1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】ダブルデッキシステムで強者を討つ『レギオンウォー』ドキドキ初体験!

【注目アプリレビュー】ダブルデッキシステムで強者を討つ『レギオンウォー』ドキドキ初体験!

2013-09-03 19:20 投稿

世界同時ギルドバトルが最大の魅力

どこか見覚えのある太古の文明をモチーフに、世界各国のプレイヤーどうしで毎日戦っていくリアルタイムギルドバトルRPG『レギオンウォー』。正統派ファンタジーの世界観をハイクオリティーなカードで描くことで、他のカードバトルとは比べ物にならない臨場感あふれるゲームを体験することができるのだ。

その本気度合いは開幕のオープニングムービーを見れば一目瞭然!


 

どうです?
カッコイイでしょ!!

 

 

[関連記事]
【新作情報】新機軸満載の王道ファンタジーカードバトル『レギオンウォー』を発表
【事前登録】国境を超えたギルドバトルが熱い!『レギオンウォー』で激レアモンスターをゲット
【動画あり】『レギオンウォー』×スリップノット・タイアップムービー公開!
【新作情報】かつてない興奮の全世界同時ギルドバトル『レギオンウォー』リリース!
『レギオンウォー』がApp Storeで1位を獲得! 記念キャンペーンも開催
『レギオンウォー』が大幅アプデ! 豪華報酬が手に入る初イベントも開催

 

歌っているのはスリップノットというメタルバンド。アイオワ州デモイン出身の9人組で、世界で通算2000万枚以上のアルバムセールスを記録。たくさんのプラチナム&ゴールドディスクを獲得するだけでなく、グラミー賞受賞歴もあるすっごいヤツらなのだ。

さてそれでは、カード集めの要となるミッションから順番に、ギルドバトルに参加するまでに必要な要素をリポートしていくぞ。

ミッションを進めてカードを収集

今作の壮大な世界を知るうえで欠かせないミッションは、それぞれ複数のエリアに分割。さまざまなカードを獲得しながら最後に待ち受けるボスを目指していく。

 

 

各ミッションマップには自分が獲得したカードと進行状況が書き込まれる。ミッション自体はAPを消費しながら進行するだけなので、カードの強化やデッキ構築の必要はない。

また、その道中で他のプレイヤーデータとのバトルがランダムで発生。ここでのバトルではBPは消費せず、負けてしまってもミッションに支障はないけど、どうせなら勝利して進みたいのがカードゲームの醍醐味だ。体感ではミッション5あたりから徐々に強いプレイヤーが出現し始めた。それをひとつの目安に消費APの少ない序盤のミッションでカードをたくさん集め、ギルドバトルに向けた下準備を整えるといい。

なお、今作のカード合成にはおまかせ機能がある。カードゲーム経験者なら誰もが1度は悩むであろう“強化素材にしていいのか?”という駆け引き。“じつは強くて希少なカードだったらどうしよう”、そんな不安から強化をためらってしまったときは、おまかせ機能を使ってガンガンレベル上げを進めよう。

 


▲エリアごとに獲得したカードの有無が色づけされる。

 


▲画面上に出現する敵を、“GO”ボタンを押して攻撃。行く手を阻む無数の敵を蹴散らしていこう。

 

▲ミッション中に襲ってくるプレイヤーとのバトルに勝利すると5枚、負けても4枚のカードを獲得できる。あっという間にカードBOXが埋まってしまうので、カードの強化はとても楽という印象だ。

 

ダブルデッキシステムについて

今作ではウォリアー(人間)とモンスター(幻獣)のそれぞれ5枚、計10枚で1デッキを構築する。ウォリアーは個々にスキル、モンスターは特化した属性を有していて、その組み合わせ次第でデッキ全体のステータスが変化するぞ。

ゲームに慣れないうちは自動編成で任せてしまうのがベスト。任意に配置を変更することもできるけど、組み合わせがとても複雑なので序盤ではオススメできない。自動編成という優れた機能をフル活用するのが手っ取り早いのだ。

 


▲複数のデッキを構築することができる。さまざまな作戦を選択できるので、プレイスタイルや対する敵に合わせて複数用意しておくといい。

 

レイドバトルについて

ミッションを進めていくと手に入る、聖宝と呼ばれるアイテム。これはシリーズごとに各6種類あって、コンプリートすると“聖封石”というアイテムに変化する。それを使って幻獣を復活させると、レイドバトルに挑むことができるのだ。

ここでの魅力は、なんといっても倒した幻獣をゲットできること。ギルドバトルで活躍するには欠かせないカードなので、可能な限り聖宝はコンプリートを目指そう。

また、不足している聖宝はバトルで他のプレイヤーから奪うことができる。逆に、自分が集めた聖宝を、他のプレイヤーに狙われる可能性もある。残り数個で揃いそうな場合は、手っ取り早くバトルを仕掛けてコンプリートするといい。

 


▲不足している聖宝をタップすれば、それを所持しているプレイヤーだけをソートしてくれる。自分のレベルに近い相手、もしくは格下の相手を狙ってガンガン攻めていこう。

 

▲復活させた幻獣とレイドバトル。相手は単体で襲ってくるので、幻獣の弱点属性(上記の場合は水)のカードデッキを作って挑むことで優勢に戦いを進めることができる。

 

ここからが本番! ギルドバトルで所属国を勝利に導け

全世界同時に毎日開催されるリアルタイムのギルドバトル。勝利すれば豪華な報酬が獲得できるため、多くのプレイヤーが参加しているのだ。ギルドバトルは毎日決まった時間に、第1〜5試合まで下記のスケジュールで開催。

【第1試合】20:00〜、21:00〜、22:00〜
【第2試合】23:00〜、00:00〜、01:00〜
【第3試合】07:00〜、08:00〜、09:00〜
【第4試合】10:00〜、11:00〜、12:00〜
【第5試合】13:00〜、14:00〜、15:00〜

 

勝敗を決めるのは攻撃を仕掛けて稼ぐポイントの数で、たくさん攻撃をしたほうが多く稼げるシンプルなシステムだ。また、3回敵を全滅or全滅させた状態で3分が経過するとKO勝ちをもぎ取ることもできるぞ!

 

 

相手を攻撃するにはBPが必要で、それを満たせば何度でも攻撃でき、メンバーどうしが上手に攻撃をつないでいくことでチェインが発生する。このBPは時間で回復するほか、アイテムや仲間にエールを送ることでも回復可能。ギルドバトルは制限時間が30分しかないので、後者の方法でBPをすばやく回復して、どんどん攻撃を仕掛けて仲間とチェインをつないで勝利を目指していこう。

また、CUREを使えば自分やメンバーのHPを回復することができ、倒れたメンバーの蘇生も可能だ。、大幅な戦力ダウンにもなってしまうので要注意。互いの協力がとっても大切なのだ。

 


▲こちらが優位に立てる属性の相手を狙い撃ち。それをみんなで集中攻撃していくといい。

 


▲HPの減っているメンバーもしっかりサポート!

 


▲1手でも多くチェインを繋げて大ダメージを与えていく。チェインが有効な残り時間も表記されるので安心だ。

 


▲うまくチェインをつないで高ポイントを獲得。圧倒的な大差で勝利することができた。

 


▲チェインが10つながると連携アタックが発動して大ダメージを与えることができる。

 

所属するギルドの国はしっかり確認

これまで多くのカードゲームでギルドバトル的なコンテンツを遊んできたけど、『レギオンウォー』ほど“連帯感”を感じる協力バトルはほかになかった。そのぶん、少しでも貢献したい、勝利に導きたい、という意欲が分かりやすいくらいに沸いてきたのは高印象。

ここだけの話。
プレイ開始直後に誘われたギルドに何も考えずに参加したら、国外の国旗が表記されていて大慌て。しかし、国内版はほぼ100%日本のギルドで、ギルドマスターがあえて他国の国旗を設定しているか、日本在住の海外のかたである可能性があるとのこと。いろんな人たちと気楽に協力しながら戦えるのも今作のおもしろいところだと感じた。

 

 

 

▲各ミッションの最後に登場するボスたちのクオリティーにも注目。ギルドバトルはもちろん、ミッションにも積極的に挑み、『レギオンウォー』の世界とかっこいいボスにも触れてもらいたい。

 

【最新アップデート詳細】

22ヵ国のギルド用国旗追加
アプリの人気が急上昇している国の国旗が追加された。全71ヵ国に対応。
(ドミニカ共和国、キプロス、ラトビア共和国、ルクセンブルグ、スロバキア、クロアチア、ベネズエラ、ブルネイ、ウルグアイ、ボリビア、リトアニア、パキスタン、ナイジェリア、カメルーン、エチオピア、バングラデシュ人民共和国、モロッコ、ウズベキスタン、コロンビア、ペルー、ブータン、バーレーン・以上22ヵ国)

国別ギルドランキングの実装
従来の世界共通ランキングに加えて、自分のギルドの所属国ランキングも確認可能になった。

ギルド画面更新
ギルドバトルへのエントリーやギルド情報の確認がより行いやすくなった。

11連召喚追加
高レアリティのキャラクター1体以上確定、10回分のJewelで11体のキャラクターが入手可能な11連召喚が追加された。

P.N.深津庵

 

レギオンウォー

メーカー
エイチーム
配信日
配信中(Androidは今秋予定)
価格
基本無料(アイテム課金あり)
対応機種
iPhone 4S 以降、iPad 2 以降、iPod touch (第5世代以降)、iPad mini (第1世代以降)。Android 2.3以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧