1. サイトTOP>
  2. 【プレイ指南】ポップでキュートな『ぷよぷよフィーバーTOUCH』でLet’sフィーバー!

【プレイ指南】ポップでキュートな『ぷよぷよフィーバーTOUCH』でLet’sフィーバー!

2014-03-07 12:00 投稿

正統派『ぷよぷよ』にオヤジゲーマーも感涙

落ち物パズルの元祖とも呼べる『テトリス』に並ぶ国民的パズルゲームとして、男性はもちろんのこと女性ファンが多い『ぷよぷよ』シリーズ。2009年に携帯用ゲーム機で発売された『ぷよぷよ7』以降、正統派のナンバリングタイトルこそ発売されていないものの、コンシューマからスマートフォンへとプラットフォームを移した『ぷよぷよ!!クエスト』で新たなユーザー層の獲得に成功したのは、ファミ通Appの読者ならご存じの通り。

とはいえ、スマートフォン向けに対応したシリーズ作品の多くは、いわゆる“ローカライズされた別ゲーム”になってしまっているモノがほとんど。これはこれでおもしろいのだけど……ファミコン世代のオヤジゲーマーな筆者を含めて、「求めているのはコレじゃない!」なんて思っているユーザーも意外と多いハズ。そんな生粋の“ぷよラー”にオススメしたいのが、スマートフォン向けの移植タイトル『ぷよぷよフィーバーTOUCH』だ。

▲“漫才デモ”でストーリーが展開する“ひとりでぷよぷよ”モードは、3つの難易度からいずれかを選択してプレイ。アルルやカーバンクルといった旧作主要キャラクターも登場する。

フィーバーの爽快感が病みつき!“ひとりでぷよぷよ”

シリーズ通算5作目の“ファイブ(Five)”をもじって“フィーバー(Fever)”と名付けられた本作は、2003年にアーケード版としてお目見えした『ぷよぷよフィーバー』の移植版。シリーズ共通の“同じ色のぷよを4個そろえると消える”といった基本ルールをベースにした、独自システムとなる一発逆転の新要素“フィーバーモード”が搭載されている。

▲『ぷよぷよSUN』までとは違って、2~4個の“組ぷよ”がネクストに出現。同色の4個組“大ぷよ”のみ、回転操作をするごとにぷよの色が変化していく。
▲“おじゃまぷよ”をストック(予告ぷよ)状態で“相殺”すれば“フィーバーゲージ”が上昇。ゲージがいっぱいになるとフィーバーモードに突入し、“連鎖”を連チャンでねらえる。

ある意味でシンプルだった『ぷよぷよ通』の“先出しの大連鎖が有利”なゲーム性から一転、“後出しによるゲージの優位”が加わったことによって、それまでになかった対戦の駆け引きが発生。このシーソーゲームな感じのスピーディーなゲーム展開は、ぷよラーならずとも病みつきになること間違いなし。おじゃまぷよの数もフィーバーごとに倍々ゲームでドンドン増えるため、個人的にもリハビリがてら、ハラハラする試合展開を楽しめた。

また、フィーバーモード中は1消去ごとに連鎖の“タネ”が降ってくるため、見かたを変えれば……ビギナーにありがちな「連鎖が組めなくっておもしろくない!」といった感じにならないのも好印象。ぶっちゃけ連鎖を意識せず、フィーバー重視でもクリアーできる。

▲フィーバーモードに突入すると、連鎖が仕込まれた状態の“タネ”が降ってくる。制限時間内であれば連鎖の正否にかかわらず、ぷよを消すごとに新たな“タネ”と入れ替えられていく。
▲通常フィールドのぷよをすべて消す“全消し”に成功した場合も、1セットだけ連鎖のタネが降ってくる。対戦のスタート直後に決めるとアドバンテージを取れるので積極的にねらおう。

ぷよの積みかたを学べ!“とことんフィーバー”

正統派『ぷよぷよ』シリーズにおける醍醐味といえば、地道に積み上げた仕込みから大連鎖を決めた時の爽快感がそれ。しかし、いきなり大連鎖を仕込むのは、正直ビギナーにとって敷居が高く「4連鎖以上ねらえない!」といったユーザーも意外と多いハズ。そんなビギナーこそ活用したいのが、連鎖のタネを消し続ける“とことんフィーバー”モードだ。

▲“とことんフィーバー”モードを選んだあとは、“甘口・中辛・辛口”といった3つの難易度から選択。難易度が高くなると……それに応じたぷよの個数や色数の増えたタネが降ってくる。

このモードはおおまかに言ってしまえば、“フィーバーモードに突入した状態のまま継続される”練習モード。いわゆる“詰め将棋”っぽい感じに仕込まれたタネの配置パターンを、くり返し練習できるといった優れモノ。消した連鎖数などに応じ“残りタイム”が加算される仕組みとなっているため、タネの配置パターンを覚えるだけでなく、同時に素早いぷよ操作を身につける練習ともなってくれる。

また、規定数どおりの連鎖を決めると増えるタネの配置パターンは、裏を返してみれば……お手本ともいえる積みかたのオンパレード。“階段積み”や“カギ積み”など、入門編の基本パターンを覚えるのに最適なので、基本ルールを覚えたらまずはコレで練習しよう。

▲配置パターンごとに決められた連鎖回数(規定数)を決めることで、段階的にぷよの個数が増え規定数もアップ。規定数を超えられなかった場合は、規定数などが1ランクダウンする。

トライ&エラーで自分に合った操作方法を探そう

タイトルにも“TOUCH”とある通り、スマートフォンやタブレットのタッチパネル操作に対応している本作。ところがコンシューマ感覚でプレイできるデフォルト設定だと……個人的にかなり操作しづらかった感じ。幸いなことに“そうさ”設定でキー配置を細かく変更できるので、ゲームを始める前に一通り試して自分に合った操作方法を選択。快適なプレイ環境で楽しくプレイしてもらいたい。

ちなみに月額制“★遊び放題!セガプラス”のサービスに対応しているのは、あくまでもAndroid版のみ。以下のリストに取り上げた全9タイトル(2014年3月時点)が遊び放題となっているので、ひと味違ったシリーズ作品『ぷよぷよナラベ』もぜひお試しあれ!

▲バーチャルコントローラーの使い心地に関しては……正直イマイチな印象。“フリック&タッチ”は微調整が効かないので、“タッチのみ(7種類)”から試して選んでいきたい。

★遊び放題!セガプラス アプリ一覧

『ぷよぷよフィーバーTOUCH』
『ソニックアドバンス』
『ぷよぷよナラベ』
『花火ファイト!』
『隙鬼間』
『ナンプレトレーナー』
『スケルトントレーナー』
『スーパーモンキーボールウキウキシーソー』
『週刊クロスワードの森』

※定期購入の解約について
定期購入を解約される方は、GooglePlayのマイアプリから定期購入を選択していただき、定期購入の契約をされました“★遊び放題!セガ+”のアプリを選択していただき解約をしてください。端末から削除(アンインストール)しただけでは解約はされませんので、必ずGooglePlayから定期購入の解約を行ってください。定期購入を解約されましても終了日までは各アプリを完全版でお楽しみいただけます。

※ログイン時に取得する情報について
ログイン時にセガが取得するGoogleアカウントのユーザーIDおよびアドレスはお客様の認証のために使用しております。

ぷよぷよフィーバーTOUCH

ジャンル
パズル
メーカー
セガ
配信日
配信中
価格
セガプラス月額360円[税抜]
対応機種
Android要件2.2以上。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧