1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第201回『ペッカはいずこ』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第201回『ペッカはいずこ』

2013-07-05 17:26 投稿

『パズドラ』攻略ならファミ通App
iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

 

●ペッカはいずこ

ほげぇぇぇぇ~~~~~~~………………

……と、完全に燃え尽き症候群に罹患して、なんもやる気が起こらなくなっている大塚角満れぇぇす。

俺はもう、十分に活動した。

いますぐ佐賀のタヌキになって、吉野ヶ里の森で穏やかに暮らしたい……(意味不明)。

今回に限らず、節目を迎えると必ず熱意を消失させて森で隠居しようとする俺だが(基本、ダメ人間なんです)、やはり連載200回を数えた達成感とゴッドフェスで8匹目の小娘(ドリヤード)を引いてしまったショックは大きく、半ば本気で航空券を手配して人知れぬ田舎に引きこもろうと思ったのだった。

「えーっと、佐賀行きの便は、と……」

関東人の中では十指に入ると確信しているくらい、佐賀県を愛している俺。あと1クリックで航空券が買える……というところで、中目黒目黒がやってきた。

「なにをボケーッとしているんですか大塚さん。殿堂(社員食堂)行って、メシ食いましょうよ」

えー殿堂~……? 俺、そんなところじゃなくて余生を過ごすために佐賀にだな……。

「わけのわからないことを言ってないで、とっとと行きましょうよ! 定食がなくなっちまいますよ!!」

こうして、俺は目黒に首根っ子をつかまれて、社員食堂に連行されたのであった。

そして、殿堂--。

俺は“バジル風味のフライドチキン定食”、目黒は“焼肉ラーメン”という、冗談で作っちゃったテヘペロ的なご飯をトレイに乗せてテーブルについた。そしてお約束のようにスマホを取り出し、並行プレイしているアプリを“周回チェック”する。そしてブツブツと、「このアプリ、我々がE3に行っているあいだに仲間に引き離されましたね……」とか、「今朝、他のプレイヤーに我が村が襲撃されて、60000Gも強奪された……」とかとか、現状と反省点、今後の展望などを話し合う。まさに、いつものランチ風景。たいがいこのあと、どちらからともなく『パズドラ』の話を振るのだ。

この日のきっかけは、俺だった。

「そういやさぁ、パズドラの“CoCコラボ”って、やってる?」

CoCコラボとはもちろん、現在やってきている『クラッシュ・オブ・クラン』のスペシャルダンジョンのことだ。もともとストラテジー系のゲームが好きな俺と目黒はクラクラにも激ハマりしていたので、CoCコラボのモンスターが発表されたときにはワッショイワッショイの大騒ぎに。「これはパズドラの世界にもハマってる!!!」「アーチャーって女子だったの!?」「ゴブリンが憎たらしい!!」(※注・クラクラの世界では、ゴブリンは金品の強奪キャラなのだ)とうとうの感想をもらし、「CoCコラボが始まったら、ぜひやろう!!」と話し合っていたのだ。

スマホをいじりながら、目黒が応える。

「あ、じつはまだなんす。やろうやろうと思いつつ、最近ノーマルダンジョンにハマっててそっちばっかやってましたw」

俺は頷いた。

「ああ、そうなんだ。じつは俺、けっこう頻繁にこのダンジョンには通っているんだよね。……自分でいうのもナンだが、珍しくマジメに。もうボスの“CoC・ドラゴン”なんて、5体くらい獲ってるのにさあ」

目黒がニヤリと笑った。「確かに、珍しいっすね」。そして返す刀で、こんなことを訊いてくる。

「でも、なんでまた? なんか理由があるんですよねえ?」

「もちろん!」と応じて、俺はその訳を説明した。

「風のウワサで聞いたんだが、稀にこのダンジョンに“CoC・P.E.K.K.A”っていうレアモンスターが出現するらしいんよ。ホラ、グリフォンとかケルベロスとか、あんな感じでさあ。スクショ見たんだけど、こいつのデザインがじつにステキで、しかも悪魔タイプというからタマラナクなってね」

目黒は「へぇ~~~!」と感心したかのような声を出し、

「で、出たんですか? そのペッカとやらは」

と問いかけてくる。それに対し、俺は吐き捨てるように答えた。

「いやまったく……! 出る気配もないわ! 俺、パズドラのこういうキャラに出会えた試しがねえよ!! ……ホントにいるのかペッカってのは!!」

実際、俺はペッカ欲しさにCoCコラボの“勝利の礎 超級”に幾度となく潜っていた。しかし、手に入るのはハルク・ホーガンのようなCoC・バーバリアンや憎きCoC・ゴブリンばかりで、ペッカのペの字も出てこない。このとき、すでにあきらめの境地で、「いーんだいーんだ俺なんか……。このまま幻系のモンスターには一度も会えず、身体からキノコを生やして朽ちていきゃいーんだ……」とやさぐれモードまっしぐらとなっていたのである。

そんなボヤキを聞いていたのかいなかったのか、目黒は急に「よし!」と言い、「俺もそのダンジョンやってみよ。もしかしたら、1発でペッカとやらがでるかもしれないしw」と笑ったではないか。俺、「フフン!w」と思いっきり鼻笑いで返す。

「ふwww 出るわけねーだろwww 俺はもう、10回以上も潜ってるんだぜ? そんな俺が一度も見たことないっつーのに、ポッと出の目黒の前に現れてたまるか!!wwwww」

しかし、目黒は悪びれない。

「わかりませんよ~~~。そういう大塚さんの予想を覆して、すぐにフェニックスもケルベロスも出ましたからね俺は。今回も、出ちゃうんじゃないかなぁ~~~w」

俺は「言ってろ言ってろwww もうマグレはないよwww」と呆れ、斬新な味のバジル風味フライドチキンにかぶりついた。

その、わずか1分後のこと……。

目黒がいきなり「ガタンッ!!」と立ち上がり、驚きと笑いがないまぜになった複雑な声で「大塚さんッッ!!!wwwww」と叫んだではないか。同時に俺の眼前に、パズドラの画面が映ったスマホを突き付けてくる。ナンダナンダと目をこらすと、そこには………………!!!!


ペカペカ~~~~~ン………………

俺は椅子から転げ落ち、豆腐とワカメの味噌汁を巻き散らしながら声にならない悲鳴をあげる。

「ッッッッッッッッッッッッッッッ!!??!!?!」

目黒が勝ち誇った。

「これっすよね!!?w ペッカっての!!www やったやった!www 1回目で出たーーーーー!!!w また大塚さんを出しぬけたwwwww」

ようやく声が出せるようになった俺、目黒に毒づく。

「おおお、おかしいっ!!! 絶っっっ対におっかしい!!! ……はっ!! わかったぞ!! さては謀ったな目黒!!! じつは200回くらいそのダンジョンやってて、ペッカが出たところで止めておいたんだろう!!! いやそうだ!! そうに違いない!!!!><」

目黒が腹を抱えて笑った。「なに言ってるか、よくわからないんですけどwww」

こうして、またまた目黒に先を越されてしまったわけだが、冒頭の燃え尽き症候群と相まって、ますます隠居に心が傾くのでは……との心配の声も湧いてくることだろう。

ところが!!

この出来事が俺のパズドラ魂に火をつけ、「ちくしょう!!! 俺もやる!!! 絶対に手に入れる!!! 待ってろペッカ!!!!」となったんだから、人生って本当におもしろいですね。そして、くり返しくり返しダンジョンに通った結果、

ついに念願のペッカに遭遇!!!!! やった!!!! もらったああああ!!

……って、1回やられたんだけど(苦笑)あきらめるわけにはいかず、なけなしの魔法石を投入して見事これを倒し、

ついに俺は、ペッカのオーナーになったのでした!!

こういう僥倖に出会うと、とたんにモチベーションがあがるよね! まだまだこれからも、パズドラ世界で突っ走るぜ!!

というわけで、また来週~~~!!

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

【ファミ通Appアプリ配信中】
iPhone版はこちら →Android版はこちら


パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧