1. サイトTOP>
  2. 【新作情報】物理パズルゲーム『Cut the Rope』最新作はキャンディも怪物も2倍!

【新作情報】物理パズルゲーム『Cut the Rope』最新作はキャンディも怪物も2倍!

2013-04-19 17:49 投稿

●最新作もやっぱりハマッた!

ZeptoLabが生んだ大人気物理パズルゲーム『Cut the Rope』シリーズの最新作、『Cut the Rope: Time Travel (カット・ザ・ロープ:タイムトラベル)』が配信スタート!

『Cut the Rope』は、GDC 2011(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)の携帯ゲーム機部門に見事Best Handheld Games賞を勝ち取ったタイトル。ロープをカットして吊るされているキャンディを緑色のモンスターに食べさせるというシンプルなルールながらも、物理演算を利用した秀逸なギミックによる飽きのこないステージ構成で、一度始めると止められない中毒性の高さが魅力。最新作『Cut the Rope: Time Travel (カット・ザ・ロープ:タイムトラベル)』では、キャンディを食べさせるモンスターが2体に増えており、難易度がアップ。その分、解き方を閃いたときの気持ちよさは2倍以上なっており、シリーズ経験者でもハマってしまうこと間違いなし。思考停止寸前まで脳をフル回転させて、全ステージクリアーを目指そう。

ゲームは、緑のモンスターがキャンディを追ってタイムマシンに乗ってしまうところからスタート。たどり着いた先は過去の時代。そこで待っていたのは、ご先祖様らしきもう1匹のモンスター。本作では、現在と過去の2体のモンスターにキャンディを食べさせることが目的となる。

▲キャンディにつられてタイムマシーンに吸い込まれてしまうモンスター。名前はOm Nomというらしい。

基本ルールはこれまでのシリーズと同様だが、キャンディがふたつになっている。キャンディはモンスター1体につき、ひとつまでしか食べさせられない。ステージ中に仕掛けれたギミックをうまく使って、大口を開けたモンスター2匹にキャンディを食べていこう。失敗してもペナルティはないので、トライ&エラーをくり返せば、きっと解き方が見つかるはず。

▲時代によって異なるギミックが登場。中世では鋼鉄の鎖をそれを切る刃。ルネサンスでは、時間を止めるギミックを使ってステージクリアーを目指す。

ステージ中の星を一定数集めると、新たな時代へとワープ。現在は、中世、ルネサンス、海賊船、古代エジプト、古代ギリシャ、石器時代の6つの時代をプレイ可能だ。ひとつの時代に15ステージが用意されているぞ。ステージ中には、最大3つの星があり、後半のステージになるほど難易度が上がってコンプリートが難しくなる。そんなときに便利なのが超能力。画面左上の雷マークをタッチすると超能力が発動。ステージ全体にバリアが張られてキャンディが落下しなくなるほか、画面をタッチするとキャンディを自由に動かせるようになる。ただし、超能力は初期状態で3回まで、以降は基本的に課金しないと使うことができないので、使いどころは慎重に。また、超能力を使ってクリアーした場合は、スコアが加算されないことも覚えておこう。

▲超能力発動! Om Nomがシャキーンと変なサングラスをかける。▲基本的には、超能力を使わず、パーフェクトクリアーを目指したい。

Cut the Rope: Time Travel (カット・ザ・ロープ:タイムトラベル)

メーカー
ZeptoLab UK Limited
配信日
配信中
価格
iPhone版85円[税込]、Android版99円[税込]
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み、Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧