1. サイトTOP>
  2. 日本語版プロデューサーが投打のコツを動画で解説!『MLBパーフェクトイニング』

日本語版プロデューサーが投打のコツを動画で解説!『MLBパーフェクトイニング』

2014-05-30 14:00 投稿

[関連記事]
【新作】リアルでガチな本場のベースボールに酔いしれろ!『MLBパーフェクトイニング』
【新作】日本人メジャーリーガーも登場『MLBパーフェクトイニング』配信開始
【事前登録】メジャーリーガーが実名で登場!『MLB Perfect Inning』配信決定

日本語版プロデューサーが語る投打のコツ

日本人トップ選手の進出や、プロ野球で名を馳せた選手の活躍(※1)で、人気高まるアメリカ・メジャーリーグ。この野球の最高峰を舞台にした野球ゲームアプリ、『MLB Perfect Inning(MLBパーフェクトイニング)』がゲームヴィルより配信中だ。圧倒的に“リアル”なビジュアルや演出、コースやタイミングの駆け引きが問われる本格派の操作性が楽しめる。

今回は、“本格派”との呼び声高い操作をマスターするためのコツを、日本語版プロデューサーである森田夏海氏に解説していただいた。森田氏みずからの操作による動画も併せて公開しているので、解説と合わせてプレイの参考にしてほしい。

※1 最近では、前楽天ゴールデンイーグルスのケーシー・マギー選手(現マイアミ・マーリンズ)の活躍が記憶に新しい。

▲日本語版プロデューサー、ゲームヴィルジャパン株式会社の森田夏海氏。

バッティングのコツ:
好球必打は赤いゲージが目印

——すごく漠然とした質問なのですが、どうやったらヒットが打てるようになるのでしょうか?

森田 ポイントは3つあります。

・捕球地点が赤色のマークで表示される“NORMAL(ノーマル)”投球を狙う
・ボール球、もしくはストライクゾーンぎりぎりの球は打っても凡打になりやすいので狙わない
・ボールの少し上側を打つようにする

この3点を心がけていれば、だいぶ打ちやすくなるはずです。といっても、言葉で説明するだけではわかりづらいですよね。まずは、下の動画を観てください。

——ひとつ目のポイントの、“ノーマル”投球というのは?

森田 投球時に、カーソルを合わせるタイミングによって“PERFECT(パーフェクト)”とか“GOOD(グッド)”といった判定が出ますよね? じつは、コンピューターの投球でも、プレイヤーと同じように球によって判定があるんです。そのうち、“ノーマル”や“BAD(バッド)”の判定の場合は、どのコースに球が来るか表示されるようになっています。

——なるほど、そうだったんですね。でも、狙えるほど何球も来るのでしょうか?

森田 根気よく待っていれば、1打席中に数球来るはずです。難易度が高くてもけっこう来ますよ。

——コースやタイミングはどうやって判断すればいいのでしょうか?

森田 コースについては、打つ前に表示されるストライクゾーンを目に焼き付けておいたり、何度も試合をして体で覚えてください。ストライクゾーンはやや広めに設定されていますが、すぐ慣れると思います。

裏を返せば、最初からボールになる球はかなり大きく外れているので、赤色のカーソルが出ていなくてもわかりやすいんですよ。タイミングは、動画にあるようにホームベースに到達するよりも気持ち早めにタップすることがポイントです。多少早くてもファウルになるので、遅く振るよりもリスクは少ないんです。

——最後の、ボールの少し上側を打つというのは……?

森田 ボールの上を打つことで、打球が転がりやすくなるんです。転がれば、飛んだコースさえよければヒットになるので、より確実に攻撃ができるというわけです。最初のうちはヒット狙いを心がけるようにして、タイミングを掴んできたら芯に当ててホームラン狙いをしてみるといいと思います。

ピッチングのコツ:
高めの落ちる球で三振の山

——続いてはピッチングのコツをお聞きしたいのですが、三振を取るにはどうしたらいいのでしょうか? そもそも、空振りをあまりしてもらえないのですが……。

森田 こちらもポイントを説明しましょう。

・GOOD以上の判定を安定して出せるようにする
・基本は外角、内角のきわどいボールでカウントを稼ぐ
・ボールからストライクになる球が有効
・決め球は高めのボールからストライクになる変化球

——内、外の投げ分けは、リアル系野球ゲームではよくある定跡ですよね。でも、コースを狙おうとすると決まって外れてしまうような気がするのですが。

森田 コントロールは投手の“制球”の数値に影響されるので、制球の値がmaxでないと狙ったところに投げるのはなかなか難しいです。ぎりぎりを狙うのではなく、9分割されているストライクゾーンの、マスの真ん中を狙って投げると、うまく投げ分けができると思います。

——なるほど。ボヤキで有名な元監督も使っていましたしね(※2)!

森田 コースを突いたうえで、GOOD以上の判定で投げられれば、打ち込まれる危険性はぐっと下がるはずですよ。

——変化球は、ストライクからボールになる球ではなく、反対にボールからストライクになる球が有効なんですね?

森田 日本でも有名な某野球ゲームと違って、ストライクゾーンぎりぎりのコースを突いたり、ストライクからボールになる球を投げても、本作のバッターはあまり空振りしないようになっています。

逆に、ボールからストライクになる球が効果的なんです。とくに、ストライクゾーンの上から落ちる変化球を投げると、かなりの確率で空振りしてくれますよ。ただ、続けると打たれてしまうので、決め球に使うといいでしょう。

※2 通称“ノムラスコープ”。配球を予測したり、解説するためにストライクゾーンを9分割して表示させたこのシステムは、いまや野球中継には欠かせないものとなっている。

“チャンスプレイ”や“攻撃プレイ”を有効に使え

——ほかにも聞きたいことがあります。“自動プレイ”で試合を進めると、かなり勝率が悪いような気がするのですが……。どうにかならないのでしょうか?

森田 自動プレイでは、投手の能力がカギを握ります。シルバー以上の選手を揃えて、鍛えることで失点を大幅に減らすことができます。シルバーの投手を揃えるためには、とにかく“ドラフトチケット”でドラフトをしましょう。とくに、ドラフトチケットはログインボーナスで毎日3枚ずつもらえますし、ゲーム内通貨のゴールドでも購入できますよ。

▲ログインボーナスは、メイン画面の左上にあるアイコンを選択し、“デイリーミッション”のタブをタップすることで入手できる。受け取らないまま翌日になると、重複せずに消えてしまうので、忘れずに受け取っておこう。

——選手を揃える以外に、何か対策はないのでしょうか?

森田 もちろん、あります。じつは、試合開始直前の画面で、試合中の“モード切り替え”ができるようになっているんです。通常だと“手動プレイ”になっているのですが、得点圏にランナーが進んだときのみ打撃or投球を行う“チャンスプレイ”、攻撃だけ行う“攻撃プレイ”、すべてを自動で行う“自動プレイ”を選ぶことが可能です。

操作に慣れている方は、チャンスとピンチの場合に手動プレイに切り替わる“チャンスプレイ”で試合をすれば、勝てる確率がアップすると思います。

▲この画面の右下にあるボタンを押すと、モードが切り替えられるようになっている。
▲自分のプレイスタイルに合ったモードを選ぼう。コンピューターの操作が心もとないという人は、“チャンスプレイ”がオススメだ。

[関連記事]
【新作】リアルでガチな本場のベースボールに酔いしれろ!『MLBパーフェクトイニング』
【新作】日本人メジャーリーガーも登場『MLBパーフェクトイニング』配信開始
【事前登録】メジャーリーガーが実名で登場!『MLB Perfect Inning』配信決定

MLB Perfect Inning(MLBパーフェクトイニング)

メーカー
GAMEVIL Inc.
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS 5.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み。Android 2.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧