

というか、すべてが未知の領域。いったいどんな戦いになるのか……刮目せよ。

◆ルール◆
・“不死の海賊団”竜級
・初期段階がS以下のカードのみを使用
・子分に使用するカードは制限なし


※http://youtu.be/GJUCMeSnwag

寸評

まず感じたのが、想像以上の火力の低さ(笑)。基礎攻撃力が低いカードだと、まともにダメージが通らないため、強カードや合体スキルに頼らざるを得なかった。

▲Sレアの合体スキル持ちはこの3体。当然子分は惜しみなく配置した。

効果的に働いたのは、道中のアクアシルキー全体化での攻防アップと、エントの超合体“長寿の知恵”(全体予防接種)。これがなければ戦いはさらに厳しくなっていたはず。

ただ、惜しむらくは、ノーコンティニュークリアできなかったこと。リトライできればいけそうな空気もあったものの、挑戦するチャンスが3回しかなく、再度集まれそうにもなかったため、今回はこれにて断念。またつぎのスペシャルダンジョンでは、竜級ノーコンティニュー達成を目指したいところ。

最後にお伝えしておきたいのは、「総戦闘力5万あれば竜級イケるんだ!」という間違った思考を持たないことと、「つぎはR以下よろ」というムチャな要望を出さないこと。そして、部長からは「複数デッキ保存よろ」ということである。

(ドラポ部部長)

『ドラポ』のアイテムも付いてくる!
ファミ通App NO.016 iPhone
好評発売中

★Amazonでの購入はこちら!

ドラゴンポーカー

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、Andoroid 2.3.3 以上(一部機種は未対応の可能性があります)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧