1. サイトTOP>
  2. おとなしく死んでろ!『The House of the Dead Overkill The Lost Reels』配信開始

おとなしく死んでろ!『The House of the Dead Overkill The Lost Reels』配信開始

2013-04-26 16:13 投稿

●スマホに最適化されたガンシューティング

セガは、2013年4月25日よりホラーガンシューティングゲーム『The House of the Dead Overkill The Lost Reels』の配信を開始した。『The House of the Dead Overkill』は、1996年にアーケード用タイトルとしてリリースされた『The House of the Dead』シリーズ第1作目の8年前の世界を描いたWii用ゲーム『The House of the Dead Overkill』をスマートホン向けに最適化した作品だ。

 

 

■スマートフォン向けコントロールスタイル
最適化された3つのコントロールスタイルにより、スマートフォンならではの銃撃アクションが楽しめる。
・加速度センサー:端末を傾け照準を合わせる
・仮想パッド:パッドを自由に操作して照準を合わせる
・フレンジータップ(アンロック可):直接ミュータントをタップして攻撃

■オリジナリティ豊かな3つのステージ
ストーリーモードには、今回の事件の元凶であるパパ・シーザーの館を舞台とした『パパズ・パレス・オブ・ペイン』、バイユーシティに建つバイユー郡総合病院を舞台とした『バリスティック・トラウマ』、ストリップ劇場を舞台とした『ネイキッド・テラー』の3種のステージが用意されている。また、サバイバルモードでは、ハイスコアを狙って迫り来るミュータントを撃ちまくるシューティングアクションを楽しむことができる。

■武器のアップグレードによる戦略的プレイ
ミュータントを倒すと得られるキャッシュで、新しい武器を購入したり、武器をアップグレードすることが可能。ほかにも、コンボ延長やリロードブーストなどのゲーム内アッグレードで武器の殺傷力を強化することにより、戦略的なプレイが楽しめる。

 

 
 

 

◆ストーリー
忌まわしい“キュリアン邸事件”からさかのぼること8年。1990年…アメリカ南部の街バイユーシティ。この街で、奇妙な事件が発生する。調査から、農場主であるパパ・シーザーが事件の黒幕であるとの情報が浮上。この情報を受け、AMSエージェントGと地元警察の刑事であるワシントンが、事件解決のために事件発祥の町に潜入する。

The House of the Dead Overkill The Lost Reels

メーカー
セガ
価格
450円
対応機種
iOS (iOS5,3GS以上、iPod touch第四世代以上、iPad1以上対応) / Android(OS2.3.3以上対応)

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧