1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『シャドウ・オブ・エクリプス』が超本格タクティクスRPGと聞いたが……

【注目アプリレビュー】『シャドウ・オブ・エクリプス』が超本格タクティクスRPGと聞いたが……

2013-11-16 12:06 投稿

実際その通りでした

PCのブラウザで手軽に遊べるシミュレーションRPGとして話題を集めていた『Shadow of Eclipse(シャドウ・オブ・エクリプス)』が、Androidで2013年11月12日よりサービス開始となった。価格は基本無料(アプリ内課金あり)。さっそくプレイして詳細をリポートする。

[関連記事]
※【新作情報】キミの戦略で愛くるしい3Dキャラたちを勝利に導け 『シャドウ・オブ・エクリプス』Androidで配信開始

良作の手触り感がじわじわと

まず印象として受けたのが、かなり良質なシミュレーションゲームだということ。奥深い戦略性やボイス付きのキャラクターの魅力など、この手のゲームの重要な部分が高いクオリティーで作られている。ユーザビリティもしっかりしており、ゲーム中で何をしていいかわからないことも少ない

いわゆる『ファイナルファンタジータクティクス』のような作品が好きな人には、間違いなくおススメできる作品だ。では、具体的なゲームの流れを追っていこう。

自分好みのアバターで、いざ冒険の旅へ!

ゲームはまず、キャラクターメイキングからスタート。選べる職業はファイター、レンジャー、ウィザードの3タイプで、髪や肌の色、表情などを自由に変えられる。使用武器はそれぞれ、ファイターは剣、レンジャーは弓、そしてウィザードは魔法。セーブデータは3つ持てるので、各職業のアバターを作り、その日の気分によって変えるなんて遊びかたもできそうだ。

▲キャラクターを自在にメイキング。男女も選べるので、実際は6タイプのアバターが作れることになる。

ここはオーソドックスに剣士を選択。チュートリアルで戦闘の基本を学んだのち、拠点となる街“アステリタウン”に到着。引き続きチュートリアルとなるが、会話すべき人物にマークが表示されるので、迷うことなく街を見て回れた。

そして指示に従って、いよいよ最初のマップでの実戦に! ……とはいえ敵も少なく、まあバトルシステムの確認というところか。その後また街に戻り、導入部は終了。ここまでの流れはとてもスムーズで、自然にゲームの世界に入り込めたという印象だ。

街で準備を整え、フィールドでバトル

ゲームの舞台は、3つのエリアからなる。拠点の街、ユニット整理などをする飛行船、そしてフィールドマップ。街で情報を集めて準備を整え、フィールドでバトル、その結果を受けて飛行船でユニットの見直しをする、というのが、ゲームのおおまかな流れだ。

システムとしてはオーソドックスだが、ちょっと注目なのが、各フィールドの入場画面。入場するときは、ストーリー上のバトルか、サブクエストでのバトルかを選べるのだ。それにより、入手アイテムや敵も変わってくる。この仕組みで、同じフィールドでも3回違うバトルを楽しめるようになっているので、フィールドマップの見た目よりも、かなりのボリュームがある内容だと言えるだろう。

▲冒険の拠点となるアステリタウン。人々との会話はもちろん、各種ショップをしっかり活用することも忘れずに。
▲フィールドマップの全体図。ひとつのフィールドをクリアーすると、つぎのフィールドが新たにオープンする。
▲フィールドに入るときには、バトルの目的によって“STORY”か“SUB”かをまず最初に選択する仕組みだ。

街でマークが表示されたキャラクターと会話することによって、さまざまなクエストを受けることができる。

ストーリーを進めるうえで必須ではないが、アイテムやお金集めになるし、なによりユニットのメンバーとなるモンスターが入手できるので、クエストは積極的にこなすことをオススメする。そしてのちに解説する、“進化用素材”集めにも役立つ。できれば全クエストを網羅しながら、ゲームを進めていきたい。

▲キャラと会話してクエストを受託しよう。受けたクエスト内容は、リストでいつでもチェック可能だ。

ユニットメンバーは合成でしっかり強化

さて、この手のタクティクスバトルで、キモとなるのがユニット編成。編成画面を開くと、どうやら序盤は自分のほか、最大4キャラクターでユニットを組めるようだ。なお、ユニット用メンバーは基本的に、ここまでのバトルで倒したモンスター。各キャラに“コスト”が設定されていて、トータルコストの範囲内でやりくりするのが、ユニット編成の苦労でもあり、また楽しい部分でもある。ちなみにスタートキャンペーンでは、強力なユニットがプレゼントされている

▲バトルには、仲間を4人連れていける。コストとも相談しながら、バランスの取れたユニットを編成しよう。

ユニットのメンバーは、バトルで勝利することで経験値を得て、レベルアップする。だがレベルアップには、もうひとつ“合成”という方法もある。このシステムは、いわゆるカードバトルゲームのそれを連想してもらえるとわかりやすいだろう。

また、それとは別に“進化”もあり、こちらは特定の素材が必要となる。こちらは手間がかかる分、それだけの見返りがあると言っていいだろう。なお、この“進化用素材”はバトルで(とくにクエスト用のバトルで)よく入手できるようになっていた。そこも踏まえると、クエストはぜひ網羅すべきということが、わかっていただけると思う。

▲メインとなるキャラに、素材となるキャラを合成して強化する。不要なキャラはどんどん素材として使おう。
▲進化用素材となるキャラは、バトル中に“援軍”として出現する。忘れずに倒して、入手しておきたい。

バトルシステムは王道、演出もバッチリ!

ここからは、肝心のバトルの話へ。タクティクスバトル系のゲームとしては王道といったシステムなので、多少このジャンルに慣れているユーザーは、すんなりプレイできるはずだ。

マップは斜め見下ろしタイプで高低差あり。各ユニットは、進める範囲内に移動→行動→ターン終了。じつにオーソドックスな流になっている。フィールドは細かく作り込まれており、スキルの演出なども迫力十分! かなりの臨場感を感じることができた。

▲バトル前に、フィールド全体を確認。地形や高低差の状況を、しっかりチェックしておくことが重要になる。
▲スキルが炸裂したときのビジュアル演出もかなり本格的だ。息を飲むほどの臨場感にビックリ!

バトルではキャラクターの移動や、コマンドの決定などは、すべてタップで進めていく。直観的な操作で便利な反面、ときにはちょっと困るときも。というのは、斜め見下ろしマップのため、タップできる部分が小さい場面が生じてしまうのだ。

そんなときは指でピンチして拡大し、なんとかタップできたが……。そう考えると、自由にピンチで画面をズームアップできる機能って、この手のゲームではかなり便利かも。

▲画面をズームすると、通常はタップしにくい狭い場所も、指先でしっかり触れられる。これは便利。

やり込み要素はまだまだたっぷり

序盤しかプレイできていないが、今後に待っているお楽しみ要素は盛りだくさん。たとえば、ほかのユーザーとの対戦モード。いずれユニットが強く成長したら、ぜひとも挑戦したいところ。そしてショップでは、素材をいろいろ集めると、武器や道具も作れるようだ。プレイをさまざまな角度から評価する“業績ポイント”も、やり込む支えとなってくれそう。しばらくは引き続きやり込んでみようと思う。

▲ほかのプレイヤーとのバトルにも挑戦できる。ゲーム本編とはひと味ちがう、スリリングなバトルが楽しめるはずだ。
▲素材を集めてショップに持っていくと、武器や防具を作成できる。強力な武器を作ってユニットに装備させよう。
▲特定のテーマに沿った行動を重ねることで、ポイントをどんどん入手。その“業績”をゲットできる。

Shadow of Eclipse(シャドウ・オブ・エクリプス)

ジャンル
シミュレーションRPG
メーカー
ゲームポット
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
Android 2.2 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧