1. サイトTOP>
  2. ゲームロフト新作『ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス』を最速インプレッション!

ゲームロフト新作『ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス』を最速インプレッション!

2012-08-16 20:18 投稿

●MOBAってゲームジャンル、知ってますか?

スマートフォン向けにハイクオリティーな作品を多数リリースしているゲームロフト。『ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス』は、同社がiPhone、Android向けに配信しているMMORPG『オーダー&カオス オンライン』の世界観を受け継いだ、MOBA(マルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ)と呼ばれるジャンルのスピンオフ作品だ。MOBAは、海外のPCゲームでは急速に人気が高まっているが、国内ゲームやスマートフォン向けのアプリでは希少なジャンルだ。

簡単に言うと、チームバトルのリアルタイムストラテジーをベースに、アクションやRPGの要素をミックスしたものなのだが、なかなかイメージしにくいと思うので、もう少し詳しく説明していこう。まずは『エイジ オブ エンパイア』シリーズのようなリアルタイムストラテジーゲームをイメージしてほしい。本作も、マップ上で敵陣営と領地を奪い合ったりしながらせめぎ合うのだが、マップの広さは『エイジ オブ エンパイア』シリーズほど広大ではない。そして最大の違いは、自らがアクションして戦闘を行うことと、自分以外のキャラクターはほかのプレイヤーやAIが操作するということだ。比較的短いサイクルで試合が進み、個々のプレイヤーは進軍と戦闘、リスポーン(復活)を繰り返しながら勝利条件の達成を目指すのだ。戦略性とアクション性のバランスが絶妙で、8月15日~19日にドイツのケルンで開催中の欧州最大のゲームイベント”Gamescon 2012″にも出展中! ここで、そんな本作のα版を最速リポートするぞ。ちなみに発売時期はまだ未定とのこと。

●死にまくっても気にするな!

バトルルールは3vs3か5vs5のチーム戦のみ! いずれのルールも、オンラインで順位を競う“ランクドマッチ”、敵チームがAIの“コープ”、自分以外がAIの“ソロ”も選べる。最初に操作キャラクターを選択することになるが、職業はBRUTE(盾役)、MAGIC USER(魔法攻撃役)、FIGHTER(直接攻撃役)、CLERIC(サポート役)と大きく4つにわかれている。さらに、各職業にはスキルの異なる複数のキャラクターがおり、最終的に全職業合計で30人程度まで増える。全プレイヤーのキャラクター選択が終わると、まずは80秒程度の準備タイム! ショップに入るなり、戦略を考えるなりこれから始まる戦いに備えよう。なお、キャラクターのレベルは毎回必ず1からスタートし、所持金も固定。やり込みによってキャラクターのパラメータには若干補正がかかるものの、どのプレイヤーも毎回ほぼ同じ条件でスタートするのは不慣れな人にとっても心強いポイントだろう。(腕の差が現われるところでもあるが……)

準備タイムが終わるといざゲーム開始! バーチャルパッドか直接タップでキャラクターの移動、敵のターゲッティング、攻撃を行うことができるほか、キャラクター固有のスキルも使用可能。これらを駆使して敵陣に攻め込み、先に敵の拠点を落としたチームが勝利となる。しかしながら、敵群に突っ込んでいくとじつにあっさり死んでしまう(笑)。これを回避するには装備を整えたり、ポーションやスキルでHPを回復したり、適度に後退したりといった戦略が必要になるが、キャラクターは倒されても何度でもスタート地点にリスポーンしてふたたび戦闘に参加できる。そのため、最初のうちは死んでしまうことをあまり気にしなくてもOK! 所持金も少しずつ貯まるので、リスポーン中にショップをチェックしてアイテムを確認するといい。何回も倒されるとリスポーンタイムは伸びていくものの、その時間を短縮するアイテムも売られている。あまり尻ごみせずに、ガンガン攻めてレベルアップし、再復活しまくるほうがどちらかと言えば健全なプレイスタイルと言える。

リアルタイムストラテジーよりも短時間で気楽に遊べて、純粋なアクションRPGほどシビアなアクションは必要ない。ふたつの要素を適度な配分でミックスした結果、ありそうでなかった味わいが生まれた……『ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス』は、そんな趣のある作品。間違いなく、新しい遊び心地が期待できる1本。今後の追加情報や配信がじつに楽しみだ。(バロンマサール)

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧