1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. グリー子会社“グリーアドバタイジング”が韓国インターネット企業“AppDisco”と業務提携

グリー子会社“グリーアドバタイジング”が韓国インターネット企業“AppDisco”と業務提携

2012-11-12 11:56 投稿

●日本で展開するポイントサービス“AdLatte”広告枠の販売総代理店業務を開始

2012年11月12日、グリーの子会社であるグリーアドバタイジングが、インターネット関連事業を手掛ける韓国のAppDisco社と業務提携をすることが発表された。今回の業務提携により、グリーアドバタイジングはAppDisco社が提供するAndroid及びiOS向けネイティブアプリケーション“AdLatte”の、日本における総代理店として広告枠の販売を行うとのこと。

▲グリーアドバタイジング株式会社代表取締役社長の浅沼達平氏(写真左)と、AppDisco Inc.CFO兼Head of GlobalBusinessのユ・ボムリョン氏(同右)。

~以下、リリースより~

今回、広告枠の販売を開始する「AdLatte」は、すでに韓国で310万インストール、日本で100万インストールを突破するなど、現在注目が高まりつつあるアプリです。ユーザーは、スマートフォンで広告を最後まで視聴し、クイズに答えてポイントを貯め、そのポイントをギフトカードなどと交換、寄付することができます。また、TwitterやFacebookなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスにおいて広告を他のユーザーとシェアすることで、さらにポイントを得ることが可能です。

こうしたユーザーのアクションに応じて、独自のポイントが付与されるアプリの特徴を活かし、デベロッパーをはじめとする広告主は、告知機会を格段に増やせるとともに、配信される広告は全てスキップ不可能なため、広告への強い認知と理解を得られます。さらに、「AdLatte」のCPI型広告(※1)は、アプリにSDK(※2)を導入する必要がなく、従来の方法と比べて円滑にプロモーションを開始することが可能になります。

グリーアドバタイジングが持つ豊富な広告チャンネルと、AppDisco社が持つ強力なプロモーションツールを活かして、両社は今後もデベロッパーおよび広告主のプロモーション機会の創出に向け、協力していきます。

AppDisco社について
2011年4月に韓国で現CEOであるジョン・スファンが立ち上げ、ポイントサービス「AdLatte」を展開しています。日本では昨年12月にサービスを開始し、同月にAppStoreダウンロードランキング1位を記録して、現在注目されています。2012年9月14日には日本支社である株式会社アップディスコ・ジャパンが設立され、今後はユーザーサポートならびにサービスの拡充をはかっていきます。

グリーアドバタイジング株式会社について
スマートフォン領域におけるグローバルプロモーションの支援サービスを提供する広告代理事業会社です。グリー株式会社の100%子会社として、2012年4月より活動を開始しました。グリーの自社の広告商品や、世界の主要なインターネットモバイル広告事業会社との戦略的な提携や取引を進めており、欧米、アジアを中心に営業、サポート拠点を整備しています。

▲ファミ通GREEサイトも好評配信中。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧