1. サイトTOP>
  2. 【E3 2014】インディーゲームアプリ『Bounden』はコンパの必須アプリに!?

【E3 2014】インディーゲームアプリ『Bounden』はコンパの必須アプリに!?

2014-06-13 15:27 投稿

NEXT ツイスターゲーム?

2014年6月10日~12日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2014”。

コンソール、PC、モバイルといった毎年10月に開催されるインディーゲームの祭典“IndieCade Festival”の団体が出展するIndieCadeブースがSOUTHホールの一角にある。

そこで見つけたインディースマホアプリのひとつが『Bounden』だ。

初めてブースに訪れた際に、若い男女のカップルがひとつのスマホをお互いに持ち合って、腕を上げたり、体をひねったり、ときにはお互いの肌が触れ合ったり……、楽しそうに体を動かしているではないか。アメリカのスキンシップと考えても、これは正直やりすぎ(笑)。俗にいう、これがカルチャーショックってやつ?


※ファミ通AppのYouTubeチャンネルはこちら

※ファミ通AppのTwitterはこちら

話を聞いてみると、それこそがインディースマホアプリ『Bounden』のプレイスタイルなのだ。

ゲームの内容は、二人でひとつのスマホをつまんで、球体の中心にある白いアイコンを回転させて、サークルに重ねて遊ぶというもの。この回転させるときにスマホのジャイロセンサーを利用しているため、腕を上げたり、体をクルクルと回転させたりすることになるのだ。

 
▲プレイ中はもちろんこの親指を離してしまうとゲームは進まない。
▲ゲームを進めていくと、どんどんステージの難易度は上がっていく。

なんともインディーゲームらしいアイデア勝負のアプリに心が踊る。このアプリは、ツイスターゲームのような、気軽に男女のコミュニケーションが図れて、日本のコンパ事情でも活躍しそう(笑)。

そこで開発者の方に、なぜこのようなアプリを作ったのか聞いてみると、「ゲームの中身なんかどうでもいい。二人のコミュニケーションが大事なんだ」と熱く語ってくれた。うん、ごもっとも(笑)。

しかもなんと、この話を聞いた当日から日本でのiPhone版を配信開始したとのこと! 2週間後にはAndroid版も配信予定だそうだ。

縁深いこのアプリ、ぜひとも日本に戻ってコンパで使ってみたい!(笑)

Bounden

メーカー
Game Oven
配信日
Android版の配信予定は2週間後。
価格
400円[税込]
対応機種
iOS 6.1 以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧