1. サイトTOP>
  2. おっさんホイホイ的な良作の予感『重い剣(HEAVY sword)』

おっさんホイホイ的な良作の予感『重い剣(HEAVY sword)』

2014-02-26 11:54 投稿

タイトル名の破壊力抜群

「何か手軽なゲームはないか?」
ほとんど日課になっている新作アプリの物色をしていた昼下がりのこと。ズラリと並ぶタイトルのなか、目を疑う斬新なワードに目が止まった。

『重い剣(HEAVY sword)』

「これ、誤字ってるんじゃないか?」
そんな不安を覚えつつも1度見れば忘れられないコイツがそこにいた。

“HEAVY sword”と書いてあるし、間違ってはいないんだろうけど、正直このタイトルに何かしらのオーラを感じたスマホユーザーは多いはず。

▲これがタイトル画面。岩に剣が突き刺さっている? 期待が持てそうなシーンです。

赤い帽子でヒゲの……あ、アレ!?

本作が巷で話題になっている理由。それはズバリ、世界的に有名な兄弟が活躍するゲーム風だということ。なんとなく3作目の雰囲気が近い?

小学生時代、まさにあの兄弟ブームだった著者にとって、本作は無視できない存在。汚れなき純粋なあの日の自分が感じた好奇心、思い出補正3割増の期待値が本作にのしかかった。

▲操作はとてもシンプル。画面左下の左右移動。画面右下のA=ジャンプ、B=攻撃だ。

迫る敵を斬り倒しながらの横スクルールと、”?”ボックスを叩けば新たな剣や弓、爆弾など多彩な攻撃手段を獲得できる。ジャンプで敵を踏みつけて倒せたり、ドカン風のオブジェクトから頭を出して火の玉を吐く敵の存在。

ハンマーのかわりに斧を投げるフットワークの軽い敵など、当時培った知識やプレイヤースキルが活かせる感触は、まさにおっさんホイホイ。

▲壊れないブロックを盾かわりに強敵を攻撃。地形を使った戦いかたもできちゃう。
▲”?マーク”のブロックを叩いて剣を強化。新たな武器を入手したら、画面中央にあるアイコンをタップして切り替えて使うことができる。
▲重心のかかるほうに傾く床は中央に立ってバランスを調整。タイミングをはかって対岸に飛ぼう。
▲画面上にある茶色いブロックは破壊可能。ガンガン壊して道を切り開くのだ。
▲本作は全編英語だけど、ゲーム自体がシンプルなので細かいニュアンスまで分からずとも楽しめる。
▲ステージ上にある3つの大きなコインを集めると”ENDOLESS MODE”が解放。固定された画面上につぎからつぎへと湧き出る敵のWAVEを乗り越えて得点を稼ごう。

App Storeの無料ランキング上位に食い込む本作を、ファミ通のクロスレビューで例えるなら7点。レトロ感だけで勝負するアプリと違ってやりこみ要素もあるし、多彩な攻撃手段を上手に活かして難関を突破できたときの達成感は格別だ。

脂っこいハイクオリティーなゲームばかりじゃ胃がもたれちゃう。たまにはお茶漬けのようにサラッと手軽に食す、そんなゲームもいいよね。

ファミコン世代はもちろん、若い世代にも遊んでもらいたい王道がここにある!

P.N.深津庵

HEAVY sword FREE(Android・無料版)はこちら

重い剣(HEAVY sword)

メーカー
ashley jackson
配信日
配信中
価格
iOS:無料、Android:100円
対応機種
iOS 5.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み。Android 2.3 以上。
備考
※HEAVY sword FREE(Android・無料版)もあり。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧