1. サイトTOP>
  2. LINE福岡社屋の建設を発表 完成は2015年

LINE福岡社屋の建設を発表 完成は2015年

2013-07-17 17:00 投稿

●図書館などの公共施設も設置

2013年7月17日、LINEが国内第二の拠点として福岡社屋を建設すると発表。着工は2014年1月、竣工は2015年を予定している。

LINEでは、LINE、NAVER、livedoorの3ブランドでウェブサービス事業を展開。主軸事業である、スマートフォン向け無料通話・メールアプリ『LINE』の登録者数は、世界で1億9000万人を超える。今回の福岡社屋の建設は、サービスのさらなる成長を目的とし、『LINE』及び周辺サービスの開発ラボやアジア地域などのアクセスのよさを生かしたグローバル展開の拠点としての役割を担う。また、福岡社屋の建設に伴い、九州を中心に西日本地域における人材確保も進めていくという。

福岡社屋の構想は地上11階、地下2階。3F~11Fはオフィスビルとしての機能を持ち、低階層には一般市民が利用可能な図書館などの公共施設を設置し、福岡市都心部機能更新型総合設計制度(※1)の活用を予定している。さらに、図書館及び隣接する公園で利用可能なWi-Fiを無料で提供する計画もあるとのこと。

福岡社屋の設計施工は、環境にも最大限に配慮し、日本の建築環境総合性能評価指標“CASBEE”(※2)の最高ランクであるSランクと、世界的な建物環境性能評価指標“LEED”(※3)の新築部門最高ランクであるプラチナ認証を同時に取得する、日本初のオフィスビルを目指す。

※1:福岡市都心部において、土地の有効かつ合理的な利用とオープンスペースの確保を図ることによって、市街地環境の整備改善に寄与する建築計画に対し、容積率など緩和する制度。

※2:建築環境総合性能評価システム。省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用、室内の快適性や景観への配慮など、建物の品質を総合的に評価する。

※3:米国発の建物環境性能評価指標。建築物全体の企画・設計・建築施工・メンテナンスなど多岐に渡り、エネルギー効率や持続可能性が優れた建築物などを評価、格付けする。

<福岡社屋建設計画>
所在地  : 福岡県福岡市博多区博多駅前2-172
階数  : 11階・地下2階
着工    : 2014年1月
竣工    : 2015年
入居人員: 約1,000人を予定

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧