1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】ドット絵テイストの『海賊クエスト島』で俺は海賊王に……なれるのか?

【注目アプリレビュー】ドット絵テイストの『海賊クエスト島』で俺は海賊王に……なれるのか?

2013-12-09 17:04 投稿


[関連記事]
【新作情報】カイロソフト新作『大海賊クエスト島』でドキドキの海賊生活を満喫

カイロソフトの新作『海賊クエスト島』が、12月2日に配信スタート。本作は海賊船を引き連れて、大海原を航海しながら、モンスター退治や財宝集めなどを進めていくゲームだ。さっそくプレイし、どんな冒険が楽しめるのかを、リポートしていこう。

注目その1:王道RPGを遊ぶ楽しさを満喫

タイトルロゴ、そしてオープニングを見た時点で、まずはバリバリのドット絵ワールドに感激。最近はスマホのアプリも、リアルで迫力あるビジュアルが多いので、逆にこのレトロな感覚が新鮮に感じられる。ガイドに従って進めると、王様に謁見し、続いて酒場で冒険の仲間を集める展開に。序盤の流れはRPGの王道で、ビジュアルも含めて、まるで某有名RPGシリーズを遊んでいるかのような気分になったりも……?

ゲームスタート時に選べる主人公キャラの職業は、戦士・武道家・冒険家・狙撃手・航海士の5つ。だが酒場で選べる仲間の職業は、船乗り、商人など種類が多く、転職なども含めると、最終的には全14種類の職業を選べるようだ。それぞれ特殊技能があるので、バランスを考えて仲間キャラを決めていきたいところ。なお仲間の選びかたはちょっとユニークで、まず3人の候補が登場し、気に入らないなら、“シャッフル”してメンバーをつぎの3人にチェンジできる。シャッフルの上限は3回で、最高で12人のキャラクターを品定めできるわけだ。酒場でパーティーメンバーをそろえたら、いよいよ最初のクエストに出発!

▲ゲームは主人公の職業選びからスタート。オーソドックスに、戦士でのプレイを選択してみた。
▲仲間を選ぶときは、★の数で大体のランクがわかるので参考に。めぼしいキャラがいないときはシャッフル。

注目その2:海賊は海に出てナンボ

最初のクエストは、島にある海賊のアジトの探索。進行状況は、左上のサブウインドーに表示されるが、ちょっと小さくて寂しい印象だ。敵と遭遇するとバトルシーンに切り替わり、新たなウインドーが開くが、これもそう大きいわけではない。

あまりバトル演出に重きを置いてないのかもしれないが、個人的には、もう少し大きな表示で、チビキャラたちが活躍するところを見たかった気もする。なおバトル自体は、リアルタイムでキャラが戦ってくれるので、とくに操作することはない。アクションが苦手な人はご安心を。

ともあれバトルには無事勝利し、クエストクリアー。王様に報告にいくと、ここでようやく船が手に入る。ここからがいよいよ、本格的な冒険のスタートとなる。やっぱり海賊は、海に出てナンボでしょう!

▲ダンジョンを進んでいく様子が、左上のサブウインドーに表示される。う〜ん、けっこう小さめ……。
▲敵が出現してバトルになると、べつのウインドーがオープン。ここでパーティーの活躍を見ることができる。

注目その3:“測量”で新規エリアを開拓する興奮

航海ではまず、マップ内の進みたいエリアを選択し、そこに船を移動させていく。その際に重要となるのが、“測量”という作業。測量を終えてから初めて、そのエリアの状況がわかり、島を発見できたりするのだ。この測量も、いわば一種のクエストとなっており、ときにはモンスターなども出現して、船の甲板でバトルとなるので要注意。しかしここでもチビキャラたちが、勝手に動き回って、敵を倒してくれる。なんだか頼もしいぞ〜! ……そんなこんなで、無事に測量が終わったら、新エリアを確認。マップ上で行ける範囲が、さらに広がった。

▲海のマップから、行きたい場所を選択。この時点ではマップはブルー1色で、何があるかわからない。
▲測量作業を開始。その最中にモンスターが襲撃してきたときは、パーティーメンバーが自動的に撃退してくれる。
▲ボスクラスの敵がいれば、バトルウインドーが出て戦いの様子が見られる。このあたりはクエストと同様だ。
▲モンスターを退治して測量が終わったら、新しい島を発見。これで上陸、探検することができる。

なお新たなエリアで島を発見できたら、そこでも新たなクエストが待っている。もちろん、いままで以上に強い敵が待ち受けてることもあるので、十分準備してから、新クエストにチャレンジしよう。クリアーしたら、拠点の島に一度戻って、王様にご報告。このように、航海→新エリア発見→クエストにチャレンジ→拠点に戻って王に報告→仲間や施設などを拡充→新たな航海へ、というのが、ゲームの大きなサイクルとなっている。

▲新しい島には、新しいクエストが待つ。こうして冒険世界を広げるのがゲームの基本的な流れ。
▲クエストクリアーなど、ゲームに進展があったときは王様に謁見しよう。ごほうびがもらえるときがある。

注目その4:目指すは部下思いの頼れる船長

ゲームの流れは大体こんなカンジ……って、いやいや違う。
このゲームにはもうひとつ、シミュレーション的な要素がたっぷり。島でも船内でも、いろいろな施設を自由に建築することができるのだ。

というワケで、まずは船内をチェック。おお、仲間のキャラが、チョコマカとそれぞれ働いている。そしてキャラはときには、「寝室ない……」など、なにげに要望をつぶやいてみたりも。そんなシーンを見ると、「コイツらのために施設充実させねば!」という気分になってくるはず。なにせ自分は、頼れる船長なのだ!

▲船内ではチビキャラがワラワラと、忙しく動き回っている様子が見られる。なんだか健気でカワイイ。
▲そうかそうか、寝室が欲しいのか。という具合に、セリフで必要な施設をチェックできたりすることも。
▲船内に建築する場合は、建てたい施設を選び、置きたいエリアを選択するだけ。手順はとてもシンプルだ。

まずはキャラの要望に従い、試しに寝室を建築。そして島にも、空き地にいくつかショップを作ってみた。これで今後の冒険もラクになるはず。なにより、自分だけの箱庭をコツコツ作る作業が、とっても楽しい。なんとなくコツをつかみ、ほかにもいろいろ……と思ったものの、ここでちょっと資金不足に! ……なるほど。適度に冒険と、施設などの建築を交互に進めたほうが、バランス的にもいいのかも?

▲島の場合は、まず場所となる空き地を選んでから、建てたい施設を選択する。船内とは逆のイメージだ。
▲ゲームが進むと、使える空き地もどんどん増えてくる。積極的に施設を拡充していきたいところ。

注目その5:海賊王への道は……果てしない!?

ひととおり序盤の冒険は進めてみたけど、やれることはまだまだテンコ盛りといった印象。職業を極めると転職もできるし、装備の充実、スキルの取得など、やり込むために豊富な要素がそろっている。各種キャンペーンやイベントも大きな魅力だ。このあたりを極めなければ、海賊王など夢のまた夢か……。ならば道はひとつ。さらにプレイを重ね、精進あるのみ。

▲条件を満たしたら、ほかの職業にチェンジできる。スキルもさまざまだ。いろいろな職業を体験してみよう。
▲フレンド登録した仲間とともに、各種キャンペーンやイベントにチャレンジするのも楽しい。景品も豪華だぞ。

大海賊クエスト島

ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
カイロソフト
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
Android 2.3.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧