1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第121回『『ケリ姫』コラボの意義』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第121回『『ケリ姫』コラボの意義』

2013-01-16 15:15 投稿

[関連記事]
※【パズドラ:募集】『パズル&ドラゴンズ』ファンのご意見大募集!
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

●『ケリ姫』コラボの意義

いまさらながら2012年を振り返り、超個人的なビッグトピックを列挙してみる。

・酒で失敗して友だちと疎遠になった……
・買っただけでまったく乗らなかったバイクが完全不動車になった……
・仕事の成果をロクにあげられなかった……
・毛が抜けた……
・クリスマスの夜、ひとりで中華食堂でチャーハン食ってた……

……ってオイオイ、ロクでもねえ1年だな……。いくら厄年だったとは言え、何かに呪われているとしか思えねえぞ……。

厄年で思い出したけどこの正月、ひさしぶりに実家に帰ったら、オフクロが俺の顔を見るなり神妙な表情で、

「そういやオマエ、去年は厄年(本厄)だったろ? お祓いに行ったほうがいいんじゃないん?」

とのたまった。

……そういうことは厄年が始まったときに言ってくれっ!!!!!

真剣に、そう思ったね。まあ今年は後厄だから、いまから厄除けに行ってもいいんだろうけど……。

いきなり話が逸れた。

上に列挙した出来事は悪いことばかりだけど、当然ながら「これはよかった!」と膝を打ちたくなることもありました。その最たるものが、

・『パズドラ』に代表されるスマホアプリにハマった

というもので、これにより大袈裟ではなく、俺の前に新しい道が拓けたと確信している次第でございます。

『パズドラ』に出会って以来、俺は本当にスマホのアプリでよく遊んだ。ずっと家庭用ゲーム機畑で仕事をしてきたこともあってか、俺はどこかスマホ用のゲームに壁を作っているところがあって、もともと好きなボードゲームやカードゲーム以外にはまったく興味を示さなかった。

しかし、『パズドラ』という稀代のスマホアプリとの邂逅が、俺の浅はかな認識を180度ひっくり返してくれる。手軽で安いことに加え、クオリティーが抜群に高いものや、非常に優れたアイデアを誇る作品もたくさんあった。それも、無数と言っていいほどに……。まるで家庭用ゲーム機の黎明期のような、アイデア1発勝負の気鋭の作品群に囲まれながら、俺は思ったものだ。

「ここは宝の山だ!!」

と--。

……前置きが長くなったな。

じつはここからが今日のエッセイの本編なので、振り落とされずにしっかりとついてきてくんなせぇ。

そんな、アプリ初心者ながらアツさは人一倍の俺が、とくにハマった作品がふたつある。

ひとつはもちろん、『パズル&ドラゴンズ』。もう、ダントツのブッチギリで時間を費やしている。そしてコレに続くのが、このたび『パズドラ』とコラボレーションしているアプリ、『ケリ姫スイーツ』なのだ。

この2タイトルがコラボすると聞いたとき、俺は編集部内の視線が突き刺さるのも気にせずに「わっほいわっほい!!」と狂喜乱舞した。『ケリ姫スイーツ』は本当によくできたアプリなので、「これをきっかけに、多くの人に遊んでほしい!!」と強く思ったからだ(……俺がそんなことを思わなくとも、もともと『ケリ姫』は超人気アプリだがw)。さらに、「『ケリ姫スイーツ』に登場するキャラクターは、『パズドラ』の世界観にドンピシャとハマるに違いない!」と思ったことも大きい。そんなわけで、俺は多大な期待を胸に抱きながら『ケリ姫』とのコラボダンジョン“姫の庭園 超級”に潜ることにした。ここのところスランプ(?)で、他の超級ダンジョンにはコケにされてばかりだが、今回はどうあってもクリアーするぞ!!

さて問題は、どんなメンツでこのダンジョンに臨むかである。何の下調べもしていないので、ケリ姫ダンジョンにどんな属性のモンスターが出てくるのか見当もつかない。そこで俺は、こんなことを思う。

「出てくるモンスターが未知数のときは、バラバラの属性でパーティーを組んだほうがいいだろうな」

さらに熟考する。

「となれば、バラバラの属性でもリーダースキルで高火力が期待できる“エジプト神シリーズ”をリーダーに据えるのが理想だな。イシス(3属性以上の同時攻撃で攻撃力3倍!)、バステト(4コンボ以上で全モンスターの攻撃力が2.5倍!)、ラー(5属性以上の同時攻撃で攻撃力6倍!!)あたりか……」

そして俺は、現実に引き戻される。

「……まぁ俺、そんなの1匹も持ってないけど……………………」

だったら書くな!! って感じだけどね……。

そこで俺は仕方なく、「困ったときは、もっとも信頼できるメンバーで臨むのがいちばんだな!!」と無理矢理明るく振舞い、毎度おなじみプラントアーミーズでダンジョンに潜っていったのだった。そして、『ケリ姫』軍団とご対面。

俺、寝そべるアザラシとプカプカと浮かぶペンギンを見て、ハシタナイ声をあげる。

「ちょ、超ラブリィィィィィィイイイイ!!!!!><」

はてさて、戦いの結果は……?

次回に続く~。

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 


■書名:パズル&ドラゴンズ モンスター図鑑
■発売:2012年12月19日
■価格:998円[税込]
■体裁:308ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)

[関連記事]
※【ファミ通App NO.005】脅威の”+3値”付き! キングゴールドネッキーがパワーアップして蘇る

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧