1. サイトTOP>
  2. 新作RPG『グロリアスブレイズ』を手掛けるのはスクエニのレジェンド・時田貴司氏だった!

新作RPG『グロリアスブレイズ』を手掛けるのはスクエニのレジェンド・時田貴司氏だった!

2014-02-05 15:34 投稿

謎に包まれていたゲーム概要も初公開

スクウェア・エニックスとgloopsは、事前登録を受付中の両社共同制作による新作RPG『グロリアスブレイズ ~運命の姫と8戦士~』の最新情報を公開した。

【事前登録はこちら】

[関連記事]
※【事前登録】スクエニ×gloops共同制作の新作タイトル名が明らかに ジャンルはRPG

※スクエニ×gloopsの新規共同制作タイトル!? ティザーサイトがオープン

運命に導かれし8戦士の物語

『グロリアスブレイズ ~運命の姫と8戦士~』は、スクウェア・エニックスならではの王道シナリオ、世界観、キャラクターと、gloopsがこれまで蓄積してきたソーシャルゲームの要素を融合させた”ドラマティックソーシャルRPG”。このたび、本作の一部メインキャラクターと冒頭のストーリー、ゲームシステムの一部が公開された。

シナリオディレクションと世界観設定はスクウェア・エニックスの時田貴司氏が担当。また、メインキャラクターデザインを同社の板鼻利幸氏が務めるほか、ゲームシステムのディレクションをgloopsの加藤寛之氏が担うなど、豪華な顔ぶれが名を連ねている。

クリエイティブプロデューサー:時田 貴司(スクウェア・エニックス)
メインキャラクターデザイン:板鼻 利幸(スクウェア・エニックス)
ゲームシステム:加藤 寛之(gloops)

STORY

かつて――
アルケイディア王国を治める王族たちは、闇に魅入られし魔女エキドナの手により非業の死を遂げた。
女帝となったエキドナは、仮初めの平和で世界を支配下においた。

その大地を照らす太陽が、漆黒の闇に蝕まれつつあった。
それに呼応し、各地では魔物の群れが猛威を振るいはじめていた。

だが、希望は潰えてはいなかった。

“闇が光を喰らいし時、8つの剣、現れん。
8つの輝ける刃、亡き姫の遺志を継ぎて魔を滅ぼさん”

辺境の小島で暮らす少年キャス・パリューグは、その伝承に導かれるように己の運命に目覚めようとしていた。
白い翼を持つ孤高の獅子が、彼を天高くより見守っていた――。

キャスモイラ姫
ガルムホルス
ノワール女帝エキドナ

 バトルシステムにはRPGの真髄”コマンドバトル”を採用

本作のバトルシステムには、家庭用ゲームではおなじみのコマンドバトルを採用。加えて、コマンドごとの優性と劣性を設定されているらしく、バトル中に敵との駆け引きの要素を楽しめるようになっているとのこと。4種類のコマンドの中から相手の弱点となるコマンドを選択していくことが勝利の鍵になるようだ。

ジョブユニットがプレイヤーをサポート

バトルは、プレイヤーキャラクターに“ジョブユニット”加えた、最大5人パーティで行われるとのこと。下記では、本邦初公開となる初期ジョブユニットを紹介しよう。

初期ジョブユニット

・戦士
・格闘家
・盗賊
・探検家
・僧侶
・魔法使い
・吟遊詩人

8種の属性に宿りしクリスタルの力

プレイヤーキャラ、ジョブユニット、敵モンスターは、それぞれ”属性”を持っている。相性のいい属性に対しては大ダメージを与えられるので、特化型やオールマイティ型パーティなど、組合せがバトルの勝敗を決める要素のひとつとなる。

事前登録も絶賛受付中!

『グロリアスブレイズ ~運命の姫と8戦士~』では、現在事前登録を受付中。事前登録を行うと、2500モバコイン相当の特典がプレゼントされるので、いまのうちに登録しておくべし。

【事前登録はこちら】

※スマートフォンからのアクセス、およびMobageへのログインが必要になります。

▲事前登録用QRコード

※『グロリアスブレイズ ~運命の姫と8戦士~』スペシャルサイトへはこちらから

グロリアスブレイズ ~運命の姫と8戦士~

ジャンル
RPG
メーカー
スクウェア・エニックス、gloops
配信日
2014年春予定
価格
アイテム課金制
対応機種
スマートフォン

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧