1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第125回『推参! フェニックス討伐隊!!』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第125回『推参! フェニックス討伐隊!!』

2013-01-23 14:30 投稿

[関連記事]
※【パズドラ:募集】『パズル&ドラゴンズ』ファンのご意見大募集!
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

●推参! フェニックス討伐隊!!

突然ですがここで、スペシャルダンジョン“天空龍”シリーズにおいて、ワタクシが天空龍&幻のモンスターをどれだけ手に入れられたかをつまびらかにしたいと思う。現在進行形の炎の天空龍を除いて、ね。

【大塚角満の成績】
樹の天空龍……ホウライ(○)、グリフォン(×)
水の天空龍……ニライカナイ(○)、クラーケン(×)
闇の天空龍……エリュシオン(×)、ケルベロス(×)
光の天空龍……シャングリラ(×)、ユニコーン(×)

これはいったい、どう判定すればいいのだろうか? 便宜上、メインの目的である天空龍については2勝2敗と五分の成績なので、「野球だったらギリでAクラス入り」と言えなくもない。我が愛する広島東洋カープが15年連続Bクラスに甘んじているのを考えると、このAクラス入りは“偉業”と考えて差し支えない気もする。しかし、野球に例えたら交流戦の趣もある(そうか?)幻のモンスターについては、0勝4敗の勝率0割。合算すると、

総合成績 2勝6敗

となり、大相撲で例えたら負け越し寸前の危険な水域……と言わざるを得ない。とくに、闇の天空龍以降の体たらくたるや目を覆うばかりで、とてもじゃないけど山本プロデューサーに合わせる顔がないというものである(昨日飲んだばっかだけどな)。

しかし、こういった惨状は俺ばかりではないはずだ。目黒なんて、もっと悲惨なことになっているに違いない。そこで、ウキウキしながら尋ねてみると…………。

【中目黒目黒の成績】
樹の天空龍……ホウライ(○)、グリフォン(×)
水の天空龍……ニライカナイ(○)、クラーケン(×)
闇の天空龍……エリュシオン(○)、ケルベロス(○)
光の天空龍……シャングリラ(○)、ユニコーン(×)

総合成績 5勝3敗

うおおおおお!!! か、勝ち越してやがる!!! そしてやはり、偶然たまたま奇跡のマグレで引いたケルベロスが光っているし!!!!

「いやあ、こんくらいベテランだったら常識じゃないですか? ……で、大塚さんの成績は??」

言われた俺はぐうの音も出ず、でも悔しいのでひたすら「ぐぅ……ぐぅ……」とうめき続けたのであった。

それにしても、これは非常によくない傾向である。いくら幻のモンスターとは言え、過去4回のチャンスをすべて逃しているなんてとてもじゃないけど人に言えたものではない。となれば、最後のチャンスである炎の天空龍だけは外すわけにはいかないが……。

そんなことを考えていたら、目黒からskypeが飛んできた。

目黒:大塚さん、もしかして炎の天空龍にも幻モンスター出るんですかね?

若干震える声で、俺は応える。

大塚:う、うむ。ウワサでは出るらしいよ……。

これに対し、目黒が疑わしげな口調で突っ込んできた。

目黒:ホントっすかぁ~~~?? いや確かにケルベロスはいましたけど、グリフォンもユニコーンも見てないから、にわかには信じがたいですよ。どうせまた、ライオンイーターとかケサランパサランみたいな都市伝説なんじゃないっすかぁ???

俺、気色ばんで反論する。

大塚:いやいやいや!! ホントだって!! ホントに出るんだって!!! すでに名前も姿も当局に報告されてるんだから!!

抑揚のない調子で、目黒が尋ねた。

目黒:当局ってどこっすかww ……じゃあ、そのモンスターの名前は?

俺は答えた。

大塚:“フェニックス”。火のダンジョンらしく、炎の不死鳥が出現するらしいよ。

この“フェニックス”という名称がツボだったらしく、目黒がいきなりヒートアップした。

目黒:うおおおお!! かっちょいい!!! それはアツい!!! ぜひともとっ捕まえたい!!!!

というわけで急遽、我々は“フェニックス討伐隊”を結成。集中的にスペシャルダンジョン“緋天の空 超級”に通い、幻のモンスター・フェニックスを捜すことになったのであった。

次回に続く~。

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 


■書名:パズル&ドラゴンズ モンスター図鑑
■発売:2012年12月19日
■価格:998円[税込]
■体裁:308ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)

[関連記事]
※【ファミ通App NO.005】脅威の”+3値”付き! キングゴールドネッキーがパワーアップして蘇る

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧