1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第58回『T神のモンスター診断』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第58回『T神のモンスター診断』

2012-08-07 15:52 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●T神のモンスター診断

ここのところマジで立て込んでてぜんぜんブログを更新できない!! いまも、各種取り立てから身を隠すようにノートPCを小脇に抱えて、会社の片隅でこの文章を打っています。……ちょっと盛っていますが、忙しくてプレイ日記が書けないのは本当の話なのです。

でも、あまりにも何も書かないのは俺の精神的にもキツいので、軽いネタをひとつだけ……。

昨夜のことである。

ひさしぶりに、このブログではおなじみの『パズドラ』マスター、M神、T神のふたりに会った。いま中目黒目黒と”とある企て”を形にするためにいろいろと動いているんだけど、その一環として、ふたりに時間を作ってもらったのである。

さて、ここでクローズアップしたいのがT神なのだが、彼女は無課金プレイヤーでありながら、最凶ダンジョンの名をほしいままにする“ヘラ降臨”をノーコンティニューでクリアーするほどの御仁で、計算し尽くされたロジカルなプレイは他のパズドラーの追随を許さないものがある。この日も、ビールと電卓(ダメージ計算やら攻撃力計算やらなにやら、ナゾの計算をしている)を片手にデモプレイなんかを見せてくれたりしたのだ。

でまあ、詳しいやり取りはそのうち形になると思うのでここでは触れないが、話の流れからT神に、俺と目黒のモンスターを診断してもらうことになった。これは、やってきた宿題とかレポートを先生に見てもらうようなものなので、俺と目黒が極度に緊張したのは言うまでもない。それでも、ここのところかなり真剣にメタドラやらゴルドラを狩ってモンスターに喰わせていたので、内心ふたりは(少なくとも俺は、ホメてもらえるに違いない!)と思っていたんだけどな。

まずは、目黒のモンスターの診断だ。T神は、目黒のiPhoneを受け取るやいなや、「わぁ~、モンスターBOXがMAXの300だ!!」やら「こんなモンスター持ってるんだ! いいな~!」と感嘆の声を漏らす。このへんは、無課金プレイヤーのかわいらしさと言うところか。これを聞いた目黒も「むふふ。スゴイっしょ」とまんざらでもない表情。俺は密かに「ちっ」と舌打ちをしたが、それに同調するように、T神の表情は曇り出す。そして若干低い声で「目黒さん」と言った後、彼女は歯に衣着せないセリフをぶっ放した。

「あのね、いろんなモンスターがいるんだけど、どれひとつとしてキチンと育てられていないの。たとえば、大海の歌姫セイレーンがいるけど、レベル自体は高いくせにスキルが1のままダメ。スキルレベルはMAXまで引き上げないと、いざと言うときに痛い目を見ますよ? それとアマテラスオオカミ! これ3体もいるくせに、どれも中途半端なレベルで止まってるじゃない!! せっかく強いモンスターなのに、これじゃ台無しです。ちゃんと考えて育成しなさい!!

さっきまで鼻の穴を広げて「むふふふふ!」と笑っていた目黒はシュンとしょげ返り、「は、はひ……。す、すみません……」と平身低頭。俺はここぞとばかりに居丈高となり、「うひひひ。言われてやんの! 金にまかせてレアガチャばっか引いてるから足元がおろそかになるんだ! 反省しろこんにゃろ!!」と熱いセリフを叩き付けた。

そしてつぎは、俺の番だった。しかしぶっちゃけ、俺はまだランク90だし、それほど目立ったモンスターを持っていない。なので診断前に、T神に釘を刺した。

「T神、俺のはエンシェントドラゴンナイトだけ見てよ。ほかのヤツらはまだまだ発展途上だけど、エンシェントだけは自信あるからさー」

これを聞いたT神は笑って、「はいはいw じゃ、エンシェント見せてください」と言うので、俺はiPhoneを彼女に手渡した。するとT神は一瞥するや「わぁ~。もうレベル70なんですね! かなり育ってるー」と言い、俺の自尊心をコチョコチョとくすぐってくる。気をよくした俺は「でしょ!! 目黒と違うっしょ!!」と言い、飲み屋のソファーにふんぞり返った。

しかし、我が世の春を謳歌できたのはここまで……。すぐに、T神の雷が俺に落ちる。

「……って大塚さん!! ダメでしょう!! このエンシェント、レベルが高いのにスキルがまっっったく成長してない!!! せっかくいまアンケートダンジョンで岩の魔剣士(エンシェントに合成するとスキルレベルがアップすることがある)のタマゴが手に入るのに、もしかしてまったくやってないんですか!?」

俺、ビックリしてソファーから飛び上がり、思わず正座してから正直に申告した。

「は、はひ! え、えっと、んと、アンケートダンジョンって、1回も入ったことな…………」

言い終わらぬうちに、T神が怒りのセリフをかぶせてきた。

「何やってるんですか!! このチャンスを逃したら、いつエンシェントを育てられるかわからないっていうのに……。……ホラ、これを見なさい!!」

T神が俺の眼前に突き付けたのは、彼女が育てたエンシェントドラゴンナイトだった。レベルは58と俺よりも低かったのだが、なんとスキルレベルに関しては堂々のMAX……。

「スキルレベルをMAXにしておけば、いつか必ず「上げといてよかった!」って思える日がきます。なのでサボらずに、がんばるんですよ」(T神)

完膚なきまでに叩きのめされた俺を見て、目黒は腹を抱えて笑っている。それを見て俺は「おめえが笑うな!! 目くそ鼻くそだろ!!」と言ったが、その声に力はなかった……。

それ以来俺は心を入れ替えて、熱心にアンケートダンジョンに潜っている。そしていくつか岩の魔剣士のタマゴをゲットしてエンシェントに合成したが、スキルレベルはまだ”2″だ。

早くエンシェントを完璧に育てるぞ……。そしてT神にホメられるんだ!!

次回に続く。

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧