1. サイトTOP>
  2. 隊長となって女子高生を調教… 『メテオスクールガール』の正しい遊び方

隊長となって女子高生を調教… 『メテオスクールガール』の正しい遊び方

2014-06-11 18:00 投稿

俺が女子高生の隊長……!?

日本全国の隊長候補生諸君、本日配信開始された『メテオスクールガール』(以下、メテスク)をもうプレイしただろうか? 記事タイトルを見て、思わずクリックしてしまった人は……このドスケベ野郎!!(笑) いまから紹介する『メテスク』はいたって純粋なスマホゲームですからね!

※『メテオスクールガール』へのアクセスはこちら

[関連記事]

※女子高生に「隊長」と呼ばれたい人集合!『メテオスクールガール』配信迫る

本作は、“スターピース”の力を宿した女子高生たちと地球の平和を脅かす“シャドウ”との戦いを描いた作品。女子高生たちは、星の祈りによって精霊(スターピース)を身に纏う能力を持つため、スターピースでしか倒せないシャドウ撃退の任務を背負うことに。そこで、隊長となってプレイヤーが彼女たちを調教していくわけだ。

ここでは、『メテオスクールガール』の基本的なゲームサイクルとなる、“ミッション”や“グランドシャドウ戦”、“スターチャート”のシステムについて紹介していくぞ。

最初のヒロイン選択は好みでOK!

ゲームを始めると神崎教官によるチュートリアルが始まり、ヒロイン選択をすることになる。今作に登場する4人のヒロインは、それぞれ得意分野が異なる。

双月マナ:剣技に優れる
結城冬花:射撃に優れる
柚希ゆず:格闘に優れる
一条つぐみ:魔法に優れる
(残念ながら、泣きぼくろの素敵な神崎教官は選べない……)

各ヒロインとも得意分野に対する適性が成長しやすいので、相性のよい“スターピース”を装備させると長所を活かせる。でも、この段階でむずかしく考える必要はない。たとえば、格闘メインで戦いたいから柚希ゆずを選んだとしても、実用に足る格闘のスターピースが都合よく手に入るとは限らないからだ。

選択したヒロインはゲーム中にいつでも変更できるので、ここではとりあえずお気に入りのヒロインを選んでおけばいいだろう。手に入れた“スターピース”に応じてヒロインを選択するのもひとつの手である。

▲メニュー内のライブラリから、ヒロインのより詳細なデータを確認できる。推しメン選びの参考にどうぞ!

パートナー選択が済むと、教官から“ミッション”“グランドシャドウ戦”“スターチャート”のイロハを叩き込まれる。この3つが『メテオスクールガール』の3本柱と言っても過言ではない。

ミッション:小型シャドウとの連戦(クエスト)
グランドシャドウ戦:全国のプレイヤー VS グランドシャドウ(レイドボスバトル)
スターチャート:ストーリー進行とヒロインの成長を兼ねた成長ツリー

強力な“シャドウ”を撃破するには“スターチャート”の進行、つまりヒロインたちとの交流が不可欠だし、“スターチャート”の進行には“シャドウ”を倒すことで手に入るポイントが必要。つまり、どちらが欠けても成り立たないので、バランスよくこなしていく必要がある。戦うためにイチャイチャするのか、イチャイチャするために戦うのか……「隊長は恋(?)に仕事に大忙し!」ということだ。では、それぞれのポイントを解説しよう。

“ミッション”では“シャドウ”の弱点を突け!

ミッションではパートナーとして選んだヒロインが“シャドウ”との連戦を繰り広げる。彼女たちは、デッキに登録した複数の“スターピース”から力を借りて戦うのだが、攻撃に使用する“スターピース”に応じて、ちびキャラの装備も瞬時に切り替わるのが特徴。ミッションでは6枚までの“スターピース”で構成されるデッキが必要なので、事前に組んでおこう。また、ほかのプレイヤーの“スターピース”を1枚だけ借りて助っ人として使用することが可能だ。最も重要なのは“スターピース”の武器としてのタイプと属性。ヒロインの適性値に応じて威力に補正がかかるぞ。

▲ミッション開始前に出現する“シャドウ”の傾向が把握できるので、弱点を突いたデッキで挑むほうが無難。

“シャドウ”とのバトルではデッキ内の“スターピース”が3枚表示される。力を借りたい“スターピース”をタップしてヒロインに適切な指示を与えよう。すぐさま“シャドウ”に攻撃を加えてくれるぞ。使用した“スターピース”は別の“スターピース”が補充されたあと、ターンが経過すれば再び表示される。助っ人の“スターピース”はいつでも使用可能な代わりに、1ミッション1回しか力を借りることができない。使いどころが肝心だ。

“シャドウ”には“弱点武器”と“弱点属性”がある。そのどちらかを突けば大ダメージが、両方を突けば特大ダメージが与えられる。ミッションボスの弱点は毎ターン切り替わるので、臨機応変に判断して行動したい。

▲WEAK POINT欄左のアイコンのシルエットと色で弱点が判断できる。この場合は“射撃”と“水”が弱点だ。

“シャドウ”はサンドバッグではない。敵の弱点表記はそのままカウントになっていて、弱点アイコンがゼロになると反撃を仕掛けてくるぞ。

▲反撃を受けるとヒロインの頭上に表示されたハート(ライフ)が減り、“シャドウ”の弱点アイコンが3つ補充される。

3回攻撃を受けるとライフが尽きて、ミッションは失敗となる。つまり、どれだけ“シャドウ”の弱点を突いた攻撃を連発できるかがミッションクリアーのカギとなるのだ。この戦闘は軽快でテンポもよく、“スターピース”を切り替えるたびにヒロインの姿が変わるため、見ていて非常に楽しいものに仕上がっている。ボタンをタップすると結果が表示されるだけのポチポチゲーに飽きた人にこそ体験して欲しい。

ちなみに、“ミッション”に挑むにはAPが必要。時間経過で回復(3分ごとに1ポイント)するほか、“APチョコMAX”という消費アイテムを使うことで一気に回復することもできるぞ。

“グランドシャドウ”との死闘、“スターピース”の力を解放せよ!

“グランドシャドウ”とのバトルは“ミッション”とは違ったシステムで行われる。まず、APさえあればいつでも挑戦できる“ミッション”とは違って、“グランドシャドウ戦”は“グランドシャドウ”が出現している特定のタイミングでしか挑むことができない。多くの褒賞を獲得できるチャンスなので逃さないようにしよう。

▲開始時に難易度を選択可能。難しいほど多くの褒賞が期待できる。

“グランドシャドウ戦”ではTPというポイントを消費して行動する。通常攻撃を繰り出すべきか、デッキ内“スターピース”の強力なスキルを使うべきか、状況を見極めて戦おう。

▲前哨戦としてザコ“シャドウ”との戦いもあり。複数体に攻撃可能なスキルで一掃せよ!
 
▲“グランドシャドウ”は強力無比。最強のスキルを叩き込め!

なお、“グランドシャドウ戦”には時間制限があるので、逃がさずに畳み掛けたいところだ。TPが尽きた場合は消費アイテムの“TPキャンディMAX”を使用すれば回復することができる。

 
▲“グランドシャドウ戦”では“スターピース”の力がものを言う。強化合成でコツコツと強化しておきたい。

“スターチャート”で紡ぐヒロインとの物語

“ミッション”や“グランドシャドウ戦”で“チャートpt”や“チャートキー”を手に入れたら、“スターチャート”を進めてヒロインを強化しよう。“ストーリー”や“ボイス”の解放も“スターチャート”から行える。

 
▲“チャートpt”と引き換えに射撃適性を強化した。
▲本のアイコンは“ストーリー”解放、マイクのアイコンは“ボイス”解放だ。

“スターチャート”にはロックされたルートも存在。こちらは“チャートキー”という専用アイテムを使うことで解放することができる

▲錠前のアイコンがロック箇所。“チャートpt”ではなく“チャートキー”を消費して解放する仕組み。

ちなみに、“スターチャート”はヒロインごとに用意されているが、“チャートpt”と“チャートキー”は全ヒロインで共有している。成長したヒロインを使って“ミッション”や“グランドシャドウ戦”をこなし、育っていないヒロインに注ぎ込んでやる方法もあるので、覚えておくといいだろう。

▲それぞれの“スターチャート”には各ヒロインの得意分野の適性強化が多いようだ。

“スターチャート”にはアイテムが入手できるマスも存在する。また、マスを解放していくことで各ヒロインの信頼レベルが上がると、これまたアイテムが手に入る仕組みだ。後半のマスほど解放に多くの“チャートpt”が必要になるので、最初はひとりのヒロインに固執するよりも、満遍なく解放してアイテムを集めてみるほうがいいだろう。興味がなかったヒロインの意外な一面を知れば、推し変もあるかも?

ここまでゲームを進めるうえで、三本柱となるゲームシステムを紹介してきた。前述の通り、スターチャートの進行とシャドウ討伐時のポイントはどちらが欠けても成り立たないので、3つをバランスよく進めていって立派な一人前の隊長になってほしい。グランドシャドウ戦は、プレイヤーに合わせた難易度が選べるほかに、ひとりでもほかのプレイヤーとマッチングして参加可能なので、気軽に参加してみよう。

※『メテオスクールガール』へのアクセスはこちら

[関連記事]

※女子高生に「隊長」と呼ばれたい人集合!『メテオスクールガール』配信迫る

メテオスクールガール

メーカー
グリー / スーパーアプリ
価格
無料(アイテム課金制)
対応機種
iOS 7.0 以降、Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧