1. サイトTOP>
  2. 【ガーディアン・クルス攻略】第4回 上手な“トレード”で効率よく魔獣カードをゲットしよう!

【ガーディアン・クルス攻略】第4回 上手な“トレード”で効率よく魔獣カードをゲットしよう!

2012-07-28 19:00 投稿

●トレードを制するものはゲームを制する!

【関連記事】
※【まとめ】『ガーディアン・クルス』総合ページ

トレードはソーシャルゲーム影の主役といっても過言ではありません。『ガーディアン・クルス』では毎週、報酬を手に入れるためにコロシアムに参加しますが、トレードを上手に使えばコロシアムに参加せずともその報酬以上のものを手に入れられる可能性もあります。また、上手なトレードをしていけば初心者でも素早く魔獣カードを揃えることが可能です。その効率は、ただ普通にプレイしているときの比ではありません。今回は、そんなトレードについて説明していきます。

●なぜ、トレードをするのか
トレードを利用することで、上級者は要らないカードをシルバースライムや魔石など、さらに魔獣を強力にするアイテムに交換できます。また、カードが揃っていないプレイヤーは上級者が要らなくなったカード(それでも開始時は非常に強力)を手に入れて素早くパワーアップできます。ハントは言ってしまえば完全に運です。★4以上のカードがなかなかハントできない、ハントできても欲しいカードがでない方もいることでしょう。しかし、トレードを使えば多少の運はカバー可能になるのです。実感で言うと、トレードしながらゲームをするプレイヤーは、そうでないプレイヤーの2倍以上の速度で強くなります。どうしても強くなりたいならば、トレードを覚えてください。

■トレードの手順
1.フレンドになる

それでは、トレードの手順から説明して行きましょう。トレードは相手のチーム名さえわかっていれば“フレンドを探す”で申請できます。ただし、メッセージのやり取りはフレンドになるまで定形でしかおこなえませんので、まずはメッセージのやり取りをするためにフレンド申請をしましょう。

2.メッセージで交渉する
続いて、欲しい物と相手に送れる物を明記してフレンドに話しかけてみましょう。メッセージは30文字までと文字数制限がきびしいので、長くなりそうならば公式掲示板などを使用して連絡をとりあうのがオススメです。

3.トレード申請
お互いに欲しい物が決まったら“トレード”を行います。トレードではメッセージとともに、最大5つまでの魔獣カードと魔石を交換することができます。この時点ではまだ自分のカードや魔石はなくなりません。

このとき注意したいのは、トレードは同時にひとり相手までしか行えないこと。すでにトレードを自分がおこなっているか、相手がトレードの最中ならばトレードを申請できません。

4.相手が受け入れる
相手がトレードを受け入れると、トレードが進みます。あなたがトレードを受ける側の場合、ここで相手の提示してきたものが割に合わないとかんじたら拒否することが可能です。

▲先ほど送ったメッセージは相手からこう見える。
続いて、相手がメッセージとともに交換するものを相手に提示します。

5.確認
最後に相手が入力したトレード対価を確認します。トレードが申請された時もこの時も、魔獣のタイプや細かい能力を確認することはできません。(※今後のアップデートで“タイプ”がわかるように修正される予定)例えば「○○のエースです」と言って交換を持ちかけられたとしてもこの場で見えるのは魔獣の名前とレベルのみ。まれにそういった事をごまかしてトレードしようとするプレイヤーもいるので、トレード相手には信用できる相手を選んでください。完了を押せばトレード完了。納得できなければ完了前に破棄することも可能です。

6.トレード完了!
お互いの報酬箱にトレードした魔獣や魔石が届き、利用できるようになります。

●無課金でも集めやすいトレード要員は!?
手に入りやすく交換に出しやすい魔獣……それはやはり“シルバースライム”と“ゴールドスライム”でしょう。1枚ではともかく、数を集めると★5カードとも交換できることがあります。また、上級魔石や+3以上の技を覚える魔石なども、コロシアムにまじめに参戦すると運がよければ手に入ることもあります。闇雲に自分の魔獣に使うより、こういったものを集めてより良い魔獣カードとトレードしたほうが早く強くなれることもあります。

▲トレードの基本はシルバースライム。

●プレゼント機能を使ったトレードには要注意!
★5カードなど価値の高いものとのトレードはなかなか成立しませんが、掲示板などでトレードをしていると6枚以上の大量のカードと1枚のURカードなどを交換することを持ちかけられることがあります。トレード機能ではカード・魔石含めて最大で5つまでしか手に入れることができないので、こういったときはプレゼント機能を使用して交換することとなります。例えば、シルバースライム40枚と★5カードを交換する場合は、プレゼント機能でシルバースライムを5枚ずつ送り、相手が★5を送ってくれるのを待つことになります。が、この方法は大変危険。なぜなら、自分がシルバースライムを40枚プレゼントした後に相手が★5カードを送ってきてくれる保障がないからです。プレゼント機能を使用した交換は、相手がよほど信用できるとき以外は避けたほうが無難でしょう。

▲本来の用途はこんな感じなので、トレード向きの機能ではありません。

●相場を読んで強力なカードを手に入れよう
“相手のほしいもの”と“自分のほしいもの”を交換するのがトレードの基本形です。でも、できればよりよい条件でトレードを行いたいですよね。そこで、重要になるのが自分の持っているものが高いときに売り、欲しい物が安いときに買うことです。魔獣カードや魔石は資産です。ときによって価値が上下することもあるので慣れたら相場を読みきって交換するとさらに効率が良くなります。ここでは、そんな例を紹介していきます。

■価値が上がるとき
バハムートなど新しく登場したばかりの★5カード、公式コロシアムで戦力になるカードなどはとくに価値が高くなる傾向にあります。これらのカードを手に入れられた場合は、有利なトレードをしやすいでしょう。例えば、“雷帝”はあまり強くない★5カードと言われていますが、火山のカードしか使用できない今週の公式コロシアムのルールのため、そこそこの★5カードとも交換可能でした。また、魔石はコロシアムの終了間近になるとラストスパートをかけたいプレイヤーが良い条件でトレードしてくれることがあります。

▲公式コロシアムの条件は要チェック!

■価値が下がるとき
もちろん、価値が下がることもあります。わかり易い例では、火山のカードしか使えない公式コロシアムが終わった瞬間、火山の★5カードの相場は安くなると予想されますね。また、より強力な★5が出現するとやはり以前までの★5カードは相場が下落します。魔石についても、例えば技の魔石はそのときどきの強力な★5カードに必要な魔石は価値が上昇し、それ以外は価値が下落します。

ということで、今回はトレードについて説明しました。実際、トレードでカードを上手にやりくりしているプレイヤーは強くなり、コロシアムで上位を取ってまたトレードに使える資産を手に入れて強くなり……と、自分が強力になるサイクルを築いています。これは『ガーディアン・クルス』にかぎらず、トレード機能があるソーシャルカードバトル系ゲーム全般に当てはまる話。いろいろと交渉の面倒はありますが、使いこなすことでワンランク上のプレイヤーになれます。色々なゲームで、公式掲示板のほかにも、さまざまなトレード掲示板が存在していますので調べて使ってみてください。くれぐれも詐欺にはお気をつけて!

ゲームキャストトシ
iPhoneのレビュー、情報サイト“ゲームキャスト”の管理人。現在は、サイトでのレビュー記事にとどまらず、書籍“iPhoneゲームアプリコレク ション”の執筆や、ファミ通Appを始めとした各種サイトへの寄稿も積極的に行っている。また、多くのサイトを巻き込んだ大々的な“iPhoneゲーム大 賞”を企画するなど積極的な活動も注目を集めている。
※ゲームキャストはこちら

ガーディアン・クルス

メーカー
スクウェア・エニックス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金有り)
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad/iOS 4.2以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧