1. サイトTOP>
  2. 【新作情報】年賀状にも使える逆輸入カメラアプリ『オタクカメラ』が熱い!

【新作情報】年賀状にも使える逆輸入カメラアプリ『オタクカメラ』が熱い!

2012-12-28 14:05 投稿

●ぼくと契約して、カメラ小僧になってよ!

Tokyo Otaku Mode Inc.は、海外版でiPhone、Andoroid向けでリリースをしていたマンガ風の写真アプリ『オタクカメラ』の日本版をAndroid先行でリリースした。価格は無料。

カメラアプリは多々あれど、撮影した写真をマンガ調にできてしまうアプリは数えるほど。そんな中、日本のオタク文化を世界に発信するサイト“Tokyo Otaku Mode”を運営するTokyo Otaku Mode Inc.から、被写体を問わず、どんな写真も漫画調にしてしまう新作カメラアプリが配信された。

 

 

 

本アプリは海外版アプリとして既にリリースされていたが、このたびオタクカルチャーのメッカ(聖地)であり、戦士たちのヴァルハラと言っても過言ではない”日本”にも遂に上陸を果たした。アプリの操作はいたって簡単。アプリを起動して、カメラモード(赤色のボタン)を選択後、写真を撮影して、フレームを選択すればあっというまにマンガ風の写真が作れる。さらに、画像のトリミングや明るさの補正もできちゃう優れもの。アプリのトップで画像モード(緑色のボタン)を選択すれば、過去の写真を簡単に加工も可能。インカメラにも対応しているので、自分撮りもらくらく。

 

 

●とにかくフレーム数が多い!

アプリの機能もさることながら、なんといっても、フレーム数の多さに圧倒されます。その数なんと30枚以上。もうね、それだけフレームがあったら好き放題に撮影しちゃいますよ。気づいたら「おまえは今まで撮影した写真の枚数をおぼえているのか?」なんてことにもなりかねません。

前述したとおり、被写体はなんでも漫画風にすることが可能。下の写真のように、飲みかけの状態で数日間放置され、生気を失っていたペットボトルも

 
 

あら、不思議! ”アスファルトに咲く花”ならぬ、岩石地帯に生えた大根のようなお姿に。もちろん、被写体が人間であっても

 

こんな風にジョ○ョ立ちもビシッと決まります。切れ味が悪いのは、この寒い季節のせい。決して、寝起きだからとかではありません。

撮影した写真を年賀状にプリントしちゃうのもよし、この時期だったらコミケ終わりに友だちと一緒に撮影して、戦いの思い出を残すのもいいかもしれませんね。手軽に使えて遊び心満載のアプリをぜひご堪能あれ。

オタクカメラ

メーカー
Tokyo Otaku Mode Inc.
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
Android 2.3.3 以上
備考
※iOS版の配信日は未定

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧