1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第94回『機神兵、現る!』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第94回『機神兵、現る!』

2012-11-13 18:14 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ
※『パズドラ』で爆笑したい人のための『大塚角満の熱血パズドラ部』まとめ

●機神兵、現る!

「まあ、10回くらい書ければいい感じかね。気負わず、マイペースで書いてみるわ」

そんな、軽~いノリ……というか、俺と中目黒目黒の気まぐれで始まった当ブログ“大塚角満の熱血パズドラ部”ですが、いつの間にか100回目が目前に迫ってきました。これが第94回なので、残すところあと7回……。これほどのペースで更新できるなんて夢にも思っておらず、世界の誰よりも作者の俺がいちばん驚いているのですが、記念すべき100回目に向けてドデカいネタを投入しますので、読者の皆さん、どうぞお楽しみに……。

と言いつつ、今回は軽いネタを場つなぎのように投入したいと思う。

 ……え? 「場つなぎって何だ?」ですって?

それはね…………記念すべき100回目に、もっともアツく、感動する話をぶつけて大団円としたいのだよ!! でも、いまからそのプロローグを書き始めると98回目くらいでエンディングとなり、締まらないったらありゃしない……ってことに!! ……というわけで、後続が遅れている電車の間隔調整のように、軽いネタを仕込もうと思ったわけであります。

さて、前回のブログで“ここんところ集中的に何体かのモンスターを育てていた~”という一文を書き、紅蓮の女帝・エキドナを紹介したが、今日は極めつけのもう1体を紹介しよう。

最近こそ、「プランかわいいよプラン」とか「フレイヤはぁはぁ」とか「や、やっぱりボクはアルラウネだな……」なんて不気味なことを囁くようになってしまったが、もともとの俺は、筋肉モリモリの脳筋モンスターが大好きな男であった。ゲームのプレイヤーキャラで男性キャラor女性キャラの選択肢があったら、「なに……? オンナだと? べらんめえ!! 男はオトコだ!! 裸一貫、男でやるに決まってるわ!!」と言ってはばからなかったし、種族ではドワーフを選び、職業は迷わずバーバリアンを選択する人間である。

しかし、子どもが生まれると男は変わる……とはよく言ったもので、単行本『熱血パズドラ部』の娘・プランを見て、俺はすっかり牙を失った腑抜けとなった。「大塚さん、今度のアップデートでゴツいドラゴンきますよ」と言われても「えぇ~~~? ……ドラゴンはいいや。娘っ子はいないのかい?」と答え、「究極進化のイフリート、超欲しいんじゃないですか?」と問われても「んー……。それより、ウチの娘の友だちみたいなコが欲しいなぁ^^」と返すほどに……。

 男の矜持を捨てた男はほがらかなマイホームパパとなり、娘と、その仲間たちに囲まれて、波乱のない平和な人生を送ったのであった……。-完-

そんなエンディングが見え始めた数日前のこと。

すっかり板についてしまったフヌケ顔で『パズドラ』のフレンドリストを眺めていたとき、ある友だちのモンスターが目に飛び込んできた。そのモノはまったく見たことのない威容を誇り、見るからに重たそうな巨体を画面いっぱいに広げている--。驚きのあまり、スクリーンショットを撮るのを忘れてしまったんだけど、そのモノはこのような名前だった。

“氷の機神兵・ミズガルズ”

その姿はまさに、迫りくる敵からひたすら仲間を護り続けんとするガーディアンそのもので、ことさらに頼りがいがあり、そしてどこか悲しげでもあった。俺、自分の目がハート形になったのをはっきりと自覚し、ついついこんなことをつぶやく。

「これぞまさに、脳筋の理想形! 強さと優しさを兼ね備えた森のクマさんのようなモンスターを、俺は待っていたのだ! よーし決めた! つぎの目標は、この機神兵を作ることだ!!」

てなわけで機神兵を追い求める旅が始まったわけだが、はてさてどこから手を付けたらいいのだろうか? 俺のかすかな記憶によれば、いつだったかのアップデートで、“使いどころが難しいけど、誰もがやたらと持っているモンスターランキング”でナンバーワン(俺調べ)に君臨していた“ガーディアン”シリーズが、さらにもう1段階成長するようになったはず。となれば、水属性のミズガルズでなくとも、我らが木属性のガーディアンを育てればいい。

俺は、中途半端に成長させながらも「……やっぱオマエ、出番ねえや」とモンスターボックスの最奥に押し込めていたアースガーディアンに声をかけ、進化合成の対象として選択した。すると、思った通りさらなる進化が可能で、しかもすでに進化用の素材をコンプリートしていることが判明!

「い、いける!! あとはアースガーディアンのレベルをMAXにするだけじゃねえか!!」

進化が約束されたことがうれしくて、俺は深夜の編集部で躍り狂った。

しかし……。こっからがまあ長かったこと……!!

このときのアースガーディアンのレベルは30前後だったと思うが、MAXはじつに70……!! テキトーなダンジョンに潜ってアースナイトやモリりんといったザコを食わせたところで経験値はスズメの涙で、サハラ砂漠のど真ん中でジョウロで水を撒いているような気分になってくる。けっきょく、息をひそめてゲリラダンジョンが来るのを待つしかなく、俺は数日にわたって「フゥ……! フゥ……!」と危険な呼吸をしながらメタドラやエメドラを狩り続けたのであった。

そして、耐え抜くこと幾星霜--。

ついに、影の薄かったアースガーディアンを進化させる日がやってきた! さあいくでぇ~!



キターーーーーーーーーーーッ!!! 究極の体育会系モンスター“木の機神兵・アースガル”が完成ーーーーっ!!!

このアースガル、HPが初期値ですでに2120もあり、攻撃も698となかなか。体力タイプなのでエンシェントドラゴンナイトの恩恵は受けられないけど、こいつを軸にした新たなパーティーを考えるのもまた、楽しそうではないか。

最近はこうして、新たなモンスターを手に入れたら、そいつ中心のパーティー構成を試案してひとりグフグフと笑っている。「いまごろそこに到達したの?w」と笑われるかもしれないが、そんな秋の夜の過ごしかたも、ちょっとイカしてると思いませんか?

■書名:大塚角満の熱血パズドラ部
■発売:2012年9月20日
■価格:998円[税込]
■体裁:モノクロ272ページ

Amazonでの予約はこちら (スマホで見る場合はこちら)
ebtenでの予約はこちら

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ
※『パズドラ』で爆笑したい人のための『大塚角満の熱血パズドラ部』まとめ

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧