1. サイトTOP>
  2. 『Angry Birds Star WarsII』の新機能”TELEPODS(テレポッド)” これは日本でもやるべき

『Angry Birds Star WarsII』の新機能”TELEPODS(テレポッド)” これは日本でもやるべき

2013-11-02 12:21 投稿

これはヤヴァイ

Rovioから9月18日に配信された『Angry Birds Star Wars II』。『Angry Birds』と『Star Wars』によるの異例のコラボが話題を呼び、前作『Angry Birds Star Wars』が驚異的なヒットを記録したのも記憶に新しい。そんな超大作『Angry Birds Star Wars』の配信からおよそ一年。満を辞して登場したのが『Angry Birds Star Wars II』なのだ。

本作では、映画『スターウォーズ』の新三部作(エピソードI~III)までの世界観を踏襲しており、アナキン、ダースモール、メイス・ウィンドゥに扮したバードやピッグたちが大暴れするぞ。

また、『Angry Birds Star Wars II』からは、反乱同盟軍(バード側)と銀河帝国軍(ピッグ側)のどちらかを選択してプレイすることも可能になった。ダークサイドならぬ“ポークサイド”に堕ちれば、ダースベイダーやダースモールの姿をしたピッグたちを使用してゲームをプレイできるのだ。ジェダイの戦士として戦うか? シス卿のもとで悪の道に走るか? すべてはキミの選択次第だ!

そして、本作から新たに導入された新機能の中でも特に目を引くのが“TELEPODS(テレポッド)”だ。テレポッドとは、ゲームをプレイしているデバイスのカメラで『Angry Birds Star Wars』のリアルフィギュアを読みこむことによって、ゲーム内にフィギュアと同じキャラクターを登場させることができるというもの。

ゲームの配信前に公開されたプロモーションムービーを見る限り、男心をくすぐるナイスな機能に違いない! 「マイクロチップが仕込まれているのか?」、「Bluetooth接続か?」など勝手に妄想をくり広げたのだが、フィギュア自体が日本で未発売のため、実際に調査することができずにいた……。

▲ちなみにそのプロモーションムービーがこちら

そんな折に、本作の配信決定記事を見たRovioの方々が、テレポッドをわざわざ送ってきてくださったのだ! 思わぬサプライズに記者は大興奮。職権乱用とはまさにこのことか!!(笑)

これがテレポッドだ!

Rovioの方々からいただいたテレポッドがこちら。いわゆるフィギュアセットのようになっており、ダースモール、ヨーダなどの格好をしたバードやピッグたちのフィギュアが6体入っていた。ちなみに、このフィギュアセットの価格は$9.99(日本円で約1000円ほど)。

 

でで~ん!!

で~んで~んでででで~で♪(スターウォーズのテーマを歌いながら)

 
▲種類もかなり豊富なので、コレクションする楽しみもありそうだ
▲説明書きによると、このフィギュアを使用してリアル『Angry Birds』をすることも可能なのだとか。

そのほかにも複数種類のテレポッドが発売されているようなので、下記で紹介しておこう。これらの商品については、『スターウォーズ』のグッズを多数取り揃えているHasbroの公式サイトでチェックできるぞ。

※Hasbroのサイトへはこちらから

『Angry Birds Star Wars Telepods Star Destroyer Set』
$39.99

『Angry Birds Star Wars Telepods Battle on Geonosis Set』
$14.99

『Angry Birds Star Wars Telepods Endor Chase Set』
$19.99

『Angry Birds Star Wars Telepods 2-Pack』
$5.99

 

テレポッドの秘密はフィギュアの底面にあった!

フィギュアをなめ回すように見続けた結果、テレポッドの秘密を発見した。なんと、フィギュアの底面に小さなQRコードが記載されているではないか! さらにTELEPODSを使用する土台には拡大鏡が仕込まれていた!

つまり、“フィギュアの底面にあるQRコードを拡大鏡で拡大⇒スマホのカメラで読み込む”ことで、ゲーム内にキャラクターを出現させることが可能になっているのだ。システムはアナログながら発想は革新的! これにはやられた!

ドッキングッ!!!!!!!

実際に使うとこんな感じ

テレポッドのシステムを解明したところでさっそくゲームで使用してみた。写真で説明しようにもいまいちインパクトに欠けたので、読み込み⇒キャラの使用までを動画でお伝えしよう。

動画を見てもらえば分かるように、スマホ(今回はiPhone)のフロントカメラのところにフィギュアを置いただけで、フィギュアと同じキャラクターがゲーム内に登場した。これはたまらない!

▲別のフィギュアで試したところ、自分の勢力(反乱同盟軍、銀河帝国軍)ではないキャラクターは読む込むことができないようになっていた。

いかがだっただろうか? このテレポッドのシステムに心揺さぶられた男性諸君も多いことだろう。フィギュア自体も小ぶりでかわいらしいので、デスクのまわりに飾っても申し分ない。日本での発売は未定のようだが、発売された折にはぜひ手にとってこの感動を味わってもらいたい。

余談

記事の執筆終了後、記者のPCモニターの上にフィギュアを飾ってみた。

自分で言うのもなんだが、これはイイッ!!!!

Angry Birds Star Wars II

メーカー
Rovio Entertainment Ltd
配信日
配信中
価格
iPhone版:100円 Android版:99円
対応機種
iOS 4.3 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み  Android 要件 2.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧