1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第184回『決意のとき』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第184回『決意のとき』

2013-05-28 17:25 投稿

【ファミ通Appアプリ配信中】
iPhone版はこちら →Android版はこちら

●決意のとき

その一報が報じられたとき、俺は密かに思った。

すべてを捨ててでも手に入れなければならないモンスターが、ついに現れた」

と。そして、

「このモンスターに挑む日に備えて、万全の準備をしておこう」

と心に誓ったのである。しかし。

「いや、どう考えても無理っすよwww だって俺ら、まだゼウスすら倒してないんですよ?www」

盟友の中目黒目黒は、俺の決意をそう言って笑い飛ばした。

「ええ?? 何言ってるの?? それ、スタミナが無駄になるだけでしょ???」

合理主義者の身内のHも、俺の決意にクエスチョンマークを出す。

そう、彼らの言う通りなのだ。そんなこと、俺自身もよくわかっているのである。いまの俺の戦力では、決してあの神には届かないと言うことも……。

それでも、やらねばならない。たとえ死が約束された場所だとしても、あえて踏み込まなければならないときがパズドラーにはあるのだ。

「……いや、やられるのが決まっているなら、無理してやらなくてもいいと思うけどwww」

もっともなHの発言は、この際無視することにした。理屈ではなく、俺の精神が、「ここはやっとくべきだよ」と告げているのだからしかたがないではないか。俺は、懐疑の視線を向ける目黒やHに高らかに宣言した。

「5月27日に襲来する神、“ゼウス・ディオス”に俺は挑む!! 俺はそういう人間だ!!」

どっかで聞いたことのあるセリフですがね。

しかしナゼ、ここまで俺はゼウス・ディオスにご執心なのか? 同じ“降臨系”の石川五右衛門やヘラ・イースに対しては「ほうほう、降臨しましたか。なるほどなるほどお疲れ様です。ま、そのうち俺が強くなったら遊んでもらいますかね」ってな感じで、ほぼ敵前逃亡の状態だった。もちろん、ゼウスに対してもそうだ。しかし、ゼウス・ディオスに対しては並々ならぬ気合を込めて、それこそ不退転の決意で臨もうとしている。その理由は、たったひとつしかない。

「ゼウス・ディオスが、木属性だから」

これに尽きる。やはり俺は、イシスに横恋慕しようが悪魔に心を奪われようが、根本的に樹液の血が流れているのでありますよ。

しかし、いくら「気合だ気合だっ!!と騒いだところで、戦力が整っていなければ意味がない。サタンを倒したときは奇跡の連鎖に助けられたので、今回もイシス×ラー、もしくはイシス×ホルスで挑みたいのだが(……と言いつつ、ゼウス・ディオスのダンジョンは回復無しではないので、イシス×ホルス一択だと思っているがw)、俺のイシスパーティーの面子はさほど育っていなかった。

これではおそらく、1秒でボコられて病院送りであろう。では、どうすればいいのか? 俺は悲壮な声でつぶやいた。

「やるならいましかない。すべてをこのダンジョンに捧げるんだ……」

いまやプラントアーミーズポイントゲッターとなっている“覚醒オーディン”を合成ルームに連れ込む。このときのレベルは74。我が弱小軍団の中にあっては、これでも十分にエースを張れる実力者である。そして、これ以上育てようと思ったら並大抵ではない投資が必要なので、「ま、オーディンはこれくらいでいいかな」と思っていたのもまた事実だったりする。

「でも、これじゃダメなんだ……。身を切らなければ、つぎの段階に進めないんだよな」

俺は、「いつかパールヴァティーを手に入れたら、こいつを喰わせて一気に成長させるんだ♪」と思って大事に大事に育てていた“あるモンスター”を摘まんで合成素材にぶち込んだ。

レベルMAXまで成長させておいた、ノエルドラゴン・ヴェール……。これを使ってしまうのは、本当に辛い。ここで使ってしまったら、ヴァティーちゃんを一生手に入れられない気がする。それでも、前に進むためには決断せねばならないのだ。

「ごめんヴァティー……。ごめんヴェール……。どうかオーディンの力になってやってくれ……!><」

そして、ノエルドラゴン・ヴェールは覚醒オーディンに合成された--。結果、一気に150万の経験値を得たオーディンは、レベル93まで急成長する。しかし、俺はまだ満足しない

「さあ、もうひとりのキープレイヤーにも成長してもらおうか……」

続いて選択したのは、紅蓮の女帝エキドナである。数百に及ぶパズドラのモンスターの中にあって、使い勝手という点ではナンバーワンかもしれないエキドナも、俺のパーティーではレベル71止まりだった。彼女にも、急成長してもらわねば。合成素材に、コイツを選んだ。

レベル36の、ノエルドラゴン・ルージュ……。本当は満タンまで育ててから混ぜたかったけど、ヴェールを合成したいまの勢いがないと、ずっと合成せずに塩漬けにしてしまう予感がしたので、一気に混ぜてくれたわ。これにより、紅蓮の女帝エキドナはレベル86になった。

「よし……。まだまだ足りないと思うけど、いまできることはすべてやった。跳ね返されるかもしれんが、ゼウス・ディオスに挑んでやる!!!」

俺は以下のパーティーで、ゼウス・ディオスの待つダンジョン“天地神”に潜っていった。

次回に続く~。
[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

【ファミ通Appアプリ配信中】
iPhone版はこちら →Android版はこちら


パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧