1. サイトTOP>
  2. 【事前登録】セガの新作RPG『チェインクロニクル』の開発者にその魅力を聞く!

【事前登録】セガの新作RPG『チェインクロニクル』の開発者にその魅力を聞く!

2013-07-04 17:39 投稿

『チェインクロニクル』は、スマートフォンゲームでありながら、本格的な冒険が楽しめるRPGとして生み出されたセガの注目作。Android版のβ版の配信を近日に控えた本作の秘密をいち早く探るべく、開発プロデューサーを務める新小田氏にお話をうかがった。

『チェインクロニクル』事前登録ページへ

[関連記事]
※セガが送り出す新たなRPG『チェインクロニクル』が判明! さっそくその内容に迫る!
※【事前登録】200人の仲間と自分だけの冒険譚を紡ぐRPG『チェインクロニクル』

 

新小田裕二(しんおだ ゆうじ)
本作のプロデューサー。セガの人気シリーズ『大戦絵巻』を手掛ける。(文中は新小田

 

●スマホで遊べる王道RPG

――まずは本作の内容を教えていただけますか?

新小田:ひと言で表現すると、“王道ファンタジーRPG”です。ファミコン後期~スーパーファミコンの時代に、現在30代の方々がもっとも遊んだRPGのイメージです。主力のキャラにカードを合成してっていうだけのゲームは多くの方に遊ばれていますが、そのジャンルにも飽きてきて、しっかりしたゲームらしいゲームを遊びたいという方もいると思います。

――そういった方々に向けて作られたというわけですね。

新小田:はい。ただ、その年代の方々は仕事もあると思いますし、“家庭用ゲームは、グラフィックはキレイだけど時間がかかり過ぎる”と思われている方や、なかなか家に帰ってじっくりゲームを遊ぶ時間が取れない方もいます。そういった方々でもスマホなら遊ぶ時間が多少は作れると思うので、その時間で物語やゲームをしっかりと楽しめる作品になっています。

――最近はRPGというジャンルでもストーリーがほとんど存在しないものもありますが、本作はそうではないと。

新小田:『チェインクロニクル』には、新しいキャラクターに出会ってストーリーが進んでいくという、RPG本来の“楽しさ”が詰まっています。メインシナリオがありつつ、そのほかのキャラクターが出てきて、彼らに関するサブストーリーが展開していきます。

―キャラクターがかなり登場するとお聞きしましたが、何名くらいいるのでしょうか?

新小田:仲間になるキャラクターは、すでに用意しているだけで200名以上います。仲間はカードのような扱いになっているのですが、ストーリーを進めて新しい土地に行くと仲間が増えます。ほかにも、新しい街の酒場で仲間に加わったりするのですが、キャラクターはグラフィックもしっかり作っていて、会話シーンのイラストのほかにバトル中の3Dモデルもひとりひとり用意しています。

――かなり手が込んでいますね。そもそもなぜ200名という大規模な数になったんですか?

新小田:当初は1キャラごとの手の掛かり具合から、全員で100名くらいを想定していたのですが、スマホゲームユーザーの方は、スタートダッシュで一気に遊ぶ方がいますし、人によっては時間があるときにかなり長時間遊ぶ傾向があります。それを考慮したときに100名では足りないということで、200名に増やしたんです。

――100でも多いと思ったのですが、足りないと(笑)。

新小田:そうですね。配信後にさらにキャラを追加する予定ですので、若干後悔してます(笑)!

――(笑)。仲間を増やすことによって、どんなことが起こるんですか?

新小田:RPGには“遊ぶ人全員が同じ物語を楽しめる”という要素がありますが、その楽しみを味わいながらも、遊ぶ人によって別々の体験ができるようなゲームになっています。ですから、メインストーリーは全プレイヤー共通ですが、仲間にしたキャラクターによってサブストーリーが異なりますし、好きなメンバーでパーティを組んで冒険ができます。

――たくさんの仲間がいると、いろいろな物語が楽しめそうですね。

新小田:仲間との絆が深まっていくと、“絆クエスト”でサブストーリーがプレイできるようになります。また、特定のキャラクターどうし仲間にすることで発生する“チェインシナリオ”というシステムもあります。いろいろなキャラクターを仲間にすることで、さらに新しいストーリーが体験できるというわけです。

●王道なストーリーと戦略的なバトル

――メインのスト―リーはどういった内容になるんですか?

新小田:王道な感じで、突如現れた“黒の軍勢”という敵に土地が侵略され、自軍との戦いが描かれます。その中で、ヒロインが謎の“クロニクル”という本を持っていまして、本の謎を追っていくという流れです。

――なるほど。仲間によって異なるパーティを組めるということですが、バトルはどういったシステムになるのでしょう?

新小田:自軍の陣地に攻め込まれないように、迫ってくる敵を倒すタワーディフェンス形式です。私を含めて、大戦絵巻シリーズ、さらにはアーケードの戦国大戦シリーズを制作してきたメンバーが参加していますので、タワーディフェンス&リアルタイムでのバトルにはこだわりを持っています! 僕が見ていてもちょっと引くくらいです(笑)

――バトルシステムも折り紙つきですね! ちなみに、実際に仲間にできる人数は何人なのですか?

新小田:最初は50名で、アイテムを使って徐々に仲間にできる人数を拡張できます。バトルでは最大5キャラでバトルを行うのですが、自分のキャラ4名+フレンドキャラ1名がスタメンで、サブに2名を組み込むことができます。

――サブの2名にはどういった役割があるのですか?

新小田:スタメンが倒されると、サブのメンバーと入れ替わるんです。キャラクターごとに職業が決っているので、戦略を立ててチームを編成するという、攻略しがいのあるバトルになると思います。

――フレンドがいると、何かといいことがあるのですか?

新小田:フレンドになると必殺技が使えるようになりますし、複数のユーザーが協力してボスを倒す、レイドボスのようなイベントも取り入れる予定です。

――いろいろな要素が盛り込まれているんですね。

新小田:ちなみに、バトル中にはボイスも出ます! 名前はまだ明かせませんが、豪華声優陣を起用していますし、キャラクターイラストは、ライトノベルなどのジャンルでも活躍されている著名なイラストレイターさんに参加していただいています。

――キャラクターそれぞれの魅力がより強調されそうですね。

新小田:このほかに、有名な作家さんにシナリオを書いていただいて、専用のイベントを作ってしまおうという“コラボレーションシナリオ”も予定しています。

――それは興味深い! コラボレーションシナリオ専用のキャラクターを書き下ろして、ということも……?

新小田:もちろんできます。随時配信したいと思っていますので、ご期待ください!

――楽しみです! それでは最後に、Android版のベータ配信を楽しみにしているユーザーへひとことお願いします。

新小田“ゲームをゲームとして楽しみたいファミコン世代集え!”とお伝えしたいです。物語を追体験する楽しみと、バトルで勝利する達成感をいっしょに楽しめるゲームが、スマートフォンでも遊べるんだと言うことを証明したいと思いますので、ぜひ信じてついてきてください!

[関連記事]
※セガが送り出す新たなRPG『チェインクロニクル』が判明! さっそくその内容に迫る!
※【事前登録】200人の仲間と自分だけの冒険譚を紡ぐRPG『チェインクロニクル』

チェインクロニクル

メーカー
セガ
配信日
2013年夏
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
Android 2.3.3以上、iOS 5.0以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧