1. サイトTOP>
  2. 【BitSummit】Mutations Studioの新作『WORLD WAR TITAN FRONT LINE』はゲーマーの心をくすぐる”ガチのインディーゲーム”だった

【BitSummit】Mutations Studioの新作『WORLD WAR TITAN FRONT LINE』はゲーマーの心をくすぐる”ガチのインディーゲーム”だった

2014-03-07 18:00 投稿

新たな時代の幕開けと言っても過言ではない

※画面は開発中のものです。

桑田一生氏が新たな動きを見せた。

同氏は自らが代表取締役を務める“Mutations Studio”を設立以降、独立後初のタイトルとしては斜め上をいき過ぎている『にしこくん 瓦RUN!』。GMOと手を組んで開発されたタクティカルRPG『流線系エンカウンター』。往年のダンジョンRPGを彷彿とさせる『蒸気演算』など順当にタイトルをリリースしている。

そのいずれもが大きなインパクトを我々に残してきたが、先日発表された新作『WORLD WAR TITAN FRONT LINE』のビジュアルをはじめて見たとき、それらを凌駕する圧倒的な存在感を感じた。

グロテスクな様相でありながらも心惹かれる“巨人”、ガスマスクをつけたユニークな姿の“人間”、それらすべてが昨今のスマートフォンゲーム市場で配信されているものとは一線を画していたからだ。また、ありそうでなかったスマートフォンゲームでMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)型のリアルタイムストラテジーをやっているというのも興味をそそる。

そんな今作が現在開催中のインディーゲームサミット”BitSummit MMXIV”にプレイアブル出展されているのは既報のとおり

本作の概要をいちはやく入手したい記者は、会場に到着後すぐにMutations Studioのブースへ足を運びゲームをプレイしてきた。この記事ではそのリポートをお届けしよう。

リアルタイムストラテジーでありながらひと味もふた味も違うゲーム性

ゲームシステムという観点で本作最大の特徴は、前述したMOBA型のリアルタイムストラテジーゲームになっている点だろう。

『にゃんこ大戦争』を代表する多くのリアルタイムストラテジーゲームの場合、プレイヤーは複数のキャラクターを操作して敵の本拠地を破壊する。しかし、本作のようなMOBA型のリアルタイムストラテジーゲームでは、プレイヤーが使用するキャラクターは一体だけとなる。つまり複数のプレイヤーが集まり、協力することで軍勢を作って敵の本拠地を叩くことになるのだ。

会場で入手した情報によると、本作の世界観は第一次世界大戦当時をイメージして作られているのだとか。

ゲーム内の世界では三国に分かれて生活をしている”人間”と異形の”巨人”たちが存在する。彼らはともに干渉することなく生活をしてきたが、三ヶ国間での争いが激化する中で、人類は巨人を利用して敵国を制圧しようと試みたのだという。

プレイヤーは人間側の兵士となり、自軍の仲間(他プレイヤー)と一体の巨人を率いて敵国の本拠地を破壊することが目的となる。

▲AURORE、CERBERUS、TAKMAGAHARAといった三国が本作のメインとなる国々。国ごとにキャラクターのデザインも異なっている。
▲同じ国でも見た目や使えるスキルが異なるキャラクターが存在する。
▲クランの集会場のイメージがこちら。多彩な様相の人間たちが、自軍の巨人を取り囲んでいる。

この”巨人”の存在がまた一風変わったシステムになっており、巨人は味方ではなく、あくまで自立した存在になっているのだ。敵国の巨人を倒し、本拠地も破壊してプレイヤーを勝利に導いてくれることもあれば、同じ軍のプレイヤーを攻撃してくることもあるのだとか。

ちなみに、この魅力的な巨人たちのイラストは、『GOEMON』、『バイオハザード ディジェネレーション』など日本の特撮映画を代表する特殊メイク、造形、デザインアーティストの百武氏が担当。

 

細かいゲームシステムは後述するとして、まずはBitSummit MMXIVの会場で初公開となった本作のプレイムービーを見てもらいたい。
なお、会場の通信状況の都合で映像内では複数のキャラクターをひとりで操作しているが、実際は各キャラクターをそれぞれ別のプレイヤーが操作して戦うことになるのでご了承いただきたい。

広大なフィールドでのバトル

戦いの舞台は奥行きのある3ラインで構成された広大なフィールド。その両サイドに自軍と敵軍の本拠地が建っている。この本拠地を破壊したほうが勝者となる仕組みだ。

▲移動はフリックと長押しからのオートランの2種類。
▲画面右下の赤いボタンは、リアルタイムでプレイしている他プレイヤーとのコミュニケーションツール”スタンプチャット”を起動するボタン。現状では未実装とのことだが、「俺は真ん中のラインで攻める!」や「巨人の誘導頼む!」などの定型文を使用して、仲間とのコミュニケーションが行えるのはおもしろそう。
▲普通サイズ(記者の私見)のキャラクターは、巨人を誘導するスキルを持っている。これを使えばガラ空きになっている敵地に巨人を送り込むことができる。
▲細身のキャラクター(記者の私見)は、地雷を設置する能力を持つ。地雷は人間、巨人共に効果を発揮するが、自分が踏んでも爆発してしまうので注意が必要。
▲太めのキャラクター(記者の私見)は、重量級キャラらしく走る速度が遅い。その代わりに、巨人へ大ダメージを与えることができるスキルを持つのが特徴。

WORLD WAR TITAN FRONT LINE

メーカー
Mutations Studio

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧