1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】本格対戦型TPS『Battle Bears』 戦うのは……3頭身のクマ!?

【注目アプリレビュー】本格対戦型TPS『Battle Bears』 戦うのは……3頭身のクマ!?

2013-06-04 12:41 投稿

TPS(三人称視点シューティング)の人気タイトルと言えば、実在の銃器が登場したり、グラフィックの質が高かったりと、リアリティーを重視した作品が多い。そんななか、『Battle Bears』は真逆を走っている。デフォルメされたクマたちが、虹のカッターやレーザーライフルを駆使して戦いをくり広げるのだ。装備はもちろん、「クラス」と呼ばれる操作キャラクターごとの長所や短所を把握して、宇宙一のクマを目指せ!

 

●チュートリアルのうちに操作しやすい設定に変えよう

FPS(一人称視点シューティング)と比べて遊びやすいTPSではあるが、このゲームはなかなか難しかった。
本作はすべてが英語表記。だが、テキストを読み込まなくてもチュートリアルをプレイすれば基本操作は覚えられる。キャラクターの操作自体は簡単で、画面左下のパッドアイコンで移動可能。視点を変えるには、画面をスワイプすればいい。しかし、この視点移動がクセモノ。初期設定ではグルグルと画面が回ってしまい、戦う以前の問題だった。まずは画面中央上部の歯車アイコンからオプションを開き、“SENSITIVITY”の数字を調整しよう。数字が低いほど画面の旋回速度が遅くなり、狙いを定めやすくなる。射撃をするには画面をスワイプして照準をターゲットに重ね、画面右辺りの丸い射撃アイコンを押す。押しっぱなしにしておけば連射もできる。
また、射撃は画面をダブルタップすることでも可能で、こちらの方法がおすすめ。前者の方法だと視点を動かしたときに射撃アイコンに触れてしまい、暴発することがあるからだ。なお、この設定も歯車アイコンから入るオプションで変更できるぞ。“DOUBLE TAP MODE”にしてしまえば、射撃アイコンが消えるので暴発を防げる。

▲まずはチュートリアルで基本を学ぶ。電脳空間みたいなステージでわくわくしてくる!

▲実戦に移る前に、オプションで扱いやすくカスタマイズだ。実際に操作して判断しよう。

 

●装備を使いこなして、戦闘を有利に運べ!

武装は“PRIMARY”(主武装1)、“SECONDARY”(主武装2)、“MELEE”(近接武器)、“SPECIAL”(特殊効果のある装備)という、直接的な武器や装備に加えて、“EQUIPMENT1”・“EQUIPMENT2”(パラメータ補正)の計6種類。“EQUIPMENT”は、装備するだけで各種攻撃力や防御力、弾薬の装填数やキャラクターの移動速度を引き上げることができる。最初は“EQUIPMENT2”がロックされており、解放するには8以上のプレイヤーレベルと10Gas(通貨)が必要だ。この装備の組み合わせで、戦術が大きく変わってくる。まずは初期装備で何ができるのか、いろいろと試してみよう。
なお、Gasはおもに課金で手に入る。ほかにゲーム内通貨としてJoulesがあり、こちらはおもに対戦で手に入れられるぞ。

▲“PRIMARY”と“SECONDARY”の切り替えは画面右上のアイコン。“MELEE”、“SPECIAL”は右下のアイコンをタップで使用できる。

 

●クラスごとの得意、不得意を把握せよ!

戦場ではネットを介して世界中のプレーヤーとマッチング、対戦を楽しめる。人気なのは赤組と青組に分かれて4対4で戦う“TEAM BATTLE”だ。このゲームの最大の特徴はクラスにあって、RPGのジョブのようなものと考えればわかりやすい。RPGでは戦士、魔法使い、盗賊など……それぞれ性能が違い、装備できるものも違うはずだ。2013年5月現在、このゲームには7種類のクラスがある。ゲームを始めて早い段階から使用できるのは“SOLDIER”、“HEAVY”、“HUGGABLE”、“DEMO”、“SNIPER”の5種類だ。では、それぞれの特徴を見ていこう。

 

 SOLDIER

“SOLDIER”は、初期状態ではとにかく器用貧乏といった印象。火力が足りず、はっきり言って貧弱! このクラスで勝ち続けられるのは、この手のゲームに慣れている猛者だけではないだろうか? もちろん、装備が充実してくれば話は別だが、初心者は避けるのが吉だ。最初にこのクラスを選んで戦場に立ったら散々な目にあってしまった。

▲いつの日か汎用性の高い万能クラスになってくれるのだろう。

 

HEAVEY

“HEAVY”は図体からして強そうなヘビー級クラス。移動速度は遅いが、初心者でもタフさを活かした安定した立ち回りが……できなかった! こちらもいずれ強力な戦士に化けそうでも、初期状態ではただの的である。こてんぱんにやられてしまった。後述する“HUGGABLE”に有利なクラスらしいが、これも初心者向けのクラスではない。

▲頑丈さが売りなので堂々と進撃せよ。落ちたら即死だけどな!

 

HUGGABLE

“HUGGABLE”は、吹けば飛ぶような脆弱な装甲と引き換えに、圧倒的な移動速度を持つクラス。“HEAVY”を一瞬で置き去りにできるほどの機動力だ。こいつがとにかく強い! “SECONDARY”の“TOUGH LOVE”を発動すると、全身からハートが溢れ出て一定時間攻撃力がアップするのだが、この状態でくり出す“MELEE”の威力は強烈のひと言! 大抵の敵を秒殺できるぞ。仲間の弾幕で敵陣を撹乱し、隙を突いて一気に攻め込め! え? 敵の攻撃? それは「当たらなければどうということはない」ってやつさ……。

▲紙のような装甲と神のような接近戦の強さを持つ。敵の弾幕を掻い潜れ!

 

DEMO

“DEMO”はパンダ型の戦闘マシーンといった風貌のクラス。中距離戦が得意で、多くの敵を爆風に巻き込み殲滅できる。つねに自分の間合いを保って戦うことが重要になるが、慣れてくれば非常に強力なクラスだ。“MELEE”も威力が高く、他のクラスよりリーチがあるので、後退しながら戦えば接近を許さず一方的に勝てることも。ただし、開けた場所では無類の強さを発揮する代わりに、狭い場所では得意の爆風が仇となる場合が……。

▲爆風を操る派手なクラス。自爆だけは勘弁な! “MELEE”のリーチはどのクラスよりも長い!

 

SNIPER

“SNIPER”は“HUGGABLE”と並び、初心者でも大活躍できる強力なクラス。連射は利かないが“PRIMARY”の威力が高く、超遠距離攻撃で敵の間合いの外から攻撃できるのが最大の強みだ。乱戦になると競り負けることが多いので、戦場を見渡せるポイントを探して、前線の味方を支援していくのが良いだろう。また、照準が特殊で、敵を捕捉し続けると色が変わる。白く光ってから撃てば一撃必殺になるぞ! ほか、相手に鳥をくっつけて視界を奪うことも可能だ。

▲戦場を支配する狙撃手。一撃必殺をクールに狙え。

▲敵に回すと厄介な“SNIPER”。狙われると赤い照準が現れるのですぐに隠れろ! 

▲こちらは鳥をくっつけられた状態。これも“SNIPER”の仕業だ!

 

●賢いクマはアイテムや地形を利用する!

戦場にはアイテムが落ちていることがある。たとえば、救急箱を拾えば左上のライフゲージが回復、盾を拾えばシールドが現れて、敵の攻撃から身を守れるといった具合だ。また、設置されたジャンプ台を踏むことで、高台に飛び上がることが可能。敵を高所から狙い撃ちできたり、敵の攻撃を避けるのに使えるぞ。そうして何度も戦っているうちに、クラスごとに有利な地形や不利な地形がわかってきて、どんどん強くなるはずだ。装備の強さ以上にプレイヤーの経験がモノをいうゲームだから、無課金でもやればやるほど上達することだろう。

▲高台にシールドを発見! 丸いのがジャンプ台だ。踏めば拾いに行けるぞ。

▲お解りいただけただろうか? 奥に“SNIPER”の姿が見える。この救急箱は罠だ!

 

●新しい装備を買う? “SKIN”で個性を出す?

対戦をくり返してGasやJoulesが貯まったら、新しい装備を買いに行こう。ただし、強い装備はやはり高いし、対戦を重ねてレベルを上げないと買うことができない。しばらく溜め込んで強い武器を買うもよし、ちょこちょこと買っていくもよしだ。装備に頼らないガッツがあるなら、スキンを買って個性をアピールするのもいいだろう。これはクラスごとに数種類が用意されていて、キャラクターの外見を変えることができるというもの。残念ながら性能は変わらないので、初心者のうちのご利用は計画的に!

▲“SOLDIER”の“MELEE”。刀もあれば定規も売っている。

▲“SOLDIER”の“SKIN”。カッコつけるのもいいが、ウケ狙いもありか!?

Battle Bears

メーカー
SKYVU PICTURES
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金制)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.2 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み、Android2.2以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧