1. サイトTOP>
  2. 『ジョジョ SS』”ジョジョクロニクル”で承太郎やジョナサンたちの冒険を追体験ッ!

『ジョジョ SS』”ジョジョクロニクル”で承太郎やジョナサンたちの冒険を追体験ッ!

2014-04-17 12:00 投稿

『ジョジョ』のストーリーを体験

“ジョジョクロニクル”とは、『ジョジョの奇妙な冒険』の第1部から第3部までのストーリーを追体験できる特殊ステージのこと。“スターダストアドベンチャー”を進めると出現し、通常とは異なるストーリー形式のバトルを楽しめる。出現したバトルをすべてクリアーすると、その後“ジョジョクロニクル”に追加されていつでも遊べるようになるぞ。

ちなみに、特殊ステージはTVアニメをもとに構成されており、重要な部分ではイベントが挿入される。これでストーリーの流れを追うことはできるが、詳細を知りたい人はぜひオリジナルのアニメを見てほしい。オリジナルは第1部が全9話、第2部が全17話で、第3部は現在放映中だ。

ジョジョクロニクルに収録される特殊ステージ

第1部:ファントムブラッド(主人公:ジョナサン・ジョースター)
第2部:戦闘潮流(主人公:ジョセフ・ジョースター)
第3部:スターダストクルセイダース(主人公:空条承太郎)

▲“スターダストアドベンチャー”を特定の場所まで進めると、特殊ステージが出現。特殊ステージも通常のステージと同じく、複数のバトルで構成されている。
▲ステージ開始後は主人公が自動的に歩き出し、敵と遭遇するとバトルが開始される。バトル部分は通常のステージと同じだ。
▲重要な部分ではシナリオタイトルが表示され、カットインで会話イベントが挿入される。これを見ると、敵味方のメダルへの愛着がさらに高まるはず。

第3部も期間限定ステージでプレイ可能ッ!

“ジョジョクロニクル”には第3部まであると述べたが、2014年4月11日現在、収録されるのは第1部と第2部のみ。現在TVアニメで放映されている第3部は、オンエアーからしばらく経ったあとに収録されるようだ。しかし、4月11日から4月25日の期間限定で、第3部の第1話をプレイできるので安心してほしい。

プレイできるのは“スペシャル”の“空条承太郎”というステージ。ここには5つのバトルが用意されており、“ジョジョクロニクル”と同じ形式の特殊ステージとなっている。しかも、後述する“ドロップコンプ報酬”で、限定R・空条承太郎を入手できるのだ。バトル自体はそれほど難しくないので、この機会にぜひ限定メダルを手に入れよう。

日本人の高校生、空条承太郎を主人公とした第3部。第1話は悪霊(スタンド)に取りつかれたと思い込んでいる承太郎を、第2部の主人公ジョセフ・ジョースターが牢屋から出す話となっている。今後どのような形でプレイできるのかは未定だが、本作でもTVアニメと並行して楽しめるはずだ。

ドロップコンプ報酬で限定R・空条承太郎を手に入れろッ!!!

“ドロップコンプ報酬”は、ステージ内のすべてのバトルで決められたメダルを手に入れるともらえる。通常のステージでは“スターダストリング”をもらえるが、“スペシャル”の“空条承太郎”では、限定R・空条承太郎(アニメキービジュアルバージョン)が手に入る。しかも、2014年4月11日から5月1日AM3時59分まで、ログインするだけで同じメダルをもらうことができる。同じメダルを持っていると、メダル同士が自動で合成され、メダルのステータスが強化される”魂の覚醒”が起こる。つまり、両方手に入れると“魂の覚醒”でより強力なメダルとなるのだ。以下に“ドロップコンプ報酬”をもらうために必要な情報をまとめておいたので、プレイする際の参考にしてほしい。

空条承太郎ステージのデータ

バトルバトル名ドロップコンプ対称の敵メダル
1檻の中のJOJO
スタミナ5/階層3
ストレイツォ
2祖父と孫
スタミナ5/階層3
ウィル・A・ツェペリ
3悪霊使いvs悪霊使い
スタミナ6/階層3
ロバート・E・O・スピードワゴン
4スタンド
スタミナ7/階層3
ブラフォード
5星のアザを持つ男
スタミナ8/階層5
ウィル・A・ツェペリ
▲各バトルで決められた敵メダルを入手すると、ひとつずつロックが解除される。2014年4月11日に調査したところ、通常のステージより敵メダルが入手しやすく、1~5回のプレイですべて入手できたぞ。
▲すべての敵メダルを集めると、報酬の限定R・空条承太郎が手に入る。ログイン報酬で同じメダルを所持していたので、その場で“魂の覚醒”が発生した。

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ

メーカー
バンダイナムコゲームス
配信日
配信中
価格
ダウンロード無料 一部アイテム課金
対応機種
iOS 5.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み Android 4.0.0以上推奨

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧