1. サイトTOP>
  2. 【プレゼントあり】 BCグランプリとあのミニゲームを分析してみた『ダビスタ for GREE』

【プレゼントあり】 BCグランプリとあのミニゲームを分析してみた『ダビスタ for GREE』

2013-05-31 14:23 投稿

●注目のBCグランプリの第1回大会の結果は……!?

前回は、最強馬生産のカギのひとつとなるプレミアムセールについてお届けしましたが、今回はいよいよ始まったBCグランプリについて分析。出馬投票券のミニゲーム攻略法も模索します。もちろん語るのは、おなじみとなったサラブレ編集部の『ダビスタ』担当・タッチ藤田と太田ヨウキチです。

※競馬情報満載のサラブレモバイルはこちら(スマートフォン、またはフィーチャーフォンでご覧ください)
[スマートフォンはこちら]
[フィーチャーフォンはこちら]

★本作へのアクセスはこちら(スマートフォン)
★本作へのアクセスはこちら(フィーチャーフォン)

 

●あの怪物を再現したBCグランプリの優勝馬

藤田:「BCグランプリ」の第1回大会の結果が出ましたね。毎日1Rずつ違った条件の7つのレースに出走して、獲得ポイントの合計で競うというユーザー対戦です。

太田:どうだった? キミの馬も出走したんでしょ?

藤田:……散々な結果でした(涙)。

太田:あ、そうなんだ? キミのことだから、いきなり好勝負してるのかと思ってたんだけど(笑)。

藤田:いえ、まったくお話にならなかったです。「G1グランプリ」への参加条件は“G1レースに勝利した馬”ですが、おいらの愛馬は高松宮記念の勝ち馬だったので、まったく距離適性があわなすぎでした。それでも2R目の京都・芝3200m(外)で3着に食い込んでくれたんですけどね。

太田:第1回の大会は芝の2000mから3200mまで比較的長距離のレースが多かったんだっけ? やっぱりBCでも距離適性というのは大切なんだろうな。

藤田:総合優勝した馬はサンデーサイレンス×シーブリーズメロディという血統でした。

太田:シーブリーズメロディといえば、父Alzaoでウインドインハーヘアを血統モデルにした繁殖牝馬だよな。つまり、ディープインパクトの再現配合ってわけか。

藤田:そうですね。しかも、前回に話題にしたとおり、サンデーサイレンス産駒はプレミアムセールでしか手にはいらないので、恐らくこの第1回の優勝馬もプレミアムセール出身馬ですよ。

太田:なんと!  優勝馬のプロフィールを見ると現役時の通算成績は22戦10勝で、総賞金は5億6600万DDも稼いでるのか。プレミアムセールからも、やっぱりこんなスゴイ馬が出てくるんだな。俺も活用しようっと。

▲第1回大会の優勝馬。血統はディープインパクトの再現配合となっている。父サンデーサイレンスなのでプレミアムセールで手に入れた馬だと思われる。

 

藤田:準優勝の馬は父ブライアンズタイム×母自家製牝馬(母父エンドスウィープ)という血統。そして、第4位の馬も父ブライアンズタイム×母自家製牝馬(母父エンドスウィープ)と血統構成がほぼ同じような馬でした。やはり優秀なパラメータを持った種牡馬の産駒が活躍しましたね。

太田:いずれにしてもアウトブリードで誕生した馬なのか。キミはインブリードでの配合を勧めていたけど、そのあたりはどうなの?

藤田:そうですね……今回の大会は長距離のレースが多かったので、気性が激しくなりやすいインブリードはスタミナ面でキツかったのかもしれません。そう考えると作戦ミスと言えるかもしれません……。でも、いま募集している第3回の「BCグランプリ」は短距離中心なので、きっと上位の馬たちの血統構成もだいぶ変わってくるハズです!

太田:第3回は1R目が函館・芝1000m、2R目は阪神・芝1400m、3R目は東京・芝1600m、4R目は新潟・芝1000m(直)、5R目は中山・芝1200m(外)、6R目は京都・芝1600m(外)、そして最後の7R目が中京・芝1200mか。まさに、マイル・スプリンターの戦いなんだな。

藤田:エントリーの締め切りは6月2日の22時なので、おいらもまた挑戦できるように強い馬作りを頑張ります!

▲第3回大会は距離が短めのレースで開催される。6月2日の締め切りまでにスピードの秀でた競走馬を育成して参戦しよう!

 

●出馬投票券のミニゲームに攻略法はあるのか!?

太田:「BCグランプリ」に挑戦するのは良いんだけど、レース出走の度に“出馬投票券”が必要になるのが地味に大変だよ。出馬投票券探しのミニゲームで、なかなか見つからない時があったりして。

藤田:確かにハズレばかりが続くと凹みますね。実はあのミニゲームも何か攻略要素があるんじゃないかと思って調べてはいるんですよ。

太田:何か掴めそう?

藤田:うーん、なかなか「これぞ!」といえる攻略法は見つけられずにいます。

太田:初めは3枚の書類の中から選んでいたけど、そのうち5枚、6枚……と増えてくるんだけど?

藤田:そうですね、最少3枚からスタートして最多10枚まで増えます。当然、落ちてる書類が少なければ当たりやすくて、書類が多いと当たりにくくなります

▲初めは3枚からスタートする出馬投票券探しのミニゲーム。続けてプレイしていると書類の枚数は最多10枚まで増えていく。

 

太田:あの書類って、どういう条件で増えるんだろう?

藤田:多分ですけど、24時間以内に出馬投票券を引いた回数に比例しているんじゃないか? と思います。厩舎にたくさんの馬がいて、同じ週に何頭も馬が出走する状況が続いたときに、見る見る書類の数が増えましたから。

太田:そう言われれば、取材なんかで忙しくてプレイできなかった翌日は書類の数が減っていたかも。

藤田:なので、もし床に落ちてる書類が増えたせいでなかなか当たらなくなってきたら、少し時間を置いてからチャレンジするのが良いと思いますよ。

太田:なるほどねぇ……果報は寝て待て的な感じか。

藤田:ちなみに、机の上に積まれた書類が風で舞い上がるムービーが表示されますけど、散らばる書類が多いときは、ちゃんと机の上の書類の山が高くなっていのでご注目を(笑)。

太田:まったくプレイの役に立たないトリビア的な知識だな(笑)。

▲書類の山の高さで、散らばる書類の数が違っている。プレイの際には意識して見てみよう。

 

藤田:おまけにもうひとつ。良い検証方法が見つからず、まだ模索状態なので確定情報としてお伝えはできないんですが、あの書類は3枚だから単純に当たりの確率は33.3%というわけじゃない気がします。

太田:え、どういうこと?

藤田:つまり“ハズレ1枚、当たり2枚”のようになっている場合もあるんじゃないか、と。その場合なら、当たりの確率は66.6%になりますよね。

太田:じゃあ、10枚の書類が散らばっているときも、その中の当たりは1枚だけってわけじゃないと!?

藤田:恐らく……。前回に当たりの書類を引き当ててから、あまり時間を置かずに再チャレンジすると当たりの確率が低くなる。連続で当たれば、それだけ確率が低くなっていくんじゃないか……と。

太田:ってことは、もし散らばってる書類が10枚だったら、例えば最初はそのうちの4枚くらいが当たりで、当たりを引き続けることで、3枚、2枚、1枚と減っていって当たりづらくなるってことか?

藤田:あくまでも、プレイしながら“当たった・外れた”というのをカウントしているうちに、何となくそうじゃないかと感じた……というレベルの推測なので、話半分で聞いておいてください(笑)。

太田:まあ、眉唾だけど面白い仮説だな。

藤田:ですので、攻略としてはハズレが続くようになってきた場合は、書類の枚数が増えた時と同じく少し時間を置いてからチャレンジしてみるのが良いんじゃないかと思います。

太田:なるほど、意識してみるよ。ところで、また今回も期待しちゃっていい?

藤田:え、何をですか?

太田:ここのところ毎週の恒例になってきているプレゼントだよ。話の流れ的に「出馬投票券」が嬉しいなと思うんだけど。

藤田:「出馬投票券」ですか……いいですね。おいらも欲しいので、開発スタッフの方にお願いしておきましょう。

太田:よろしく頼む!

出馬投票券(15枚1セット)プレゼント

キーワード:winningticket

キーワード入力へ→サラブレモバイルからのプレゼントから入力ページへ。
※すべて半角小文字の英字で入力してください。
※受取り期間は5月31日(金)から6月6日(木)の15時まで
※受け取り可能なのはひとり1回、1セットのみです。

 

ダビスタ for GREE

メーカー
エンターブレイン
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金制)
対応機種
【スマートフォン】iOS:iOS 4.3以上(5.0以上推奨)、Android OS:2.2以上(2.3以上推奨)【フィーチャーフォン】docomo:flash 対応機、au:WIN flash 対応機、softbank:3G flash 対応機 ※一部非対応の機種があります。
備考
※ゲームを遊ぶにはGREEへの会員登録が必要です。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧