1. サイトTOP>
  2. 【タイニーファーム攻略第2回】1周年記念イベント開催決定☆ファームをカスタマイズしてオフ会に備えよ!

【タイニーファーム攻略第2回】1周年記念イベント開催決定☆ファームをカスタマイズしてオフ会に備えよ!

2012-09-14 21:04 投稿

[関連ページ]
※『COME to! Com2uS』記事バックナンバーはこちら
※Com2uS公式サイトはこちら

●動物、作物、デコの三大要素でカスタマイズ!

韓国を中心にユーザー数を急速の伸ばしている、ほのぼの農場経営シミュレーション『タイニーファーム』。スマートフォンに特化した作りが特徴で、タッチで反応する動物たちの愛らしい様子は必見。彼らのキュートな姿に癒されることは請け合いだ! プレイヤーにはレベルの概念があり、動物や作物のお世話をするたびに少しずつ経験値が加算されてレベルアップしていく。レベルに応じて飼える動物や植えられる作物、置けるアイテムが増えていく。農場の見た目にはプレイヤーの趣味趣向やセンスが如実に反映されるが、コツコツお世話を続ければカスタマイズの自由度は誰でも等しく高くなっていく。動物好きやかわいいモノ好きな人はもちろん、ものを作ることが好きな人なら、きっと気に入るはず。今回はプレイヤーがカスタマイズできる、3つの基本的なメニューを紹介していこう。

▲Google Playでは、今週のオススメゲームとして紹介されているぞ。


●動物を飼おう(エサを与える、愛情を注ぐ、交配)

『タイニーファーム』の主役といえるのが、種類もリアクションも豊富なたくさんの動物たち。アニマルショップで子供を購入すれば、ファームに放ってすぐに飼い始めることができる。決まった時間が経過するとワラのフキダシが表示され、タップでエサを与えられるようになる。エサをあげると一段階成長し、経験値とゴールド(ゲーム内通貨)をゲット。動物の価値も上がっていく。なお、エサをあげられる(=成長する)までの時間は、特殊なアイテムの“ベル”を使えば一瞬で経過する。ベルはゲーム中にもらえることもあるが、その量はさほど多くはない。課金アイテムとして売られているので、まとまった量が欲しければ利用するのがオススメだ。そのほか、サイト登録でもらえる“フリーベル”や、ベルを収穫できる“ベルの木”などの入手方法もある。自分に合った方法で増やしていこう。

▲エサを与えなくても飢えたりすることはないので安心。ただし、エサをあげるまで成長は止まったまま。こまめにログインして面倒をみよう。

また、動物をタップすると「愛情を注いで動物を交配」という項目があり、“GIVE LOVE”でラブポイントを注げる。ラブポイントを注ぐと経験値がもらえてその動物に対するMastery(熟練度)、動物のHappiness(幸福度)が上がっていく。Happinessが一定の値になった動物にはハートのアイコンがつき、2歳以上になると交配が可能になる。注げるラブポイントの数は画面の右上にハートのアイコンで表示されており、10分に1ずつ回復する。ラブポイントは、ストアで“ラブハウス”を購入してファームに設置することで生産が可能。“ラブハウス”をアップグレードすれば生産時間を短縮できる。

▲愛情を込めて育てれば、動物たちはすくすく成長する。高価な動物ほど、ハッピーになるまでに必要な愛情の数が多い傾向がある。

最後に、ハートマークのついた2歳以上の動物は“交配”を行える。条件を満たした同種の動物が2体いれば、規定のゴールドを支払うと即座に子孫が生まれる。このとき、一定の法則&確率で色違いや言葉を話す特殊な動物が生まれることがあり、通常のものより価値が高い。すぐに売却してゴールドにしてもいいし、育成してさらに交配させてもいい。基本的なカラーは3色あり、すべて集めるとコンプリート報酬がもらえる。

▲交配を続けると、白→茶→黒というふうに色が変化していくパターンが多い。コンプリート報酬として、新たな動物が手に入ることもある。

●作物を育てよう(植える、収穫)

ファームには畑もあり、いろいろな作物を植えることができる。植えたい場所をタップするとショップ画面に移行するので、欲しい種や苗をタップして購入しよう。すると自動的に植えられ、あとは収穫の時間を待つばかり。収穫までの時間は作物の種類によってまちまちだが、短いものは数分、長いものは数日以上かかる。動物の成長と同じく、ベルを使えば待ち時間を短縮できる。作物は収穫と同時に売却することになるため、とくに目的がないときは収穫までの時間が早いものか、購入額と売却額の差額が高いものを選ぶといいだろう。

▲作物のお手入れは動物よりも簡単。収穫しないと新しい作物を植えることができないので、効率よく回転させることを重視しよう。ログインできる時間を考えたうえで作物を植えることが大切。

●ファームをデコろう(置く、建てる、REDESIGN)

ファームを広く拡張したり、動物の飼育に役立つ施設を建てたり、さまざまなデコアイテムを置いたりと、ファームそのもののカスタマイズもお手のもの。デコアイテムは見た目を変更するだけのものが多いが、それだけにプレイヤーのセンスの見せどころ。ユーザー間の交流のきっかけにもなるので、個性的なファームを作り出そう。

ファームの拡張については、ゴールドを支払ってファームサイズを高めることで敷地面積が広くなっていく。ただし、拡張できる最大サイズはレベルに応じたキャップがかかっているため、コツコツ経験値を稼いでいくことが、堅実ながらファームを大きくする根本的なセオリーになる。施設は動物を保管したり、ハンターを雇って動物を捕獲させたりと、ファーム経営にも大きく影響してくる。重要な施設はベンの課題で建てることになるので、基本はこれに従っていけばいい。

▲ファームのアップグレードにはまとまった額のゴールドがかかる。ファームが大きくなるにつれ、金策も必要になってくる。

▲最初に建てる施設は動物保管所。ファームで飼える動物の数を増やす“アニマル資格”よりも拡張にかかるゴールドが安いので、序盤は非常に役立つ施設だ。

▲ハンター小屋では、ハンターに動物の捕獲を頼める。レアな動物が混じっていることも多い。時間はかかるが、ゴールドが半額で済むのも魅力。

なお、最初は意外に気付きにくい要素として、デコアイテムの“REDESIGN”がある。画面左上にあるスパナのアイコンをタッチし、“REDESIGN”を選ぶと、施設やデコアイテムを、自由に移動したり、ストアに売ったり、“INVENTORY”に保管したり、ファームに再設置することができる。動物はREDESIGNの対象外だが、専用の施設として動物保管所がある。種類が増えてきたら預けておこう。

▲ファームが手狭になってきたら、REDESIGNの出番だ。ファームサイズのアップグレードと併用する形で活用するのがオススメ。

自由度が高いだけに、始めたばかりのうちは何をすればいいのか迷ってしまうこともあるかもしれない。そんなときは、とりあえずナビゲーションキャラクターのベンが出す課題をこなしていけばオーケー。それだけでは物足りなくなったら、いろいろと試行錯誤してみよう。次週はそのあたりのことも踏まえて、序盤で直面する悩みの解決法や、課題の効率的なこなし方などをお届けする予定だ。ちなみに、近日有名キャラクターとのコラボアップデートが予定されているとか……。

●第2回東京オフ会が開催決定!

212年9月15日で1歳を迎えた『タイニーファーム』が、オフ会を開催! 参加者全員にベル250個という超太っ腹なプレゼントも用意されているらしいので、『タイニー』ファンは奮って参加してほしい。詳細はコチラ

【タイニーファーム】

メーカー:Com2uS Corp.
配信日:配信中
価格:無料(アプリ内課金有り)
対応機種:iPhone、iPod touch および iPad 互換iOS 3.2 以降が必要/Android 2.2 以上

【タイニーファームライブ壁紙】
メーカー:Com2uS Corp.
配信日:配信中
価格:無料
対応機種:Android 2.2 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧