1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. コロプラと米最大手Glu Mobileが業務提携 新作を共同開発

コロプラと米最大手Glu Mobileが業務提携 新作を共同開発

2013-12-18 15:15 投稿

タイトル第1弾は2014年夏にリリース

2013年12月18日、スマートフォンおよびタブレット端末向けゲームデベロッパーおよびパブリッシャーであるGluMobile Inc.と日本の大手モバイルパブリッシャーである株式会社コロプラが、日本向けタイトルの共同開発における戦略的業務提携に向けた基本合意書を締結したことを明らかにした。

 

今回の戦略的業務提携により、世界80カ国以上で無料ダウンロード1位を獲得した『DEER HUNTER』シリーズや、人気シューティングゲームの『フロントラインコマンドー』シリーズを開発するGlu Mobileは、コロプラの日本スマートフォンアプリ市場における流通ノウハウを取り入れ、日本ユーザー向けにカスタマイズされた新しいタイトルの開発を開始する。

なお、今回の提携では日本ユーザー向けにローカライズされたGlu Mobileの特定タイトルをコロプラが配信すること、またGlu Mobileがコロプラ監修の特定タイトルについて、米国、カナダ等の市場で配信することが含まれている。

ーー以下リリース抜粋

1.本提携の目的
Gluは、世界に4ヶ所の開発拠点を持ち、北米を中心にシリーズ累計1億ダウンロードを達成する数々のヒットタイトルを生み出し、世界のスマートフォン市場を席巻しています。一方コロプラは、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』をはじめ、Google Play(TM)国内売上ランキングで上位に位置するゲームタイトルを複数抱え、日本のスマートフォンアプリ市場を牽引しています。
このたびコロプラとGluは、世界的に急拡大するスマートフォンアプリ市場において、両社の海外展開促進を目的に業務提携に関する基本合意書を締結いたしました。「The Leader in 3D Freemium Mobile Gaming」を標榜するGluの高い技術力と、70本もの多種多様なスマートフォン向けゲームを提供するコロプラの企画力が融合することで、今まで以上に魅力的なゲームを世界に向けて提供できると考えています。
コロプラはGluと提携することで、日本のユーザ向けにカスタマイズされたGluの高品質なゲームを提供し、日本におけるスマートフォン向けゲーム展開を強化するとともに、コロプラが新ゲームブランドより提供するタイトルを、より効果的に世界各国へ提供できることを期待しています。また、Gluにおいては、日本のスマートフォンアプリ市場において豊富な経験・ノウハウを持つコロプラと提携することで、日本のスマートフォンアプリ市場を開拓し、日本市場での成功を収めることを期待しています。

2.本提携の内容
以下2点を主要な内容とした最終合意を結ぶべく、協議を開始します。

1. Gluが開発・配信しているゲームタイトルを、まずは日本向けオリジナルタイトルとして作り替え、コロプラがパブリッシャーとなり、コロプラの新ゲームブランドから日本のGoogle Play(TM)、App Store、auスマートパス(※1)に向けて提供します。コアとなるゲームの仕組みは活かしながら、日本のユーザさまにより親しまれるように刷新していきます。

2. 上記1.記載のオリジナルタイトルの海外版に加え、コロプラが日本で監修・パブリッシングを行なう新ゲームブランドのタイトル(コロプラ内製タイトルは除く)を、Gluがパブリッシャーとなり北米のGoogle Play(TM)、App Storeに向けて提供します。配信地域のユーザニーズに合わせたローカライズを行い、配信していきます。

本提携における第一弾タイトルを、2014年夏に日本で提供開始予定です。Gluは自社開発ゲームをローカライズし、アジア圏に提供してきた実績はありますが、アジアの特定の国向けにオリジナルタイトルを提供するのは今回が初めての試みとなります。本タイトルはその後、Gluがパブリッシャーとなり北米で提供する予定です。

3.コロプラの新ゲームブランドについて
モバイルゲームの主力市場がスマートフォンアプリへ移行したことにより、フィーチャーフォン向けアプリ開発とはまったく異なる開発ノウハウ・マーケティング手法が必要となり、多くのゲーム開発会社さまがその変化に力を発揮出来ない状況にあります。そこでコロプラは、スマートフォンアプリ市場における他社との新しい協業モデルとして、新ゲームブランドによるコンソーシアムを構築することにしました。本コンソーシアムでは、参入した国内外のさまざまなゲーム開発会社さまが制作するアプリに対し、コロプラが2年間培ってきたスマートフォン向けゲーム開発・運営等のノウハウを活かした企画監修・広告展開サポート・パブリッシングを行います。コロプラブランドからアプリを提供することで、300万MAU(※2)を誇るKuma the Bearアプリからの送客や、KDDIの協力によるauスマートパスへの展開など、効果的なプロモーションも可能となります。新ゲームブランドによる第一弾アプリは、2014年春にリリースされる見込みです。コロプラでは本協業モデルの立ち上げにより、日本国内外におけるスマートフォンアプリ展開をさらに強化し、「スマートフォンゲーム世界NO.1」の実現を目指してまいります。

※1:auスマートパスは月額390円でコンテンツの使い放題やおトクなクーポンが利用できるKDDIの定額制サービスで、現在の会員数は800万人超。
※2:MAUはMonthly Active Usersの略で、月あたりのアクティブユーザー数を示します。

【Glu 会社概要】
社名: Glu Mobile Inc.
(NASDAQ:GLUU)  http://www.glu.com/
所在地: San Francisco, CA 500 Howard St.
Suite 300 San Francisco, CA 94105
設立: 2001年
資本金: 296,611ドル
代表者: Niccolo de Masi, CEO
事業内容: スマートフォンゲームおよびタブレット端末向けゲームの開発・提供
会社紹介:
2010年にスマートフォン向けゲーム開発を本格的に開始。モスクワ、北京、トロント、シアトルと世界に4ヶ所の開発拠点を持ち、数々のヒットタイトルを生み出してきました。代表作である『FRONTLINE COMMANDO』や『CONTRACT KILLER』、『DEER HUNTER』、『ETERNITY WARRIORS』はいずれも北米を中心に各シリーズ累計1億前後のダウンロードを達成しています。最新作の『DEER HUNTER2014』はアメリカのApp Store売上ランキングにて最高5位にランクインしており(2013年12月18日時点)、世界のスマートフォン市場を席巻しています。

【株式会社コロプラ 会社概要】
社名: 株式会社コロプラ http://colopl.co.jp
所在地: 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー32F
設立: 2008年10月1日
資本金: 15億8,277万円
代表者: 代表取締役社長 馬場功淳
事業内容: 位置情報ゲームプラットフォーム及びスマートフォン特化型アプリの開発・運営 リアル連携サービスの提供

※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。
※CONTRACT KILLER、DEER HUNTER、ETERNITY WARRIORS、FRONTLINE COMMANDO、GLU、GLU MOBILE
は、Glu Mobile Inc.の商標です。
※Google PlayはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

 

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧