1. サイトTOP>
  2. ブシロードの新作スマゲ『ファイブクロス』はTCGとの”ハイブリッド” 『ファンタジスタドール』、『IS』の参戦も決定

ブシロードの新作スマゲ『ファイブクロス』はTCGとの”ハイブリッド” 『ファンタジスタドール』、『IS』の参戦も決定

2013-07-23 23:28 投稿

●TCG×スマゲのハイブリッドとは?

2013年7月23日(火)にブシロード本社にて、“ブシロード大戦略発表会2013(夏)”が開催された。今回の発表会では、ブシロードから発売されている各種TCG(トレーディング・カード・ゲーム)シリーズに追加される新商品の発表がされたほか、8月10日(土)~8月11日(日)にパシフィコ横浜で開催される『ヴァイスシュバルツ』の5周年記念イベント“しろくろフェス”の情報や、TCGとスマートフォンゲームが融合を果たした期待の新作『FIVE qross(ファイブクロス)』の情報など、“大”戦略発表会の名に恥じない盛りだくさんな内容になっていた。本記事では、スマートフォンゲーム業界に変革をもたらすであろうニューカマー『ファイブクロス』に関する情報を中心に発表会の模様をお届けする。

 

▲司会を務めた、声優の徳井青空さん(左)と森嶋秀太さん(右)。

 

▲『キング オブ プロレスリング』の新商品発表の場には、天コジ(小島聡選手(左)、天山広吉選手(右))のおふたりの姿も。

 

 ▲天コジのおふたりとも絶妙(?)のコンビネーションを魅せた、声優の橘田いずみさん(左)と三森すずこさん(右)


 

▲『Chaos TCG』の是空とおる氏(右)、『ヴィクトリースパーク』の浅野D(中央)、『モンスター・コレクションTCG』の高橋P(左)が登壇。各TCGシリーズに新規追加されるタイトルを発表した。

 

▲テレビアニメも放送中の『ふたりはミルキィホームズ』に関する最新情報の発表時には、ミルキィホームズのメンバーが総出演した。

 

▲中村プロデューサーは、『ミルキィホームズ』の最新グッズを披露。

 

●第1弾参戦タイトルは『ファンタジスタドール』と『IS<インフィニット・ストラトス>』!

TCGの新商品の発表がひととおり終了すると、ブシロード執行役員兼開発本部長広瀬和彦氏が登壇。先日の東京おもちゃショーで、タイトルのみが発表された新作TCG『ファイブクロス』の説明がなされた。

▲ブシロード執行役員兼開発本部長の広瀬和彦氏。

 

この『ファイブクロス』は、“2次元(キャラクター)と3次元(アナタ)が交差(クロス)するハイブリッドTCG”をテーマに制作された、ブシロードが贈る新しいキャラクターTCG。広瀬氏は『ファイブクロス』を構成する3つの要素を提示することで、『ファイブクロス』の基本概要を説明した。

 

『ファイブクロス』を構成するのは、キャラクター、アナログカード、デジタルカードの3要素になる。

キャラクター:これまでのキャラクターTCGのように、アニメ作品をもとにしたカードが多数登場する。

アナログカード:おなじみのアナログのトレーディングカードゲーム。カードの裏面には、QRコードが記載されている。

デジタルゲーム:QRコードから読み取ったデータをもとに、インターネット経由でカードバトルを行う。

『キングオブプロレスリング』のようなハイブリッドTCGは既に複数存在するが、この『ファイブクロス』最大の特徴は、アニメ作品のカードをデジタル上で取り扱える点にある。広瀬氏は「TCGをアニメ作品のグッズの一環として購入していただいていたお客様には、これを機に実際に対戦をしていただきたい。」とコメント。『ファイブクロス』ではインターネット上で対戦を行うため、カードさえあれば誰でもプレイすることが可能になり、TCGとしての敷居の高さを一段下げた印象だ。

『ファイブクロス』を遊ぶ際には、リアル店舗で販売されているカードをパックで購入し、カード裏面に記載されたQRコードを自分のPC・スマートフォンで読み取って登録を行う。そうして集めたカードデータを使用することで、全国のユーザーとオンライン上でカードバトルを楽しめる。

遊び方は簡単で、プレイヤーは登録したカードの中から9枚を選択してデッキを構築。バトルはオートで展開され、カードが破壊されるとデッキからカードが抜けていき、カードの配置が変化していく。カードどうしが上下左右などで隣接することによって、特殊な効果を発動する”リンク”と呼ばれる機能も搭載されるとのこと。カードの配置がゲームに大きな影響を与える点からも、オートーによるバトル進行ではあるが、従来までのTCGファンでも納得のいく、戦略性の高いデッキ構築が楽しめそうだ。

 

加えて広瀬氏は、「いままでソーシャルゲームをプレイしてきた人でも、未成年ということで課金ができなかったり、課金自体に抵抗のある人がいらっしゃると思う。そうした人たちにとっても、ショップでカードを購入することは、より親しみやすいものになっているはずです」と、ハイブリッドTCGの魅力を述べた。

 

●参加アニメ作品も発表!

ゲームの基本概要の説明後には、広瀬氏から現時点で『ファイブクロス』に参戦が決定しているアニメ作品の第1弾が発表された。気になる第1弾作品は、現在テレビアニメも放送中の『ファンタジスタドール』と、今年の秋にテレビアニメ第2期の放送が決定している『IS<インフィニット・ストラトス>』の2タイトル。この発表に際して、『ファンタジスタドール』で主人公・鵜野うずめ役を演じる、声優の大橋彩香さんが、うずめの衣装を身にまとって登場。同じく、『ファンタジスタドール』に出演している司会の徳井青空さんとともに、アニメの魅力やキャラクターの紹介を行った。

▲大橋さんは、「うずめちゃんは、ごくごくふつうの女の子だけど、すごく素直で喜怒哀楽がしっかりしている元気でやさしい女の子です。ちょっと引っ込み思案なところもありますが、やるときはやってくれる女の子です!」と、うずめの魅力を語ってくれた。

 

■『ファンタジスタドール』とは

『コードギアス』の谷口悟郎(クリエイティブプロデューサー)と『そらのおとしもの』の斎藤久(監督)による、オリジナルテレビアニメ。カードの中から飛び出す華麗な”ファンタジスタドール”と契約した主人公・うずめがカードマスターとなり、知恵と工夫で個性あふれる5人のドールたちをまとめてバトルに挑む。うずめとドールたちの”絆と希望の物語”。


■『IS<インフィニット・ストラトス>』とは

弓弦イズルによるライトノベルを原作としたテレビアニメーション。宇宙空間での着用を想定して開発され、女性のみが着ることができるマルチフォーム・スーツ”IS(インフィニット・ストラトス)”。このIS操縦者を育成する”IS学園”で、唯一の男子である主人公・”織斑一夏”と多国籍多種多様な少女たちが織りなす、ハイスピード学園バトルラブコメ。

 

▲今回特別に披露された、『ファイブクロス』のカードのデザインがこちら。表面にはキャラクターのイラストが大々的に描かれており、”HP”、”COST”、”RANGE”といったステータスがカードの下段に記載されている。
 ▲こちらはカードの裏面。表面に記載のあったステータスに加えて、”リンク”の発動条件を示すアイコンや、”ATTACK”、”レベルアップ後のATTACKの数値”などの詳細なステータスが記載されていた。さらに、カードの下段にはシリアルコードとQRコードも!


 

上記2作品のブースターパックは、2013年秋に2タイトル同時発売が決定。さらに『ファンタジスタドール』、『IS<インフィニット・ストラトス>』につづく、新規参戦タイトルについては、今年の東京ゲームショウ2013で発表される予定だ。9月上旬に本作のオープンベータサービスを行い、今年の秋には正式リリースされるとのこと。東京ゲームショウ2013の会場ではプレイアブルの展示も予定されている。

 

▲東京ゲームショウ2013におけるブースイメージ図。イベントステージが設置されるほか、ブシモゲームの体験コーナーなども設置される。

 

また、本作のPRカードの配布も決定。『ヴァイスシュバルツ』5周年記念イベント“しろくろフェス”の会場内と、2013年8月10日(土)~12日(月)の期間中に東京ビッグサイトで開催される“コミックマーケット84”のブシロードブース、TOHO animetionブースにて配布される。本日より『ファイブクロス』の公式ホームページと公式Twitterもオープンしているので、チェックしておこう。

※『ファイブクロス』公式ホームページへはこちらから
※公式Twitterへはこちらから

 

■10年の時を経て、あの伝説の企画がついに始動

『ファイブクロス』参戦タイトルの説明が終了したところで、突如モニターに“特報”の文字が。なんと、”ブシロード”の社名の由来にもなっている、2003年に企画された未完のアニメ『熱風海陸ブシロード』の制作が決定。本作も『ファイブクロス』に参戦が決定しているとのこと。

 

「『熱風海陸ブシロード』はブシロードにとって野心作になっています。『ファイブクロス』に参戦させるということは、それだけ『ファイブクロス』に賭けているんです」と熱く語る木谷社長。また、「『ファイブクロス』のQRコードは唯一無二のシリアルコードになっているので、海賊版対策の決定版になる」とも述べた。

 

▲広瀬氏(左)と木谷社長(右)

 

■ブシロードの専門誌”月刊ブシロード”創刊決定

マンガ『カードファイト!!ヴァンガード』をはじめとした、ブシロードに関するマンガや最新情報を取り扱うブシロードの専門誌、“月刊ブシロード”が創刊されることも発表された。

月刊ブシロードの創刊号は9月6日発売予定(毎月8日発売予定)。価格は600円[税込]。また、創刊号にはブシモタイトルのシリアルコードをはじめとした、豪華三大特典が封入される。

◆『カードファイト!!ヴァンガード』PRカード3枚
・ストームブリング・ドラゴン 1枚収録
・BT13絶禍繚乱より2枚先行収録

◆ブシモ特典シリアルコード
・『バウンドモンスターズ』
・『全国ヒーロースラッシュバトル』
・『ミルキィホームズ シスターズ』撮り下ろし&たにはらなつき先生描き下ろしイラストB2リバーシブルポスター

 

■掲載予定マンガ&掲載情報

▲徳井さんは、月刊ブシロードに掲載される『まけるな!! あくのぐんだん』にて漫画家デビューを果たす。

そのほかにも、月刊ブシロードには

・『カードファイト!!ヴァンガード』最新最強情報
・各種TCG&ブシモ 情報
・『バウモン』 イラスト&ファン通信
・日本列島ぼくの街のヒーロー
・新日本プロレス 熱戦最前線
・ミルキィホームズ ユニットグラビア&舞台裏オフショット
・創刊記念 超特大読者プレゼント

などのコンテンツを掲載予定になっているとのこと。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧