1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第108回『育つ牛』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第108回『育つ牛』

2012-12-13 16:06 投稿

[関連記事]
※【パズドラ:募集】『パズル&ドラゴンズ』ファンのご意見大募集!
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

●育つ牛

今日の記事は、ただの報告になります。

「つ、ついにクラーケンをゲットしたのかっ!!!!?」

と早とちりしてはいけません。

……ゲットなんてしてねええええええええ!!!!! ホントにいるのかチクショオ!!! じつは最初からいないんだろ!? 都市伝説なんでしょう!? そうなんですよね山本さん!! もういっそ「そうだ」と言って!!! じゃないと前に進めないのアタシ!!!><

 ……。

自分で書いた“クラーケン”という単語を見た瞬間、0.2秒の早業で取り乱してしまいました。たいへんお見苦しい一幕があったことを、深くお詫びいたします。

こんな感じでクラーケンがまったく出てくれないため、じょじょに焦り始めております。

だって……。

タイムリミットまで、あと3日しかないんですもの!! 文字通り刻々と減っていく時間を見れば自然と汗が額を伝い、“蒼海の空・超級”に入る足はやたらと忙しなくなる。

もうどれくらい、ここに通い詰めただろう。

数を数えることも厭わしくなり、いつしか何も考えなくなった。血走った眼はダンジョンの隅から隅までをチェックするも少しずつあきらめの色が入ってきて、か弱い精神は「けっ。どうせ俺なんか……」とやさぐれ始めてきている。男は、新鮮なタマゴがゴンゴンとぶつかり合っている収穫袋を眺めながら、ため息とともにつぶやいた。

「またこいつらか……」

獲得モンスターは、こんな感じだ。

そしてコレが積み重なると、↓こういうことになる。

「ニライカナイ7匹に、プレシィール10匹か………………」

そこそこレアな2種がこの有様なのだから、ザコオブザコのフロストデビルなど掃いて捨てるほどいる。しかし、いつまでもモンスターボックスに入れておくわけにもいかないので「何かに合成しちまおう」ってことになるのだが、そもそも水属性のモンスターなど育てていなかったので、振り上げた拳のやりどころに困ってしまう。となると……。

「水属性で育てておきたいモンスターとなると……やっぱりあいつしかいないな」

俺は1匹の水属性モンスターを摘み上げて、パワーアップ合成ルームへと入っていった。俺が指名したモンスターとは……。

そう、水の機械龍、アルデバランである! このウシが所属する“機械龍”シリーズは、パズドラ界随一と言っていいほどポテンシャルに優れ、将来性もケタ違い。俺の水属性ラインアップで、投資するとしたらコイツしかいないのだ。

「おぉ、よぉしよーし、かわいいねぇ~^^ さあお食べ~^^ トレトレのフロストデビルだよぉ~^^^ おいしいよぉ~^^^^」

突如ムツゴロウさん化して、せっせとアルデバランにフロストデビルを食べさせる俺。その甲斐あって、当初はレベル30程度だったアルデバランは、レベル45まで成長しました。

でもきっと、同じものばかり食わされているので、アルデバランは心の内でこんなことを思っているに違いない。

「おう、飯だメシだ!! ……って、またフロストデビルぅ~?? もう飽きたよ! 別のもの食わせてよ!! そもそもコイツ、冷たくて歯にしみるんだよなぁ。いくら食っても腹いっぱいにならねえし……。たまにはキングサファドラでも食わせろよ! 腹減ったよぉ!」

甘やかして育ててるからなぁ……。

……よくわからぬまま、今日は終わる(苦笑)。

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■発売:2012年9月20日
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧